世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中島みゆきを映画館で聴く
 中島みゆきのライブの様子が映画館で上映されます。「悪女」を初めて聴いたのは中学生だったか高校生だったか。悪女より前の曲はレンタルレコード屋さんでLPを借りてはカセットテープに録音していました。(あぁこの文章はうちの子に言ってももはや通じないな)

 最近の曲は全く聴いていないのだけれど、これは映画館に行かねばな。

 ついでですけど、オールナイトニッポンの最終回(1987年3月30日)を全編カセットテープに録音してまだ持っています。あ、まてよ、もはや再生する機械がない。。。

 公式サイトはこちら。


スポンサーサイト
2011年も終わります
 2011年も今日で終わりです。穏やかな晴天の静岡で年末年始を迎えます。今年も「今朝のニュース」にお付合いいただきましてありがとうございました。世界のニュースの共有を目指して「世界の気になるニュースはあなたにも届けたい」をキーワードにやってきましたが、そろそろ自転車ネタは分ける必要がありそうです。

 最近はWEBでの情報発信や共有に色々な手段がありますが、2005年から7年間続けているので今はまだブログを継続させて行こうと考えています。これからもちょっとしたアイデアのヒントになれば幸いです。

 みなさん、良いお年をお迎えください。

 けびん


帰国しました
 ロサンゼルス、ミネソタ州のどっか、カナダのトロントと回った今回の旅を終えて日本に戻ってきました。北米を訪れるのはほぼ10年ぶりくらいで、旅程の全てにデルタ航空を使ったのですが、どこの空港に行ってもセルフチェックイン機を操作してのボーディングパス発券でした(アメリカ国内移動は預け荷物1個につき25$取られた。。。お安いチケットなので文句も言えませんが、計75$も取られたよ)。
 空港はほとんど無料のWiFiが飛んでいるのでネット接続は困りませんでしたが、それにしてもタブレットの普及率は凄いです。iPadやアマゾンのキンドルなど空港の待ち合い席で座って周囲を見回すと必ず複数の人がタブレット画面を見ていますし、飛行機の座席に座って周囲を見てもキンドルで本を読んでいる人があちこちにいました。スマートフォンすら持っていない私としては軽く2周半くらい遅れている感じですな。

 帰国はアメリカのデトロイト経由でしたが、日本行きの便がオーバーブッキングだったようで、盛んに明日の便に振り替えてくれる親切な乗客を捜すアナウンスが流されていました。その日の宿泊代と夕食、さらに明日の同じ便のビジネス席を提供するという申し出に、かなり心が揺れましたが用事が詰まっていたことを思い出して断念。
 デトロイトの空港をうろうろしていると突然警官に「このカメラ操作できるか?」と呼び止められ、びっくりしていると日本製デジカメを片手にどうも再生画面にしろと言っているので、そのルミックスをあちこちいじって再生画面にすると、操作している間に間違ってシャッターを押したようでその警官と私が映ってました。「まずはこの写真を削除してくれ」(まぁ警官が写真に写ってるとまずいですよね)、んで次に「これは忘れ物なんだ、持ち主が誰か分かるような写真はあるかな?」っていうから撮影済みの写真を見てみると、どうも日本人旅行者のもののようで、数分前に空港で撮影した写真が残されていました。警官がそのままカメラを航空会社カウンターの方へ持っていき持ち主を捜すアナウンスが流れていました。無事に持ち主に戻っているといいけど。

 日本への便はめずらしくジャンボで座席にテレビもなく、窓側で13時間というなんか罰ゲームのようなフライトでした(オーバーブッキングするくらいだからとうぜん満席)。そのフライトはフィリピンマニラへのコネクションフライトのようでおそらくアメリカで働いているフィリピンの方々がクリスマス休暇で帰国するためか大勢乗っていました。隣に座ったフィリピン人も「名古屋からまだ4時間も乗るよ」って言ってました。相変わらずフィリピン人の流暢な英語力には驚きます。

 外資系キャリアでその国以外に乗り入れているフライトの場合、乗り入れ先国のCAさんが搭乗していることが多いです。まぁその乗り入れ国の乗客が多いのでその通訳っぽい役割もになっているのでしょうね。以前から気になっているんですけど、そのCAさんの制服はオリジナルのものより半ランク下げたものをわざと与えているように感じるのは私だけでしょうか?中国にいる時に使ったフランス行きのエアフラに搭乗していた中国人CAの人はなんだか中学生の制服みたいでしたし、今回のデルタにも日本人CAさんがいましたがオリジナルの制服とどう考えてもマッチしない赤いハイネックを一人で着てました。まぁ制服フェチでもないのであまり深くは突っ込みませんけどね。
 
けびん@ミネソタ州のどこか
 ミネソタ州のどこかにいます。ローカル空港から車で1時間ほど走ったのですが、見事なほど何もなくどこまでも平らな土地で1時間で3回しか交差点を曲がらずにたどり着いた場所でお昼ごはんを食べました。

 壁にも天井にもそこらじゅうにスノーモービル関連の写真やら部品が飾られた「いかにも」なお店でした。この平らな街で雪が降るとどこでもスノーモービルに乗れるらしいのですが、今年はまだ雪がまったくありません。気温は朝夕はマイナスですが、日中は5度前後なので風がなければそれほど寒くはありません。

 さて、お次はトロントへ移動です。ここもまだ雪がないようです。

mine 012mine 013

ロサンゼルスに雪が降る
 ロサンゼルスの休日にもかかわらず車がないので自由が利かず、同宿のカナダ人と一緒にドライブに出かけることに。あてがないのもなんなので、ネットで調べるとそれほど遠くないところにTREKの自転車屋があったので行って見ることに。期待して行ったみたものの案外普通のお店で値段も日本とそう大差がなかったのでちょっとがっかり。

 次に山の方にドライブに出かけると、ロサンゼルスという街はちょっと郊外に出るとすぐに荒涼とした山になっていて、渓谷沿いの道をどんどん登っていきます。かなり曲がりくねっていてオートバイで走ると楽しそうですが、一台も遭遇せず、代わりに自転車は何台も見かけました。

 標高5,500フィート(約1,800m)で道は行止まりになっており、周囲には雪が。。。ロサンゼルスにも雪が降るのですね。一緒に写っているのはカナダ人が借りてたダッジチャージャー(ちょっと良い車借りすぎじゃない?)

LA002.jpg
la009.jpg
la010.jpg
けびん@ロサンゼルス その1
 というわけで、今日からロサンゼルスに滞在しています。数年ぶりに使った成田の第1ターミナルからデルタに乗ってきましたが機材はちょっと古いしシートもかなり使い込まれた感じが出ていてちょっとしびれました。

 到着したロサンゼルスはやや肌寒くちょっと以外な感じ。午後の仕事を終えてホテルにチェックインしたら、ドアノブに掛ける「起こさないで」サインが映画「タンタン」のプロモーション用になっていました。何でも考えるものですね。

tantancard.jpg
久々にくらったMacのバグ、インライン入力できん
 自宅用のパソコンはMacBookを使っています。20年近く前に使っていたPowerBook520はハードディスク240MB、メモリーは12MB、白黒画面に漢字トーク7、システム7.1。今はメモリーだけで2GB。すさまじいハードの進歩もさることながら、昔はトラブルだらけで頻繁にフリーズしたりしてました。(あ、ポインティングデバイスは520のころからタッチパッドで変わりませんね)

 さすがに最近のマックはフリーズなんかしないし、日常使っていて不具合なんて全く感じなかったのですが、最近急にインターネット画面へのインライン入力ができなくなってしまって、この記事もテキストエディターにテキストを一旦入力後、コピペでブログに入力しています。あまりにひどいのでネットで調べてみると出てくる出てくる、不具合情報の嵐。どうやらMac OSとネットブラウザのSafariのバグらしいです。はっきり言って非常に面倒ですが、ちょっと昔のマックを思い出しました。

 早く治してね。アップルさん。
人生の成功定義
 年代別に人生の成功定義がまとめられています。よく人生の折り返し地点とかいいますが、折り返すと定義もなぞるんですね。

 4歳でおもらししないは幸いにもクリアしましたが、80歳でクリアできるかどうかまったく自信がありません。

01cb6fbc.png
ネタがない
 逆さに振ってもネタが出てきません。先日土曜日の粟ヶ岳も20分24秒と沈んだし、雨続きで自転車乗れないし、やれやれ。
o0640048011237591488.jpg
たぶん、スタント用のカモフラージュだと思う
 それ以外だったらめちゃこわい。

kamo0526.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。