世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しそうな広告方法です

yu_bmw_01「踏むと動く」「歩くと動く」新広告 BMWが都内で。
「BMW 1シリーズ」2車種の店頭発売に合わせ、
人の動きの合わせて画像が変化する広告を
2月26日から都内で展開する。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/25/news080.html

スポンサーサイト
まさか袋井まであるとは

FukuroiRacing Circuits.net という
世界のサーキット情報を網羅した
サイトがあるんですが、眺めてたら、
なんと袋井のテストコースまで出てました。
さすがにコース距離などの情報は出てませんでしたが、
正確なコース図が記載されていて、最終コーナーのシケインまで
しっかり載ってました。すごいね。

玉やんの今年マシン

team-photo02_l玉田の今年のマシンが、なかなか綺麗なカラーリングで
登場しました。昨年のモテギでロッシを引き離して優勝した走りの
印象がとても強く、今年もあなどれません。

http://konicaminolta.jp/about/ad/motogp/index.html

川重、2輪エンジンの機種数3割削減

川崎重工業は2輪車向けエンジンの機種数を今後3年間で3割程度削減する。
2輪車メーカーとして比較的規模が小さい同社が、ホンダやヤマハ発動機など
大手メーカーと互角にエンジン開発を続けるのは非効率と判断した。
06年から欧州で適用される排出ガス規制「ユーロ3」への対応を進めるのを機に、
エンジン共通化を推進する。
 同社の2輪車は大型バイクが中心。50ccの原動機付き自転車は
手がけていないため、国内競合メーカーと比べるとエンジンの機種数は
多い方ではない。
 それでもモデルによって同じ排気量でも異なるエンジンをそろえることが多く、
機種数は合計40近くに達する。現在の事業規模から見れば開発負担は
決して軽くはない。そのため機種数の削減が課題となっていた。
 ユーロ3では排ガスに含まれる炭化水素や一酸化炭素、窒素酸化物の規制値が
厳しくなり、現状のエンジンのままでは対応できないため、
同社では今後、新エンジンを順次開発していく計画。その際に同じ排気量の
エンジンを統合するなどして機種数を絞り込み、開発費を抑制する考え。
 そのためエントリーモデルでは、エンジンの共通化を進める。
一方、基幹車種と位置づけるスーパースポーツやモトクロスでは
エンジン性能が競争力に直結するため、今後も専用エンジンの開発を
続けるとしている。

やるな、ほりえもん

livedoorなにかと最近話題のライブドアですが、
多言語翻訳サービスも始めたようです。
韓国語、中国語は日本語にも翻訳可能。
欧州言語は英語に翻訳してくれます。

http://translate.livedoor.com/

中部国際空港

busairport_2airport                                                                                                          オープンしましたね。早速ミラノからの出張の帰り、
わざわざパリ経由に変更して中部国際空港使ってみました。
空港は海の上にあり、全体の感じは関西空港に似ています。
(規模はちょっと小さいかな。)
ランディング後に、すぐにサテライトに着くので、
成田のように延々滑走路を走るということがありません。
飛行機を降りてからも、動く歩道を乗り継いで迷わず入国審査、荷物受け取りに
進めます。 空港を出てからは、電車かバス選択ですが、今回はバスで浜松駅まで
帰ってきました。1時間に1本、もしくは2本出ています。
浜松までは片道3000円、2時間ちょうどで到着しました。
(時間によっては、磐田駅行きもあります。)
もしかすると、トヨタのための空港じゃないかなぁ、、、、、。
パリでトヨタのジャンバーを着た外人さんがいたし、知り合いのデンソーの人にも
会いました。

さすが、スクーター王国

xc300イタリアのミラノにあるデパートの紳士服売り場には、
MBKのXC300というスクーターもディスプレイされています。
理由は、このブランドはスクーターに乗る際のウェア類を
販売しており、インナー、ジャケット、手袋、マフラー
なんかをいかにもオートバイ乗りです、とは、ちょっと違った
カジュアルな感じで売っています。
市内のオフィスにもこの格好で通勤して、そのまま会社に入れるって感じ。

ここにもフェラーリショップ

1ミラノ・マルペンサ空港にもフェラーリの
オフィシャルショップができてました。
(去年の12月には工事中だった)
コンセプトはモデナのフェラーリ本社と全く同じ、
入り口入ると、F1サウンドがうるさいくらいに鳴り響きます。
たまたまフェラーリのF1チームスタッフがどこかに移動するのに出会いました。
おそろいのブレザー(胸にはフェラーリワッペン)靴もお揃い、
この格好でディパック姿ってのも、ちょっと?なところはありますが、
ボーダフォン、PUMAのスポンサーロゴもしっかりディパックに入ってました。
F1スタッフのチームウェア管理はかなり厳しくて、ディパックには「051」などと
通し番号がつけられて管理されてます。

なかなかかっこいいでしょ

dt125smYMES(スペイン)で生産しているDT125には、
今流行のスーパーモタード仕様もあります。
YMIT(イタリア)でプレス貸し出し用に整備されていたので、
ちょっと写真を撮ってみました。なかなかかっこいいでしょ?
隣の整備エリアでは、開発中のMT-03の型物試作車がありましたが、
写真は撮れないですよね。。。お見せできなくて残念。

商売上手

barca有名選手を大金で連れてきて、活躍しなくても、
ロゴの入ったシャツが売れればいいや、
というのは、銀河系集団と言われるどこぞの白いサッカー軍団が
よく使う手ですが、その白い軍団を蹴散らして、
現在リーガエスパニョーラ首位独走中のFCバルセロナは、
カウンプノウスタジアムに広いオフィシャルショップがあり、
他にも、港のショッピングセンターや、空港にもオフィシャルショップがあります。
(あ、やっぱり、シャツ売りたいのか。。。)
バルセロナからミラノへの移動に、朝6:30発という朝一番の便を選んだ新谷は、
5時半には空港に入り、唯一営業してたバルで紙コップ入りのカフェコンレチェ
を飲みながら、「朝6時から営業」と書かれたFCバルサオフィシャルショップの
閉ざされたシャッターを眺めていました。
スペイン人が決められたように6時に店を開けるなんて、ありえない。
搭乗時間は6時だし、シャツを買うのはあきらめるか。。。。
が、6時5分前、店員さんが現れ、開店準備を始めました!
他のポールスミスや、マッシモドゥティなんかの店はその気配もありません!
やっぱり、サポーターや観光客にシャツを売るのは、貴重な財源なんですね。

FCバルセロナ アウェー用シャツ 65ユーロ

サポーターの満足度         ぷらいすれす

セパンテスト始まりました

5027ロッシはまたヘルメットのデザインを変えたようですね。
おでこの「1」はどうしたんでしょう?
いままでチャンピオンナンバーをつけるのが好きじゃなかったのにね。

ちょっとびっくり

R1何気にヤマハヨーロッパのレースキットHP見てたら、
R1、R6のYECキットリストがあって、その中でスペアエンジンも
販売してました! お、ちょっとびっくり。
ちなみにR1のスペアエンジンはスロットルボディ、ECU付で
約70万円弱。  R6は約65万円弱。

http://www.yamaha-racingparts.com/r1/parts.asp?languageid=0&kitid=2

(続)Hは強敵だね

ホンダ、フィリピンに2輪車の工場を新設移転すると発表、生産能力2.5倍に

 今年中に新工場の建設を終え、首都圏にある現在の工場から生産を移し、
 年産能力を2004年実績(前年比56%増の20万4000台)の2.5倍にあたる50万台
 に拡大する。国内需要の動向や輸出計画に応じて生産能力を100万台まで
 増強する計画も。また、フィリピンでの2輪車生産累計が100万台を達成。

http://www.honda.co.jp/news/2005/c050210.html

Hは強敵だね

タイの2輪車市場、地元「タイガー」の今年の年販目標は8割増の8万台に
昨年は7%減の4万2214万台だったが、1月は新型車好調で87%増の4938台に

http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_thb_daily.html

中国のお話

ヤマハ発、中国での2輪車販売網を再び3000店体制に、2007年末をめどに
昨年、2系列あった販売チャンネルの統合で2000店まで絞り込んでいた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050209-00000012-nkn-ind

簡単に作成できるのがいいよね

日産、2か月限定の予定だった「ティーダ」販促のブログ、好評につき継続
販売促進部が運営、閲覧数が多く、社内評判も高かった為、継続が決まった

http://www.yomiuri.co.jp/net/feature/20050205fe01.htm

Googleが地図検索に進出

map米Googleが地図検索サービス「Google Maps」のβ版を公開した。
住所や地名で地図を検索できるほか、目的地への行き方を調べたり、
ローカル検索で近所にある店などを探すことが可能。

YMUSもこんな感じで表示されました。

http://maps.google.com/

やっぱり、あったか、こんなサイト

25出張時に日本人以外から、自分の名前を漢字で書いてくれ、
ってお願いされた方はかなり多いのでは?

日頃パソコンばかり操っているので、思うような
漢字が出てこなかった経験は誰しもあるはず。

そんな悩みを解決してくるサイトがあるんですね。

http://www.japanese-name-translation.com/

売れてるようです

日本のバイクメーカー4社、世界販売が急拡大、今年のシェアが58%程度に
中国、インド、インドネシアのバイクの「世界3大成長市場」が牽引役に
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050205AT1D2708F04022005.html

数字の桁が違いすぎて。。。

中国のバイクメーカー、7社が年産100万台を突破
2004年のバイク総生産台数は前年比17.2%増の1718万6900台。

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/mech/357799

やっぱりメカニックには・・・
Hさんのイベント情報

第163回 バイクフォーラム
2月19日(土) 13:30~16:00

第一部:「今だから明かすビッグバンエンジン誕生技術秘話」13:30~14:50
第二部:「CBの魅力を大いに語ろう」15:00~16:00

第一部は「ツインリンクもてぎ」で好評開催中の技術講義イベント「モータースポーツ・ワークショップ」をウエルカムプラザで再現するもので、ロードレースワークスマシン「NS500」から「RC211V」までのエンジンテクノロジーを本田技術研究所のワークスマシンエンジン開発者 西山 亮策 氏、 山下 ノボル 氏が詳しく解説いたします。同時に「'82年 NS500、'84年 NSR500、'94年 NSR500、'97年 NSR500」を展示予定です。
第二部はスポーツモデルのフラッグシップ「CB1300」にスポットを当て、CBの歴史やテクノロジー、そして高速道路二人乗り解禁に合わせたツーリングの楽しさも紹介します。司会は、元Hondaワークスライダーの宮城 光 氏、ゲストに二輪ジャーナリストの松井 勉 氏、そして本田技術研究所からCB1300開発者の工藤 哲也 氏を迎えお送りいたします。
尚、ご来場者にはHondaライディングギアやグッズなどが当たる抽選会も予定しています。

工程内保証ってことですよね

日産、フーガ など高級車で「品質責任者」新設

日産自動車は、『フーガ』や『フェアレディZ』などの高級車を生産している栃木工場(栃木県上三川町)の生産ラインに、品質保全のための責任者であるQL(クオリティーリーダー)制度を導入したと明らかにした。

フーガの生産を開始した9月から導入したもので、プレス、車体溶接、塗装、車両組み立ての各工程に合計58人を配置した。ベテラン技能者で専門の試験に合格した人を任命、各工程で30項目前後に及ぶ品質保証項目を全てチェックする。

従来の検査員(チェックマン)制度よりも丹念に品質の確認を行うことで「問題の早期発見と、迅速なフィードバックを行う」(高橋忠生副社長)狙い。高級車専門の制度だが、他の工場への展開も検討していくという。

デンソー様々

デンソー、F1用小型軽量オルタネータを開発、トヨタの『TF105』に提供
ロータに新しい磁石構造を採用する事により、大幅な小型化を実現
http://www.denso.co.jp/ja/newsreleases/050203-01.html

モーターサイクルにも使えそう

マグネシウム製の小型歯車を開発。鉄・ステンレス製に比べ約4割の軽量化
早川精機が発火を抑える特殊技術により実現。自動車部品向けに量産狙う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050203-00000005-nkn-ind

スノーモービルの発表じゃないんですけど。。

2
イタリアでMOTO GPの体制発表が
ありました。
肝心のM1はまだ写真がない。。。
ロッシとコーリンはスノーモービルを楽しんだようです。
さすが、速い人は何を乗らせても上手ですね。

ハガノリのマシン

20050122testsbk0520050125haga1下のノリックのマシンとどっちがかっこいいでしょう?
どっちもR1ですが、細かいところは違うものですね。
ハガノリのは、サブフレームなしのカーボンシート仕様。
マフラーもYMFのアクラポロビッツではなく、テルミニョーニです。

今までなかったのが不思議

JAF、2輪車のロードサービスを4月1日より全国一斉に開始すると発表
満16~17歳までの若者向けに「ジュニア会員(2年で会費3000円)」の新設も
http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/104_23.htm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。