世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早く実用化して欲しい

battery東芝、1分間で80%まで充電できる
新型Liイオン2次電池開発。
自動車向けにナノテクノロジー(超微細技術)を
用いて電極の性能を高め、現行のリチウム電池に比べ
60倍以上の速さで充電できるようにした。
従来のLiイオン2次電池性能に電気2重層キャパシタ並みの
充放電特性を備えたという。
また、充放電を1000回繰り返しても充電容量が1%しか落ちない長寿命も特長。

「現在1晩かかる電気自動車の充電が、数分で済む」として、
来年中にハイブリッド車や電動アシスト付き自転車など向けなどで実用化したい考え。

http://www.toshiba.co.jp/about/press/2005_03/pr_j2901.htm

スポンサーサイト
プレゼンテーションの達人

tatsujin何回やっても慣れないプレゼンテーション。
本屋さんには色んな指南書も出ていますが、
コクヨのHPでなかなか分かりやすく的を得た
プレゼンテーションの準備、心得が書いてあるのが、
ありましたので、紹介します。

http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/master/present/index.html

ラグナセカ

super_karts2super_karts17月10日にMOTO GPは久しぶりに
USでレースを行います。
YMUSはアメリカ人のコーリンエドワースが
ワークスチームから走ることもあって、
レース関連のサポートなど
盛り上がっているようです。

そんな中で、USGPの期間中、サポートレースの一環として、
往年のアメリカ人ライダーによるスーパーカートレースっていうのが
開かれるようです。

ケビンシュワンツ、エディローソン、ウェインレイニー、ダグチャンドラーらが
すでにラグナセカサーキットでテストしたとか。

スーパーカートっていうカテゴリーを殆ど知らないのですが、
写真を見ると、

チャンバーが着いてる: 2スト?
エアクリーナー2個ある: Vツイン?
乾式クラッチっぽい: え? TZ?

なんか面白そうです。

http://crash.net/uk/en/feature_view.asp?cid=6&fid=6538&apn=1

まさかネタじゃないと思うけど

ya今年からノリックのチーフメカニックを
務める難波さんですが、チーム状況を
リポートするコラムで、
「チームガレージからモランボンが見える・・・・」

え?

それは「モンブラン」ですから!  残念!

そんなに焼肉食べたいのかぁ 斬り!。 

It's so COOOOOOOOOOL!!

maxam国内市場期待のニューモデル「マグザム」です。

これこそUSのボディーワーク屋に改造させて
逆輸入すれば、国内で売れそうですよね。

special thanks : Gomorin

カワサキもタイで開発

20050323e003y25223
 川崎重工業は8月をメドに、
タイの二輪車子会社に開発部門を新設する。
まず10人程度の要員を配置し、
外観など車体の開発を本格的に始める。
現地で開発から生産、販売までの一貫体制を確立し競争力を高める。

川重が海外に二輪車の開発部門を設けるのは初めて。タイ国外で販売する
二輪車の開発も新設する部門で手掛ける予定で、タイを東南アジア戦略の
中心拠点に位置付ける。

 約93%を出資する「カワサキ・モーターズ・エンタープライズ(タイランド)」
(ラヨン県)に開発部門を新設する。同社はマレーシアやインドネシアで他の
東南アジア諸国に輸出する二輪車の生産も手掛けている。

ようやく放送が決まった

日本テレビは14日、今季のロードレース世界選手権(WGP)
全17戦を独占放送することを発表した。
CSの「G+」ではMotoGPをはじめ3クラスの予選・決勝を生中継と録画で放送。
地上波ではMotoGPクラスの決勝を中心にした1時間のダイジェスト番組を
翌週の土曜深夜に放送する。

http://www.ntv.co.jp/G/

地上波は、1週間後だけど、G+は生中継もあるそう。
G+は、スカパーで有料契約チャンネル。
月額1050円。

うちは、衛星放送ないから、この際スカパー契約しようかなぁ。。。

ちなみにスペインでは、125、250、MOTO GP 地上波で全戦生中継なので、
グランプリが日本だろうが、ブラジルだろうが、生中継です。
衛星放送はアンテナとチューナーさえあれば無料で見られるEURO SPORTで
やはり、全戦生中継。 頻繁に再放送もあります。

日本のオートバイメーカー4社が全て出場しているのに、日本で苦労しないと
MOTO GPが見られないなんて、おかしいよね。

買替え促進

タイ政府、環境性能に優れた4ストローク式バイクへの買い替えを支援へ
乗り換える顧客から2ストローク式エンジン車を7,500バーツで買い取る。

http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_thb_daily.html

ベトナム・ネタ

ホンダ、ベトナムで4輪車も生産へ、年産規模1.5万台。政府に認可申請
2輪車を製造するホンダ・ベトナムの資本金を現在の1750万$から6290万$へ

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050315AT1D1407Z14032005.html

ユーザー向サーキット試乗会

fest今年もイタリアではYAMAHA FESTが開かれます。
アドリア海に面したミサノサーキットで6月17-19日です。
サーキット走行会をメインにしたユーザーさん向けのイベントなのですが、
今年のゲストはロッシとハガノリです。

鈴鹿ファン感謝DAY

bc「_0002.wmv」をダウンロード

何年振りかで小雪舞い散る鈴鹿サーキットの
ファン感謝DAYに行ってきました。
グランドスタンドが満員になるくらいの人手で、
8耐マシンやF1のデモ走行、フォーミュラニッポン参戦マシンによる
模擬レースなど、盛りだくさんの内容でとっても楽しめました。
遊園地エリアでは、子供向けの2輪体験のアトラクションが増えていて、
なかでも電動で動く2輪の体験アトラクションはかなり面白そうでした。
最初はインストラクターの方に教わって、単純なオーバルコースを走るだけですが、
それに合格してAライセンスをもらうと、長いツーリングコースで走れる仕組みに
なってます。

とってもきれい

TO豊田ジャンクションから四日市へ抜ける
伊勢湾岸道ができましたが、
(鈴鹿サーキットに行くのがとっても便利になりました)
ここに刈谷サービスエリアってのがあります。
観覧車や温泉があったりして楽しそうなのですが、
トイレは必見です。男性の場合壁に向かって、というのが、普通ですが、
ここはガラス張りです。ちょっと初めは恥ずかしいです。
女性用はもっとゴーカだ、と6歳の娘は驚いていました。
伊勢湾岸道を通るときはぜひ立ち寄ってみてください。

タイの販売状況

bike(ホンダの発表資料ですけど)

タイでの2月のバイク販売、
前年同月比3%減の16万4569台

http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_thb_daily.html

フランスのタバコ広告規制

m1_rossi_05フランス国内でのタバコ広告規制はかなり厳しくて、
オートバイ雑誌に掲載されている車両に描かれた
タバコ会社のロゴマークは全て修正されてます。
前から、フランスの雑誌を見ていたときに気になっていたんですが、
今回、YMF(フランス)のホームページを見ていて、
(あ、やっとHP見られるようになりました。ヘルプデスクさんありがとう!)
びっくりしました。
東京でMOTO GPの発表があったことはこのブログでもお伝えしたとおりですが、
YMFのHPにもその模様が記事になっており、ロッシの2005年モデルの
カラーリング写真も掲載されていました。 が、結果はこの通りです。
自社のオートバイで、しかも、ゴロワースって、親会社はスペインだけど、
フランスのタバコだよ。。。

思い当たるふしが。。。

タイの首都バンコクで、交通担当の警官4475人の約15%に当たる665人が、
違反者に反則切符を切る権利を一時的に失った。

警察当局が交通法規の知識について警官をテストしたところ、“落第者”が続出した。
半年以内の再受験が義務付けられ、合格するまで切符は切れないという。

バンコクでは、独断的にも見える交通法規の運用に、
長い間ドライバーから不満が出ていた。(AP)

サプライヤー情報

ニチリン、2輪車向けブレーキ用ホース生産を韓国メーカーの和承に委託へ
東南アジア各国で需要が急増しており、増産だけでは追いつかないと判断

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050309-00000014-nkn-ind

ようやく日本でも

高速道路の二人乗りが解禁になります。
同じカラーリングのヘルメットを2個買うと、割引にするとか、
ワイズギアで扱ってるタンデムライダーとの会話用マイク
(骨伝導でしたっけ?)の拡販なんかにチャンスがありそうですね。

http://mytown.asahi.com/mie/news01.asp?kiji=7023

ブラジルの話題です

ホンダ、ブラジルで1000cc超す2輪車生産・高級イメージ狙う

ホンダは2006年初めにも、ブラジルで排気量1000ccを超える大型二輪車の生産に乗り出す。同国では二輪車シェアの約9割を握るが、現在は同150ccが主力で、大衆的なイメージが定着している。大型車を現地生産することで、高級感を持たせたブランドイメージを築きたい考えだ。

 生産車種は未定だが、米国で生産している「ゴールドウイング」「ワルキューレ」など4モデルのほか、日本で生産している「CB1300」など2モデルが候補にあがっている。ブラジル・マナウス工場に部品を持ち込み、現地で溶接、塗装、組み立てを手掛ける予定。1工場で100ccから1000ccまでの幅広い生産を手がけるのは国内外でも極めて異例だ。

 生産量は「数百台程度」(岩村哲夫ホンダ南米本部長)にとどめ、これまでの実用的なイメージから「力強い、ハイテク、スポーティーといったイメージ」(同)に広げる。

終わっちゃうのか

新車紹介番組『新車情報』、三本和彦氏が降板表明。番組終了か

 「テレビ神奈川」製作で1977年に放送開始、徐々にU局のネットが増え、
 現在ではケーブルTVのスカイパーフェクトにもネットされている優良番組。
 三本氏は1931年生まれで今年74歳と高齢なことから番組内で降板を表明した

こんなとこにもトヨタ式

020今一番行ってみたい場所のひとつが、
ドイツ・ケルンにあるトヨタのF1ファクトリーです。
写真のような整備スペースでF1が組み立てられているのですが、
ファクトリー内にはこんな張り紙もあります。 
いかにもトヨタって感じですね。

まだ見ちゃダメ

AS_vitro_mt-01_tcm27-66275市場での人気が非常に高いMT-01ですが、
一部の国ではようやくデリバリーが始まっています。
そんな中YMF(フランス)では、3月11日18:00にいっせいに
販売店へ車両を発送するプロモーションを取っていて、
こんなポスターも作ってます。

綺麗なエンジン

01_b今年のF1も開幕しましたね。
ホンダのエンジン写真があったので、載せてみます。
いやぁ、綺麗なエンジンだ。
メカ的には重心を下げるために、どんどんクランクの位置が
下がってますね、あれでほんとにクランクウェイトついてるのかなぁ。

うちは「ムシキング」代をあげる程度

M.シューマッハ、6歳になる息子への「小遣い」は、週に2ユーロ(280円)

 「子供たち(8歳の娘も)は、普通の子供と同じように、週2ユーロの小遣いを
 貰っている。それをためてもいいし、本当に欲しいモノを買ってもいい」
 「お金は何もせずに手に入るものではないということを学んで欲しいんだ」
 と雑誌のインタビューでコメント。同氏の年収は約84億円と推定されている

使ってみたい

biz1人に物事を説明するとき、裏紙に手書きで
書きなぐるのがクセになってる新谷ですが、
(言葉の通じない国にしばらくいたので、言葉じゃなく、
絵で書いて、なんとか理解してもらおうという苦肉の策が
今も尾を引いているような気がします。)

ただ、手書きはデータになりにくいので、時々困ることもあります。
最近、こんな新製品を見つけました。

タブレットで字や絵を描くときは、
書いた軌跡が手元ではなく、画面にしか出ないので、
慣れないと多少使いにくいのですが、最近のものならもしかしたら、
使えるかも。。。価格も安いし。3980円

だまされたと思って買ってみようかなぁ。。。

http://tablet.wacom.co.jp/products/biz/index.html

エンジンはどこ?

subaruスバルのワールドラリーカーのエンジンは
水平対抗なので、いかにもエンジン部品って
いうのは、普通でも見えないのですが、
それにしても、エンジンっぽくないですね。
このコード類は何用なんでしょう?
レース用の車両はやっぱり綺麗ですね。

スバルワールドラリーチーム(SWRT)は2月28日、スバル、スバルテクニカインターナショナル(STI)の3者で共同開発した新型WRカー、「インプレッサWRC2005」を、3月11日から始まるラリーメキシコでデビューさせると発表した。新型ラリーカーは、本年から施行された新しい車両規定により、ボディ全幅が前後とも30mm拡幅(1800mm)されている。

新型充電器で充電できるかな?

2005GY-F1_01GSユアサコーポレーションがF1に新型バッテリーを
供給するそうです。
今GSユアサと共同で開発している充電器で充電できるかなぁ。

自動車レースの最高峰、F1世界選手権の古豪チーム
ウエスト・マクラーレン・メルセデス
が求める究極への挑戦に"超軽量・超小形化を実現"
F1レースカー専用バッテリー「GY-F1」を開発、独占供給

http://www.gs-yuasa.com/jp/news/subject2.asp?CODE=31

富士スピードウェイが新しくなりました

fuji約30年前に富士スピードウェイを走る
F1をテレビで見ていた世代としては、
また、ここでF1を見てみたい。

http://response.jp/issue/2005/0228/article68472_1.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。