世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レースは成績だね

A260-2137_l【プラハ30日共同】トヨタ自動車は30日、自動車のF1シリーズでの好調を受け、帽子やポロシャツなどF1関連グッズの販売が前年に比べ15%増のペースで拡大していることを明らかにした。車の販売促進に使いたいとする世界の系列販売店からの引き合いも増えており、F1での飛躍が自動車販売を後押しする期待も高まっている。
 ことしはトヨタ勢が表彰台(3位以内)をにぎわせたレース直後に、インターネットのホームページがアクセス殺到でパンクした例もあるなど、低迷が続いた昨年までは「想像できなかった快進撃」(モータースポーツ推進室)が続いている。

*********

g0102907929357M00 勝ってるチームのウェアなどは、なぜかかっこよく見えるものね。

ヤマハはどうなんだろう?

絶好調ロッシや全日本MX関連グッズは売れ行き好調だろうか?

そういえば、ワイズギアのHPで欧州のアクセサリーや、YMUSのアクセサリーも

販売してますよね。 MXのジュビロレーシングのスタッフウェア増産して

ワイズで売るってのは、どうよ?

スポンサーサイト
オークションだよ!

ヤマハ創立50周年を記念して、ヤマハ・モーターU.S.A.は、飢餓に苦しむ子供たちを支援しるための基金を募るために、バレンティーノ・ロッシとコーリン・エドワーズのグッスをオークション(eBay)することを発表した。

ロッシは、ツナギとヘルメットのレプリカに、実際にグランプリで使用した2足のブーツをセットで提供すれば、エドワーズは、使用したツナギ、ヘルメット、ブーツ、グローブの一式を出展する。

それぞれのパッケージには、アメリカGP週末の宿泊パスが含まれているだけでなく、直接2人からサインがもらえる。

オークションは6月10日まで実施される。

新サーキット

愛知県蒲郡市に来年七月の開場を目指してレーシングサーキットが建設される。運営するレース用車両メーカーの伊藤レーシングサービス(同県額田町)が二十四日、明らかにした。国内公認サーキットとして「F3」などのレース開催を目指す。コースの長さは国内五十施設のうち九番目で東海三県では鈴鹿サーキット(三重県)に次ぐ本格的なコースとなる。

 サーキットの名称は「スパ・西浦 モーターパーク(SNMP)」。蒲郡市西浦町原山の九万八千平方メートルに、直線六百メートルを含む全長二千メートルの走行コースと二千人収容の観客席を設ける。近く愛知県に開発計画の協議申請をする。建設費は約五億円。近くに西浦温泉などの温泉地もあり、地元は経済的効果に大きな期待を寄せている。

 日本自動車連盟(JAF)などから公認を受けてレース専用の四輪、二輪車を走らせるほか、エコカーやソーラーカー、自転車競技もする。

 建設地は三河湾国定公園内にあり、所有する西浦町の財産区などから借りる。一九九〇年までは採石場、数年前までは建設会社の資材置き場に使われていた。

 伊藤レーシングサービスは四輪・二輪レース用車両の本体、部品メーカーで従業員五十六人。伊藤猛志郎社長は「二十年来の夢だった。家族でも遊ぶことができる場所にしたい」と話した。

インドネシア4月の二輪車販売

IDN 自動車大手アストラ・インターナショナルが20日発表した4月の二輪車販売台数(出荷ベース)は、過去最高だった前月を1.8%上回る40万7,744台だった。前年同月比では30.7%増となった。1~4月の累計では前年同期比32.7%増の155万8,953台だった。

販売台数の約9割を占める「カブ」タイプが35万台に到達した3月に続き、4月には36万台を突破し好調さを維持した。また年初から1万台規模だった「スクーター」タイプが1万2,330台と前月比で13.8%増加し、「ビジネス」タイプと「スポーツ」タイプの微減を補った。

ブランド別では、全タイプ合計でスズキとヤマハが今年最高となり、スズキは前月比3.7%増の10万507台でで10万台の大台に乗せた。カブタイプだけで、9万3,140台に上っている。ヤマハは、18.4%増と大幅に伸ばし9万4,465台と10万台に迫った。カブタイプで7万5,824台と前月比20.4%増加している。

アストラが販売する首位のホンダは、5.6%減の20万5,691台。カワサキは、5.7%減の3,911台だった。

市場シェアは、首位ホンダが3.8ポイント低下したものの5割を維持し50.5%、スズキが0.9ポイント上昇し24.7%、ヤマハが3.6ポイント上昇し23.2%だった。

1~4月の累計は、155万8,953台となり、1年の3分の1を終了した段階で前年通期の販売台数の40%に達している。

シェル、モナコGPで新燃料

shell_logoフェラーリ・チームに燃料などを供給するシェル石油では、今週のモナコGP用に『砂漠燃料』と呼ばれる高温対策された燃料を供給するということだ。

『シェル V-Power ULG60』という名称のこの燃料は、タイトなコースを前車と接近して走るために高温にさらされるエンジンのため、特に気化する性質を押さえた、より高温対策が施されたものなのだという。

LOVE、TANDEM、YAMAHA

cp250

5月18日(水)報道ステーションからオンエアー開始となりました、TV-CFです。

早とちり

G_5672 2輪チャンピオン、バレンティーノ・ロッシが2007年にF1転向というニュースが世界を駆けめぐったが、この元となったとされるヤマハ・チームのダビデ・ブリビオ監督はこれを否定している。

「私はロッシが2007年にF1に行くとは言っていない。F1はロッシ次第と答えただけ」とそっけない。どうやらロッシF1転向を熱望するメディアの先走りだったようだ

F1に転向?

[ミラノ 13日 ロイター] 二輪の世界ロードレース選手権(WGP)モトGPの王者バレンティーノ・ロッシ(イタリア、ヤマハ)が2007年からF1に転向する意向にある。
 ヤマハのチーム代表がスポーツ紙に明らかにした。
 ヤマハとの契約が今季末で切れるロッシは、06年まで契約を延長することにしたが、07年からはF1チームからのオファーがあれば、転向を検討するとしている。

アイシングにも有効かも

01 ドイツBosch社は、ガソリンエンジン用のGFRP(ガラス繊維強化樹脂)製スロットルボディ「DV-E8」の生産を始めたと発表した。複合材料を使うことで金属製と比べて製造コストを低減でき、質量を25%削減できる。さらにGFRPは熱伝導性が低いため氷結しにくく、冷却システムに接続する必要がない。

 DV-E8は、バルブを開く角度をより正確に制御できるという。異なるエンジンや車種への展開も容易で、衝突時には細かく砕けるため、エンジンルームの衝撃吸収部分を拡大できるという利点もある。スロットルボディのきょう体とバルブは、熱と摩擦の抵抗性に優れたガラス繊維強化した熱可塑性樹脂でできている。スロットルボディの構造は、供給先の仕様に合わせて設計できる。

写真の撮り方がね。。

 407

プジョー・ジャポンが6月11日に全国で発売する新型「407」は、

前面のデザインをドラえもん「猫科の野獣の顔」のイメージにしたという。

排気量は2.2リットルと3.0リットル。セダンとワゴン「SW」がある。

360万~450万円(税込み)。

だーれだ?

xs500_2 1975年 UKのXS500のポスターに登場したこの人は、

さて、誰でしょう?

マレーシアのメーカーだって

マレーシアの国産車メーカー、ナザ・グループの二輪車製造子会社、ナザ・バイクスはこのほど輸出事業強化に向け、欧州の同業者と二輪車(排気量250cc)製造合弁会社を設立する方針を明らかにした。ナザ・グループのナシムディン社長は「半年以内に交渉がまとまる予定」と話した。国営ベルナマ通信などが報じた。

ナシムディン社長は「中国、韓国の提携先と共同開発した二輪車新モデル2種を近く発表する」と明らかにし、「販売増を目指し、販売代理店数を現在の80店から来年初めまでに120店に増やす」と述べた。

二輪車の輸出について同社長は「市場の反応を見るため、ベトナムへすでに出荷した。年内にインドネシアへ輸出開始できるよう、現地企業と協議している」と明らかにした。

ナザ・バイクスは中国・韓国の企業と提携し、二輪車(排気量110cc~650cc)をスランゴール州シャアラム工場で月2,000台生産している。

おっかない街ですね

[ナポリ 9日 ロイター] 南イタリアのナポリでは、犯罪を抑止するべく市内の一部地域へのスクーター乗り入れ禁止に踏み切った。歴史地区の細い路地で歩行者から持ち物を奪いスクーターで逃げ去る悪名高い泥棒たちを撃退しようという狙いだ。

「最終的なゴールは、観光客と市民により一層の安全をもたらすことです」ナポリの交通参事官ニコラ・オダッティが述べた。

美しいものの治安の悪いナポリの旧市街では、火曜日からその地域の住民を除いてスクーターの乗り入れが禁止となる。スクーターの運転手は指定地域の外に駐車するか、電源を切って歩かなければならない。違反者には35ユーロ (およそ4800円)の罰金。場合によっては車両の没収になる。

当局は過去にも、市内で頻発する攻撃的な窃盗を抑制する目的で、特定のナイフの販売を禁止している。問題の地域の失業率はヨーロッパで最高の数字だという。

顧客サービス的にはいいけど。。。

 トヨタ自動車は6日、8月から国内展開する高級車ブランド「レクサス」の販売店で、高速道路の料金所を止まらずに通過できる自動料金収受システム(ETC)を活用し、来店者への迅速な対応につなげるサービスを導入する方針を明らかにした。同時にカード事業の強化も図る考えだ。
 レクサスブランドの車には急速に普及が進むETC車載器を標準装備する。ETCは無線で料金決済ができ、車載器に差し込むETCカードの会員数も急増している。
 レクサスの販売店では、購入者の車が駐車場に入ると、駐車場に設置したアンテナで車載器と無線通信し、店内で名前などの顧客情報を瞬時に確認。担当者に知らせて店頭で待機するとともに、整備記録などから修理や点検の準備を整える。

*****

アンテナさえ設置されていたら、車のユーザー名や、修理履歴が分かってしまうのか。。。

なんか、ちょっと怖い気もする。

見知らぬガソリンスタンドとかで、「OO様、いらっしゃいませ、先日の事故修理は綺麗に直ってますね」とか話しかけられたら、やだなぁ。。。

ま、レクサスブランドの車は買えないから、要らぬ心配ですけど。

新しいカラーリング

02_4mag SONYがYMITイタリアのスーパーバイクスポンサーになりました。

なかなかかっこいいカラーリングです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。