世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LONDONのHMV

音楽ソフト販売チェーン、HMVの商品棚からビデオテープが消える。DVDの売り場スペ
ースを広げるため、年内にVHSテープの販売を終了する計画だ。
VHSの売り上げは2年前には全体の6%を占めたが、現在は2%にすぎない。一方、
DVDは年末までにCDを抜き、半分近くに達する見込み。
アラン・ジャイルス最高経営責任者は「DVDの成長は目覚ましい」とコメント。全体
の売り上げを押し上げているという。今年は市場の伸びが昨年の30%には及ばないも
のの、10%は堅いとの見方だ。

*****

日本でも1000円でちょっと古い映画のDVD買えますものね。

スポンサーサイト
ブラジル工場拡張

ヤマハ発動機はブラジルの2輪車生産子会社、ヤマハ・モートル・ド・アマゾニア(YMDA、マナウス市)を拡張する。

07年の稼働をめどに、敷地内に第2組立工場を建設する予定。

部品工場も建設中で、05年中に完成・稼働する。

これらによりYMDAの年間生産能力を現状の25万台から40万台に引き上げる。

05年の生産計画は23万台で限界に近づいており、拡張で将来の増産に備える。

第2組立工場はYMDA敷地内の沼地を埋め立てて建設する計画で、環境調査を進めている。

延べ床面積は2万2000平方メートルを予定。

現工場と合わせて、組立工場の総面積は5万7000平方メートルになる。

投資額は明らかにしていない。

チャリがエンジン音を

bc 自転車のスポークに取り付ける「Turbospoke」はエンジン音をする。ヨーロッパでは2年間も販売されてるが、今回、アメリカで発売された。価格は25ドルで、子供の頃でやった、トランプカードをスポークに取り付けると同じようなを形になっている。

タイのヤマハスクエア

ys タイのバイク店を一定の基準を満たしたおしゃれな店舗に転換へ
インターネットやゲームのコーナーや喫茶店、アパレル製品販売などを併設。

ヤマハスクエアのことです。

IKEA、来春ようやく開業

ikea 世界最大の家具チェーン、イケアグループは06年4月、千葉県船橋市に国内1号店を開く。上海の商品調達拠点の建設が遅れたため、当初予定していた今年9月の開業を見送っていた。閉鎖した屋内スキー場「ザウス」の跡地を活用、売り場面積は2万3,500平米と、家具専門店としては国内最大級となる。

*****

海外出張に行くと、ほんと世界中にありますものね。

次世代ダイアグってこんな形もありかも

pc タブレット市場では、ドライブレスで薄い製品の需要は多い。だから、MotionはLE1600TCを発売した。本体と12.1ディスプレイは同じだけど、OSはWindows XP Embeddedに変えられて、LE1600の30GB HDDの代わりに512MBのフラッシュドライブにした。1,899ドルから。

*****

先日、欧州出張の際にエンジン制御の方が使っていたのは、

パナソニックのタフブックでした。

殆ど付属のペンで操作でき、しかも頑丈(パソコンをスクーターのヘルメットボックスに入れてミラノの石畳を半日走行しても大丈夫でした)で名前通り、かなりタフです。

次世代ダイアグは、キーボードはそれほど重要じゃないし、耐久性を考えると、ハードディスクもなくてもいいし、写真のようなマシンもありじゃないかなぁ。

生産計画の上方修正

 【バンコク=財川典男】ヤマハ発動機は26日、2007年におけるインドネシア、タイ、ベトナムの3カ国での二輪車出荷台数を1月に発表した中期計画よりも36万台引き上げて262万台にすることを明らかにした。

 ライバル他社に先駆けて投入したAT(自動変速機=オートマチック・トランスミッション)搭載タイプの売れ行きが好調なためで、04年実績の127万1000台を3年間で倍増することになる。

 ヤマハはこの3カ国を合わせた二輪車市場で、最大手のホンダに次ぐシェアを持つ。中期計画では、07年の3カ国全体の二輪車需要を850万台と想定、そのうち26・6%に当たる226万台の出荷を計画していた。今回の上方修正により、シェアは30%台に乗せることになる。

 同社は、タイの生産拠点「タイ・ヤマハ・モーター」にある「R&D(研究開発)センター」を活用して、排気量100-125ccクラスの二輪車を対象に、現地仕様の無段階AT車開発に注力してきた。3カ国で、AT車を販売しているのは今のところヤマハだけだ。このため、AT車を中心に販売が好調で、05年の3カ国合計の出荷台数は前年比48%増の188万台となる見通し。

 これを受けて、タイ・ヤマハ・モーターは、30億円を投じて生産ラインを再編成。従来40万台だった生産能力を今年中に70万台にまで引き上げる。AT車の生産ラインを増やし、7月からAT車の増産体制をとる。

インドネシアでCFダイカスト

ヤマハ発動機は東南アジアの2輪車生産に、独自開発のアルミフレーム成形技術

「CFアルミダイカスト法」を導入する。

第1弾として、インドネシアで07年に発売する新モデル1車種に採用。

市場の反応を見ながら他国向けにも展開する。

同技術は日本だけで採用していたが、コスト削減や軽量化に効果が大きいと判断し、東南アジアでの商品力向上に生かす。

CFアルミダイカスト法は金型内を真空にしながら最適条件でアルミを注入して成形品への気泡混入を防ぐ技術。

従来のアルミ鋳造や鉄パイプ溶接に比べ、薄肉で大型のアルミ部品が得られる。

同社は02年から一部の2輪車のメーンフレームなどに同工法を採用。

部品点数の削減や軽量化に効果を上げている。

工程が簡略化でき、部品によっては4割以上コストを削減した例もある。

需要増えそうな気がする

amalgam イタリア・モデナ市マラネロ町にあるフェラーリ本社には、

アクセサリー・グッズを販売する直営フェラーリショップがあるのですが、

そこには、数々のミニチュアフェラーリが売られています。

どうやら、イギリスにあるアマルガムというところが作製しているようなのですが、

その精巧さには驚かされます。ま、価格もすごいんですけど。

1/8スケールのフェラーリは約75万円。 1/4スケールもあります。

こんなところにも新技術

日本メタルガスケット(埼玉県熊谷市)は、燃焼ガスやオイルの漏れを面でシールする鉄製のシリンダーヘッドガスケットを開発した。

高い圧力のかかるビード(凹凸)部分にゴムなどのシール材を成形することで、ガスケット本体にかかる面圧を下げられる。

これにより素材をステンレスから鉄に切り替えることができ、耐久性の向上とコスト削減を実現した。

まずヤマハ発動機のバギー向けに出荷を開始、今後4輪車向けも製品化する。

開発した「ラバービードガスケット」は、圧力の集中するビードの周囲だけにゴム製シール材を射出成形したことがポイント。

最近のエンジンは小型化、高性能化が進む一方で、内外で温度差が発生し熱変形が起きやすくなっている。

この熱変形を抑えるため、ガスケットの枚数を増やすことが必要だった。

関西国際空港免税店での会話

PWWpons

店員A : 「なぁ、なぁ、 ポン・ダブルホワイトやんなぁ」

店員B : 「ちがうよぉ、ンズやんかぁ、ポンやとお鍋に使うみたい」

店員A : 「え! ポン?」

店員B : 「ちゃうて、ンズ やて」

(*この後、店員A必死に発音するも、結局最後までアクセント治らず。。。)

日本の玄関、国際空港の免税店で、お客がいるのに、延々とこんな会話が

交わされていました。 私、成田より、関空の方が大好きです。

ロッシレプリカ売ってます

img10411742531 シグナスXもロッシレプリカになってます。

税込み29万8200円 こちら

燃料電池バイク

01 02 英Intelligent Energy社は、燃料電池二輪車「ENV(Emissions Neutral Vehicle)」の発売を検討していると発表した。現在、2006年の発売を目指して、生産する二輪車メーカーと協議中という。価格は6000ドル(約65万円、1ドル=109円換算)程度になる見込みで、生産台数が多くなればもっと安くできるとしている。

ENVは、同社の取り外しできる小型燃料電池ユニット「Core」を搭載したバイクで、1回の水素充てんで4時間航続できる。最高速度は80km/h。Coreは、シューズボックスサイズの小型水素製造機から水素を充てんする。バイクから取り外し、ATV(All Terrain Vehicle)やモーターボートなどにも利用できるという。

ちょっと欲しいかも

yamamoto モロッコに旅行していた友達から、写真をもらいました。

アフリカはまだまだモペットが活躍していますが、

その手前にヤマハのメイト???YAMAMOTOって、、、

たくさん乗れて便利そうですけど。

ロッシにあやかれ!

tzr_rossi YMESスペインでは、TZR50に新しいカラーリングを採用!

欧州でのロッシ人気は相変わらずなので、

このモデルもきっと大人気になるでしょう。

iTunes Music Store、8月国内立ち上げ

Apple ComputerはiTunes Music Store(iTMS)サービスを8月から日本でも提供し始める――日本経済新聞が6月7日、報じた。

 コロムビア・ミュージックエンタテインメント、エイベックス・グループ・ホールディングス、東芝EMIなど主要な日本のレコード会社がiTMSサービスに楽曲を提供することで合意したと同紙は報じている。

 しかし、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)はまだAppleと契約に至っていないという。日本における1曲当たりのダウンロード料金は約150円に設定されると予想されている。

**********

iTunesというソフトを使って、iPodへ曲をダウンロードするという仕組みで、

大人気のアップルですが、日本でも楽曲がダウンロードで買えるとなると、

ますますiPod人気に拍車がかかるかもしれませんね。

アップルが提供するのソフトはどれもそうですが、iTunesというソフトは説明書やヘルプを

参照しなくても、なんとなく使い方が分かり、使うのが楽しくなるソフトで、私も自宅で

iTunesのラジオ機能を使って、色んな曲を流しっぱなしにしたりしてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。