世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに本格的テストに参加

今週行われるバレンシア合同サーキットで、フェラーリ・チームはシューマッハ&マッサのレギュラー・ドライバーに加えてバレンティーノ・ロッシを起用する見込みだ。

これまで複数回、フェラーリでテストを経験しているロッシだが、他のF1ドライバーと同時にトラックを走るのはこれが初めてということになる。
これについてウィリアムズのマーク・ウェバーは英『ロイター』で次のように驚きの声を上げている。

「われわれF1ドライバーと一緒にコースを走ろうというんだから勇気があるじゃないか。
いったいどういうことになるんだか……。
とはいえ、ロッシには間違いなく凄い才能があるね。それは間違いないことだよ。

*****

今までは、体験走行レベルでしたが、ついに本格テストにも参加するようです。 でも万が一ケガでもされたらどうするんでしょう? ライダー契約って結構「しばり」がきついって想像していたんだけど、ヤマハの契約ってF1テストを何度も許すほど甘いものなのかなぁ。。

スポンサーサイト
ロサンゼルスの代行屋さん

オートバイ雑誌を本屋さんで立ち読みしていたら、ロサンゼルスにも車の運転を代行してくれる商売があるようで、早速ウェッブサイトを覗いて見ました。「HOME JAMES」というその会社は、事前に予約しておくと、飲み会やパーティの終わったあとに、超小型のモーターサイクルで現れて、畳んでお客の車のトランクにしまうと、お客さんを乗せて自宅までのせていってくれるのです。超小型のモーターサイクルっていうところが、目新しいですよね。日本の代行さんのように二人必要ないし、・・・しかも運転してくれるのは、いわゆる「イケメン」さんらしいです。(雑誌記事によると) ロサンゼルス在住の方は、一度頼んでみてリポートして欲しいなぁ。。。(割引券くれるかもよ)

それにしても、超小型モーターサイクルとは言え、ガソリンもオイルも入ってるし。。。いっそのこと、EC-02をこの会社に売り込みますか、車体に社名ロゴも入れますよ、とか言って。。

燃料電池キット

大同メタル工業は25日から27日まで東京ビッグサイトで開催の「第2回国際水素・燃料電池展」に、燃料電池自動車キットを展示しているが、それがおじさんたちの間で人気を呼んでいる。

この燃料電池自動車キットは、組み立て可能な燃料電池(PFC-ED2)とミニカーをセットにしたもので、燃料電池の構造がよくわかるようになっている。

そもそもこれは2002年に経済産業省資源エネルギー庁に委託されて作ったキットで、できあがった2500個を全国の小学校に教材として配ったそうだ。いまでも根強い人気があり、「年間500-600台売れている」と同社関係者。

2リットルの水素ガス管で50-70回動かすことができ、1回につき20-30m動く。そして肝心の値段は2万790円(税・送料込み)。燃料電池のことを勉強したいのなら、これはもってこいかもしれない。

106609

*****

大同メタル工業のサイトでは、たくさんの種類の燃料電池模型が完成車だけでなく、部品もラインアップされており、ちょっと驚きました。面白そう。

かぶった?

最近発売されたダイハツのビーゴという車は、Kinki Kidsの堂本剛がTVCMをやっているのですが、そこに使われているコピーは、「ゴツかわいい」・・・・・。

あれ? 今度ヤマハから発売する新しいスクーターのコピーとかぶってないか???確か、「ゴツゆる」・・・・。

ちなみに、ダイハツのTVCMを作っている広告代理店は電通でした。おいおい車名の「ビーゴ」といい、コピーといい、もしかして確信犯?

be-go_img_001 NCB_TMS12_001_B

中野真矢がNHKに出演

月曜深夜にNHKで放送している「英語でしゃべらナイト」という番組は、毎回違ったゲストが出演して英語との関わりを楽しく語ってくれる番組なのですが、次週の放送ではMOTO GPライダーの中野真矢が登場します。 

彼とは1999年に世界GP 250ccに参戦した頃からの知り合いですが、持ち前の明るさと好奇心で英語もどんどん上達して、ここ数年はバルセロナに住んでいるので、もしかするとスペイン語もマスターしているかもしれません。

1月30日(月) 午後11:15放送です。 お見逃しなく!(Don’t miss it!!)

ローカルネタ:静岡在住の方々には、「パチンコパーラー・タイホー」のTVCMでおなじみのお笑いコンビ「パックンマックン」の片方、パトリック・ハーランは、NHKのこの番組でも活躍してます。。。。

nakano

2005年インドネシア市場

インドネシアの2005年の二輪車販売台数は前年比30%増の507万台となり、初めて500万台を突破した。ホンダなど日系メーカー3社がほぼ市場を独占、中国、インドに次ぐ世界3位の巨大市場になった。しかし、昨年10月に政府がガソリン価格を大幅に引き上げ、ローン金利も上昇したため、06年の市場は伸び悩みそうだ。

 メーカー別のシェアはホンダが52%、ヤマハ発動機が24%、スズキが21%。各社とも生産を増強したが、昨年末には流通在庫が拡大、一部メーカーでは生産調整を実施した。

MOTO GPテスト

MOTO GPの新しいカラーリングが発表されています。

pic_yamaha_team

豪勢ですね

スズキは1月下旬から2月にかけ、中国とインドで販売店会議を開く。優れた販売実績の販売店の代表者ら計4000人を招待し、スズキの海外展開を見てもらう。海外での開催は初めて。ダイハツ工業とのシェア争いが正念場を迎えるスズキにとって販売店の士気を高める狙いがありそうだ。

 チャーター機を往復させ、中国とインドにそれぞれ2000人を招待。スズキの現地工場や販売現場を視察した後、販売店会議を開催する。

楽しそう

群馬・榛名湖で「氷上ゴーカート」

 群馬県榛名湖で人気を集めているのは、氷で覆われた湖面をツルツルと滑りながら走る「氷上ゴーカート」です。

 50ccのエンジンを搭載し最高速度は時速35キロ、車体が低くスピード感は十分です。

 免許は不要という事で、子どもから大人までスリル満点の氷上ドライブを楽しんでいました。

car

*****

「頭文字D」はここから生まれる?

COMME des GARCONS

コムデギャルソンがローリングストーンズを大胆に採用。 添付の写真は去年のパリコレクションですが、春物の商品がお店に並んでるっすいやぁ、ここまでやるとかっこいいや。 2003年にバルセロナでローリングストーンズワールドツアーを観ました。 オリンピックスタジアムでアリーナ席は椅子はもちろんなく、エリアも区切ってなくて、無法地帯と化していました。 確か夜の10時スタートのはずが、1時間近く遅れて始まったし、(終わったのは夜中の1時過ぎ!) 花火はドカンドカン上がるし、アリーナ席でビールは売ってるし、コンサートの途中から周囲の観客は変なにおいのするタバコを自分で巻いて、吸い始めるし・・・・気持ちのいいくらい典型的なロックンロールショーでした。

COMM01 COMM02 COMM03

ビアッジの就活

ホンダとの仲が悪くなり、スポンサーのキャメルにも見放され、失業寸前のマックス・ビアッジですが、なんだかF1のテストにもぐりこんでいるようです。 個人的にはスーパーバイクで気合の入った走りを見せて欲しいのですが、どうなることでしょう。。。。

d0026278_01650100

IM事業

ヤマハ発動機は18日から開催されている「インターネプコンワールドジャパン2006」(20日まで、東京ビッグサイト)に自慢の電子部品表面実装機を展示し、PR活動に懸命になっていた。

表面実装機は同社のIMカンパニーが手がけているが、傍流事業ということもあり、「広報もわれわれの事業について詳しく知らない」(ヤマハ発動機の表面実装機担当者)そうで、社内の知名度が低い。

しかし、ヤマハの表面実装機は世界的に有名になっており、いまやその分野で世界ナンバーワンを狙うところまできているという。「長い間細々とやってきたんですが、一昨年あたりからブレークして、台数ベースでは1位なんです」(同)とのことだ。そして、利益率についても高く、同社の中では一番になっている。

105173

トヨタがバンコクで情報発信拠点

トヨタ自動車はバンコクに若者向けの新しい情報発信拠点「ザ・スタイル・バイ・トヨタ」=写真=を開設した。喫茶やイベントスペースのほか、パソコンで遊びながら最新技術などを学べる設備を用意。若者のブランドイメージ向上につなげる。

 バンコク随一の繁華街「サイアム・スクエア」で2億バーツ(6億円弱)を投じ、床面積1000平方メートルの4階建てビルを建設した。通りに面した壁面いっぱいに200平方メートルものLED(発光ダイオード)スクリーンを設置、ファッションやデザイン、芸術関連の書籍もそろえた。

 この拠点での車両販売はしない。主に17―25歳の若者向けに最先端のイメージをアピールする。tb

*****

バンコクへの出張者は是非、取材をしてきて欲しい。。。

インドのスズキ

スズキは13日、インドで二輪車販売を再開すると発表した。74%出資する現地子会社、スズキ・モーターサイクル・インディアが12月に生産を開始。3月初めに販売を始める。当初1年間で10万台の販売を目指す。スズキは過去に現地メーカーとの合弁で二輪車事業を展開していたが、2004年に販売を停止していた。インドの04年二輪車生産台数は前の年に比べ20%増の630万台で、中国に次ぎ世界第2位。

ベトナムの勢い

都市部でのバイク登録を1人1台までとする制限が昨年12月に解除されたことを受けて、ヤマハ・モーター・ベトナムやホンダ・ベトナムなどバイク各社の販売が急速に伸びている。

 ヤマハの12月の販売台数は約3万5,000台で、単月では通年で最高を記録した。これにより、昨年の同社の販売台数は、前年比18%増の約24万台に達した。

 ヤマハは今月、排気量135ccのスポーツバイク「エキサイター(Exciter)」を新たに発売し、現在の需要増による販売拡大を期待している。価格は2,750万ドン(1,730米ドル)~2,890万ドンだ。

 ホンダ・ベトナムも12月の販売台数は6万7,100台で、単月では通年で最高を記録した。規制解除に先立って11月に発売したウェーブ・アルファ(Wave Alfa、1,290万ドン)、12月下旬発売のフューチャー・ネオ(Future Neo、2,250万ドン)の売れ行きが共に好調で、12月末までにウェーブ・アルファは4万6,000台、フューチャー・ネオは7,500台を販売した。ホンダの昨年の販売台数は約61万7,000台で、今年は約25%増の77万台を見込んでいる。同社では、「1人1台規制解除の好影響だけでなく、ベトナムの経済成長に伴う購買力の上昇をバックグランドとして伸びが期待できる」としている。

 台湾の光陽工業(KYMCO)と地場のホアラム(Hoa Lam)・モーターとの合弁会社、ホアラム・キムコでも、昨年の販売台数は前年に比べて2.5~3倍増加しているという。台湾系VMEPの昨年の販売台数は約18万台。今年は約40%増の25万台が目標だ。

 ■ヤマハ部品工場、今月完成

 ヤマハは現地生産体制を強化するため、ハノイ市タンロン工業団地で1年近く前から部品工場の建設を進めている。投資額は4,000万米ドル余りで、今月中に完成する予定。ベトナムへのヤマハの投資額は8,000万米ドルに達しており、今年さらに50%の増資を行なう予定だという。将来的には、部品の現地調達率を90%へ引き上げる計画だ。

 同社は販売面でも力を入れており、9日にはホーチミン市フーニュアン区グエンバンチョイ通りに大型ショールーム「ヤマハ・タウン」を開設した。10日付サイゴンタイムズが報じた。

サービスというお仕事

この仕事に就いてもう15年以上経ちますが、未だに自分の仕事を他人に説明するのが難しいです。メカニックをやっていた頃は簡単だったのですが、おしりが平たくなるくらいデスクワークばかりの昨今は、やっぱり説明が難しいです。先日小学一年生の娘に お父さんは、会社でどんな仕事をしているのか と聞かれ、かなり説明に手間取りました。 果たして私は15年以上もどんな仕事をしてきたのか?? 自問自答を繰り返しています。

さて、スペインのバルセロナで新しい命が誕生しました。彼女が父親の仕事を尋ねるようになる頃、彼女の父親はしっかり答えられるかなぁ。。。なべパパ がんばれ。

mano Special thanks : Nabe-chan from Barcelona

MOTO GPメインスポンサー

ヤマハは9日、JTインターナショナル(日本たばこ産業株式会社の海外子会社。以下JTI)と06年のMotoGP活動に関して合意に達したことを発表。キャメルがヤマハ・ファクトリーのメインスポンサーとなる。

チーム名は、キャメル・ヤマハ・チーム。バレンティーノ・ロッシとコーリン・エドワーズが同チームから参戦する。

*****

・・・・・うーん、また タバコか。。。。

VWは3輪で

若手デザイナー2人の共作によるVWの提案は、バイクとクロスオーバー、さらにそれらの中間に位置するクルマ、『GX3』である。前が2輪、後ろが1輪の3輪車で、全長3753mm、幅1850mm、高さ1210mmのコンパクトサイズの2シーター。

*****

各社から参考出品されている3輪モデルはどれも結構スタイリッシュでかっこいいなぁ。

103656 103782

BMWの白バイ

BMWモトラッド(同社二輪車部門)は、新型『R1200RT』をベースにした警察・警護隊向け仕様車を、今年3月から全世界に向けて販売する。

新型R1200RT警察車両には旧型(『R1150RT』ベース)に比べて、特筆すべき改良が加わっている。27リットルの大型燃料タンクを装備。1速ギア比を小さくし低速安定性をさらに重視することによって、パレードなど長時間歩く速度にあわせるスピードもかなりやりやすくなった。リアサスペンションも市販車より強化されている。

また、警察車両として欠かせない新型高性能のデジタルディスプレイ速度計を2台搭載。ワンプッシュでその時点の速度を正確に確認することができる。緊急時のサイレンには、トーンシーケンスシステムを採用し、音量が4dbAも増加した。また、新たに「ライト解除」オプションを用意。エンジンがかかっている状態でもヘッドライトを消し、長時間待機のバッテリー消耗を防ぐ。

ヒートグリップ、シートヒーター、盗難防止用警告システムなど市販車と同様のオプションのほか、特殊用途専用の乗車したまま片手で鍵を使わずに上部を開けられるトップケースなども用意されている。

BMWモトラッドは1920年後半から警察向け特殊車両の製造を開始し、75年以上の実績がある。70年代以降には世界146カ国で10万台以上が販売された。警察車両はベルリン工場の特殊車専用の組立ラインで生産されている。現在の最大の顧客は、ドイツ、フランス、スペイン、イギリスだ。

*****

ヤマハのFJRは果たして勝てるか?

103656

映画の中のヤマハ車

オーシャンズ12という、二匹目のドジョウを狙って見事に失敗した駄作がありますが、(前評判にだまされてDVD買いました。)ここにT-MAXが登場しています。しかもここに出てくるT-MAXはイタリアの典型的なユーザーが乗っています。映画の展開からいくと、たまたまではなく、仕込みで登場していますが、半キャップに黒いサングラス、スーツにネクタイ姿の格好は(ミラノでもたくさん見ましたが、)まさにイタリアでT-MAXを指名買いしている代表的なユーザー像です。

さて次期T-MAXは、このユーザーを満足させられるか。。。

12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。