世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かめはめ波

「かめはめ波」は将来とっても使えるようになりたい技のひとつですが、確かドラえもんのポケットの中にも空気砲っていうのがあったような気がします。写真のおもちゃでそれが実現しているなんて・・・すごい。 ちなみに製造元のサイトでは、現在売り切れ中とのこと。

Air_1

スポンサーサイト
飛行機の立ち席?

「立ち席」の旅客機を、エアバス・インダストリーズ社(本社フランス・トゥールーズ)が研究中だ。厳密にいうと、駅や公園で見かける、寄りかかりながらも自分の足で立つ「簡易腰かけ」に似たシートが設置される。もちろん離着陸時用にベルトも備えられる。

これによって、シートピッチを従来のエコノミークラスの約75cmから、一気に62.5cmまで縮めることが可能という。飛行時間1-2時間の路線で、エコノミークラスの一部をこの「立ち席」にすることにより、輸送効率アップとひいては運賃の低減を実現できる。

現在のところ、このアイディアを採用したエアラインはない。だが、「原油価格が1バレル80ドルに達するのは時間の問題」といわれる今、密かに導入を検討している航空会社もあるのではないだろうか。

また、乗客にとっても狭いピッチの従来のエコノミー席よりも体の動きがとれ、緊急時の避難も素早いかとも想像できる。

いっそのこと、駆け込み搭乗OKで、吊り革につかまって乗れる飛行機ができれば、これまた気軽かもしれない。いや、ここまできたら「お座敷飛行機」もぜひ開発してほしいものだ。

*****

まじ?

BMW子供用自転車

BMWジャパンは、子供の成長に合わせてペダルの取り外しが可能な子供用自転車『BMWキッズバイク』のデザインを一新し、4月26日から予約注文の受付を開始する。納品は6月より順次行い、価格は4万5150円。

新しくなったBMWキッズバイクは、ブルーとシルバーを基調としたシックなデザインで、BMWの乗用車と同じくBMW DesignworksUSAがデザインし、「EUROBIKE AWARD 2005」と「Product design award 2006」を受賞している。

さらに、フレーム中央部とハンドルパッドに小物入れを追加し、子供たちの荷物を収納も可能となった。

*****

未来顧客の囲い込みの一種といえば、やや穿った見方かもしれませんが、BMWの子供用自転車を購入するのはBMWの自動車を所有している親ですから、小さい時にブランドを刷り込まれると、将来BMWのオートバイや自動車購入に繋がっていくのかもしれませんね。うちも子供用ATV、オフMCはありますが、子供用自転車もいいかもね。

Bmw1

夜間レースの可能性

ここ数年、世界中のサーキットでレースが開催されるようになり、インターネットの普及も伴って、時差を飛び越え、ライブでスポーツ中継をユーザーに届けるようになってきました。大勢の視聴者の時間帯に合わせて、夜にレースを興行するとどうなるのだろう?という実験が検討され始めているようです。カタールのLosailサーキットで夜間コースに照明をつけて、走行時の安全性を確認しようと、バレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、ケニー・ロバーツの3人のライダーが市販車両に乗ってサーキットをテスト走行しました。カピロッシは照明がもっと充実すれば、レースも可能だろう、っと語ったようです。夜かぁ。。。ま、耐久レースなんかは夜も走るから、いいかもしれないけど、あまりにも興行が優先されているようで、ちょっと腑に落ちないなぁ。。。

詳しくは、こちら。

Ro1 Ro2

WAKIZASHI

フランスのMC雑誌モトレビューに出ていた広告です。街中で意味不明な日本語Tシャツをみるかと思えば、ここまできてるのね・・・。

Wakizashi Special Thanks : Tetsu Inoue from Amsterdam

(全文引用)

新種の乗り物

オーストラリアからまた不思議な乗り物が紹介されています。80ccのエンジンをスケボーの真ん中に積み、前後の無限軌道で悪路もどんどん進みます。「Scarpar」という名ですが、サイトを見る限り、まだ完全な商品化まではされていないような。。。「Scarpar」をクリックして、ちょっと下のほうに動画があります。画面中央の△マークをクリックしてください。動画を見る限りは、結構面白そう。

S

付記:動画はYouTubeにもアップされているようです。YouTubeは今世界中でかなり人気の動画専門サイトです。YouTubeでエアバスA380が組み立てられるまでを7分間に余りに縮めた動画を見ましたが、なかなか面白かったです。 「The Making of A380」 プラモじゃなくて、本物だよ。

A380

この夏のおすすめ

もうご存知の方も多いかもしれませんが、この夏のお勧め映画「CARS」。個人的には、ジョニー・デップの「Pirates of the Caribbean」も見逃せません。

Cars

一目で分かるデータ分析

自分でまとめたデータ分析結果を分かりやすく人に伝えることはかなり難しく、さらにそれを一目で分かるようにするのは、至難の技である、と日頃感じている方も多いでしょう。そんな時は、全く分野の異なるデータ分析方法を参考にすると案外突破口が見つかるかもしれません。The Hive Groupのサイトは世界各国の人口、国土面積、人口密度などを視覚的、色覚的にうまく見せています。クレーム分析にも応用できる方法ですよね。

Map

フレームはプレス成型

元ピニンファリーナのチーフスタイリスト、レオナルド・フィオラバンティによるデザイんの自転車が、今年中にもイタリアのメーカーで量産開始される見込みだ。フィオラヴァンティ本人が語ったもので、生産されるのは、昨年9月のミラノ国際サイクルショーで発表した「チクレオ」。

チクレオ最大の特徴は、プレス成型されたフレームである。従来の自転車は、いまだチューブを溶接するという、いわぱ手作りに近いかたちで生産されている。しかしチクレオでは、フレームをプレスで成型することで、生産をより工業レベルに引き上げ、人件費の削減、ひいてはコスト低減に繋げる。

111856 *****

自転車のフレームをプレス成型で作るアイデアは昔からあったのでしょうが、普通に作ると野暮ったくなるところを、さすが、元ピニンファリーナ、シンプルで素敵な形にまとめてきています。次期のPASのフレームにいかがでしょう?

GT-R

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、ニューヨーク・モーターショー(2006 New York International Auto Show、一般公開日:2006年4月14~23日)で次期「GT-R」の販売チャンネルおよび発売時期を明らかにした。

 それによると、販売チャンネルは米国を含むGT-Rを投入するすべての市場において、日産チャンネルとなる。また、2007年の東京モーターショーで量産モデルを公開し、日本では2007年秋から、米国およびカナダでは2008年春から販売を開始することも明らかにした。

001_1 *****

日産の社長が明言するということは、本気だ、と世間に納得させる力があるから、すごいですよね。 ここの社長ほどコミットメント(Commitment)という単語がぴったりくる人もいないのでは?

WTGPの影響?

トヨタ、「サービス技術コンクール」の開催概要を発表。内容を大幅見直し

1967年から実施されており、今年で27回。従来の『総合車両競技』『ボデーおよびペイント競技』の2競技から、『故障診断競技』、『メンテナンス競技』、『ボデー競技』、『ペイント競技』の4競技に変更され、販売店での実際の業務により即した競技内容に。本年はトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を対象としており、来年は、トヨペット店ならびにネッツ店を対象とし、以降、隔年で交互に実施する予定。

*****

ようやく、トヨタも気付いたようですね、うちより3年遅れてるね。

詳しくは、こちら

ハーツ別注

April 12, 2006 In a throwback to the famed Shelby GT350H "Rent-A-Racer" program from the 1960s, Ford Motor Company, Shelby Automobiles and The Hertz Corporation are partnering to produce a special run of performance-modified Ford Mustang GTs ? designated Shelby GT-H, for "Hertz" ? that will be available for rent later this spring exclusively through Hertz. Approximately 500 units will be available through the Hertz Fun Collection at select airport locations Arizona, California, Colorado, Florida, Hawaii, Massachusetts, Nevada, Oregon and Washington. Weeehahhh!

シェルビーバージョンのフォードマスタングGT350HがレンタカーのHertz向けにスペシャルバージョンを作製し、この春から主要飛行場でレンタルできるそうです。かっこいい!

Car

SUZUKI BURGMAN

スズキイタリアがBURGMAN400のプロモーション「Mr.BURGMAN」に、イタリアサッカー界の有名人、アレッサンドロ・デル・ピエーロを起用しています。プロモーション用のサイトは、なかなか動きがあって楽しいサイトになっています。

Burg

ヤマハベトナムの生産計画

ヤマハモーターベトナム(YMV)はこのほど、計画投資省や工業省など関連省庁に対して、4,300万米ドルの追加投資の申請を行った。同投資によってバイクの年間生産能力を現在の50万台から70万台へと40%引き上げ、市場シェアの拡大に注力する考えだ。

申請には、1998年1月に認可を受けた事業期間40年を、10年延長して50年とすることも含まれている。追加投資が認められれば、同社の資本金は現在の8,030万米ドルから1億2,330万米ドルへと1.5倍に拡大する。

ヤマハベトナムによると、この1~3月期(第1四半期)のバイクの販売台数は10万台弱で、昨年同期比で70%以上の高い伸びを記録した。昨年末のバイクの「1人1台規制」の緩和の好影響が大きく、同社では「ハノイやホーチミン市の大都市だけでなく、全国各地でシリウスやジュピター、ヌーボなどあらゆる車種の販売が伸びた」と説明している。通年の目標販売台数30万台の3分の1を第1四半期でクリアした計算だが、「ライバルメーカー各社がニューモデルを展開するとみられ、現在の好調が通年で続くとは考えられない」として、同目標は据え置く方針。市場シェアは現在の22~23%を、年内に25%に引き上げることを目指す。

■部品工場は7月本格稼働

同社がエンジン部品の現地調達率向上を目的に設立した、ハノイ市タンロン工業団地の部品工場は、今年7月から本格的な生産体制に入る見通しだ。すでに、今年2月よりテスト出荷を行っている。

年間の生産能力は100万個、生産額は30億~40億円を予定している。製品の60~70%をヤマハベトナムで使用し、残りを日本のヤマハ発動機本社に送る。これによって、ヤマハベトナムの現地調達率は、各車種の平均で約78%へと大幅に向上する。将来的には90%を目指している。

米国ガソリン事情

米欧石油大手が米国内で販売するガソリンにエタノールを混合することを決めた。大気汚染対策のために混ぜていたMTBE(メチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)は水質汚染の原因になる危険性が認識され、使用制限の動きが全米に広がっているため。米エネルギー省はエタノールの需給逼迫(ひっぱく)を招き、ガソリン高騰につながると懸念を強めている。

 米エクソンモービル、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、米製油所最大手バレロ・エナジーは5月初旬までに、MTBE混合を中止し、エタノール混入に切り替える。MTBEはエンジン内のガソリン燃焼を助け大気汚染を減らす効果があり、米国では1990年からガソリンに混合されるようになった。ところが地中に漏れると深刻な水質汚染を引き起こす可能性が判明。ニューヨーク州、コネティカット州が使用を禁止し、他州も追随し始めた。

都市の渋滞対策

英国ロンドンで実施されているのと同様の渋滞課金は、さまざまな都市で導入されている。そしてスウェーデンのストックホルム市では、ロンドンよりも大きな成果をあげているという。

ロンドンでは渋滞課金の導入後、交通量が15%減少したのに対し、ストックホルムでは25%も減少したという。また徴収する金額も、ロンドンが1台1日あたり8ポンド(1600円)であるのに対し、ストックホルムでは26クローネ(400円)ですむ。

ストックホルムでは、ドライバーの情報を記録したICチップを搭載したカードを無料で配布し、バックミラーの裏に装着してもらう。課金エリアに入る時にこのカードのデータを読みとり、毎月、銀行口座から引き落とす、徴収漏れの少ないシステムだ。コンビニなどで渋滞課金を支払わなければならないロンドンに比べると低いコストで徴収できるという。

ロンドンもストックホルムも、課金エリアに入る自動車の台数は1日あたり10万5000台と、ほぼ同じ。ロンドン市当局もストックホルムと同じようなシステムを導入することを検討中という。

*****

世界中で似たような仕組みが増えていくような気がするなぁ。。

ストーンズが上海へ機材262トン

4都市での日本公演を名古屋で終えたロックバンド、ローリング・ストーンズの舞台機材の一部が6日朝、中部国際空港(愛知県常滑市)から次の公演先である中国・上海へ送り出された。機材は計262トン。チャーターした貨物専用のジャンボ機3機で、7日まで順次、運び出される。

 5日夜のナゴヤドーム公演の後、アンプやスピーカー、照明などの機材は、10トントラック38台に積まれ、6日未明、中部空港に運び込まれた。通関を終え、外国人スタッフ25人を含む40人が次々と荷造りし、上海へ向かう1機目にまず約100トンを満載した。

 2機目は6日夜、3機目は7日夜にそれぞれ、上海の次の公演があるシドニーへ向かうという。担当する通関業者は「これだけの量をたった2日で送り出すのは中部では初めてではないか。空輸以外にも、船で送り出す機材がコンテナ50個分ある」と話す。

*****

以前7トンの機材を日本と欧州で往復させましたが、262トン・・・・・信じられない。

こんな機材を持って世界中を移動するってちょっと魅力的な仕事に見えます・・・でも下の写真、午前3時とかの風景らしいです。。。やっぱり過酷だわ。

1 2

ロッシのエアゲージ

このエアゲージ欲しいっ!

Air

Newアウディ TT

復活した日産フェアレディZのデザインにも影響を与えたアウディTTクーペがモデルチェンジしてます。これまで独特のフロントデザインだったのが、他のアウディデザインの流れに沿った形になっていますね。

Tt1 Tt2

スピードスキー

何がどうスペースエイジ(宇宙時代)なのかわからんのですが、オーストリアのスキーチャンピオンのハリー・エッガーさんが世界で一番早いスキーヤーになろうとしているらしい。
エッガーさんによると、彼はこのハイテクカーボンスーツを着て時速155マイル(約時速250km)もの速度を出そうとしているそうです。このスーツは4万2千ポンド(840万円)もの費用をかけてコンピューターを使って開発され、この風洞システムはF1チームのSauberも使用しているそうです。ちなみこのスーツは止まるときはパラシュートを使って止まるらしい。

*****

スポンサーはこの手の冒険野郎をサポートするのは得意中の得意なレッドブルです。ちょっと昔にヤマハのGPチームスポンサーをしていたので、知っている人も多いと思いますが、アクエリアスやポカリスエットと同じスポーツドリンクを製造・販売している会社で、一説には原価がめちゃめちゃ安いので、ぼろ儲けで笑いが止まらないみたい。。。

しっかしこのスキースーツは、鉄人28号並みのロボット度合いですね。

554160

MACでWINDOWSを

AppleがCPUにIntelを採用し始めてから、ウワサが絶えなかった「MACでWINDOWSを走らせる」ですが、ついにAppleから正式にサポートされるようです。詳しくはこちら

Appleから提供されるソフトをIntelプロセッサーを採用しているMACにダウンロードすると(WINDOWS XPはもちろん必要ですが) 起動時にMACで立ち上げるか、WINDOWS XPで立ち上げるかを選べるというものです。

1993年に海外サービスでMacintosh llci に出会って以来のMACファンの私は、LAN回線のまだなかった社内にApple Talkを使って課内にローカルネットワークを構築し、MITファイルを共有化するなど、言葉では簡単に書いていますが、悪戦苦闘の日々をノブ・カネコさんと過ごしました・・・(遠い目) Power Book520を持っていました。。。。

しばらくAppleから遠ざかっている私ですが、このニュースは久々にMacintoshをまた使ってみようかな、と思わせるお知らせです。

Ap

悩みは同じ

JAF(日本自動車連盟)は2005年4月1日から二輪車のロードサービスを始め、06年2月末までの実施件数は3万4932件になった。月別で最多は8月の4100件、出動理由の1位は「過放電バッテリー(バッテリー上がり)」。

「バッテリー上がり」の件数は6742件(全体の19.3%)、次いで「タイヤのパンク」が3968件、「キー閉じ込み」が3944件(11.3%)。二輪車での「キー閉じ込み」はシートの下などの収納スペースにキーを入れたまま閉めてしまうケースで、不注意や点検不足などライダー起因の救援内容が上位に。

同時期、四輪車ロードサービスの出動件数は271万4741件、出動理由の1位は「バッテリー上がり」。

アロンソの仕事場

以前はピットの天井近くにぶら下げてあったラップタイム確認用モニターが、最近ではどんどんドライバーに近づいてきて、ついには、コックピットの目の前に専用モニターが設置されるようになりました。今年も好調なF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソもチームカラーに塗装された専用モニターで、ラップタイムを確認・・・おいおい、自分のテレビ写りを気にしてるのかよ? モニター前に置かれたテレビのリモコンがなんだか場違いで笑えます。 そのうちリモコンが行方不明になるよ、きっと。

Alo

LEDヘッドライト

大手ランプメーカー各社はSAE2006(米自動車技術会総会と展示会、会期:2006年4月3~6日)で、LEDヘッドランプの実用化への見通しや市場動向について発表した。

 オランダPhilips社によると、LEDヘッドランプが欧州で認可されるのは早ければ2007年の第3四半期(7月~9月)になる見込みだが、検証段階で専門家による評価が遅れれば2008年の第1四半期(1月~3月)にずれ込むことになるとの見通しを示した。

 一方の米Visteon社は、米国と欧州の両方のユーザー調査のデータを基に、米国のユーザーがLEDヘッドランプに大きな期待を寄せているとの見方を示した。

 Visteon社が発表した調査によると、米国のユーザーは欧州のユーザーよりもLEDヘッドランプに対する期待が高いほか、LEDヘッドランプならではの斬新なデザインを求めているという。ただし、米国ユーザーは、ハロゲンやHIDなどの既存のランプからのコストアップについては「喜ばしくない」と考えているという。

BMW F800S

ドイツBMW社の2輪車部門は,排気量798mLの2輪車「F800S」「同ST」を発表する。並列2気筒エンジン向けに,量産の2輪車としては世界初の振動軽減機構を持つのが特徴。錘(おもり)を円弧運動させることで1次振動,1次振動を打ち消す。4サイクルの並列2気筒エンジンは等間隔爆発にするためには両方の気筒を360°間隔に爆発させる必要がある。4サイクルだから両方のピストンピンは同じ位置になる。ピストン,コンロッドといった質量の大きな部品が2気筒分同じように往復運動するため,1次振動が出る。普通はその質量と釣り合わせるためにクランク軸に錘を取り付けて回す。これは「往復運動を回転運動で釣り合わせる」ため,上下方向以外の振動成分が残る。新機構は,釣り合わせる錘を上下運動させる。クランク軸上,両方のピストンを動かすピンの中間に第3のピンを設ける(図2)。側面図で見ると4ベアリングの3気筒エンジンのようなクランク軸になる。ただし,3気筒エンジンのピンが120°間隔の3カ所にあるのに対して,新機構はピストンにつながる二つのクランクピンは同じ位相にあり,中央のクランクピンはそれらと180°離れた反対側にある。中央のクランクピンから下に伸びたコンロッドに錘を取り付ける。錘にはもう一つ,ほぼ直交する向きに別の長いコンロッドを取り付け,その反対側は変速機をまたいだ遠い場所に固定する。

 こうすると,ピストンやコンロッドが下がる時に錘が上がる動きになり,1次振動を減らすことができる。ただし,錘は上下運動はするが,完全な直線運動ではなく円弧運動であるため,この差の成分が加振力として残る。

 さらにこの機構は2次振動も減らせる。擬似的に水平対向エンジンを縦に置いたような配置であるため,向かい合ったピストンと錘の動きが2次振動を打ち消す方向に働く。

 エンジンは,オーストリアのエンジン専門メーカーであるBombardier Rotax社の協力を得てBMW社が開発,設計した。エンジン製造もBombardier Rotax社が担当し,ベルリンにあるBMW社の2輪車組み立てラインに送る。1気筒あたり4個の弁を持ち,最高出力は62.5kW(85PS)/8000rpm,最大トルクは86Nm/5800rpmを発生する。乾燥重量は182kg。

001  002

*****

量産二輪車で世界初、とニュースではなっていますが、T-MAXのクランク機構とどう違うんだろう??

ESPNの企業広告

スポーツ専門チャンネルESPNがブラジルで展開している広告。 「サッカーはどこで見ても楽しいですが、ESPNだともっと楽しい」 だそうです。数年前、オランダの空港で同じように便器にサッカーゴールが設置してあるのに遭遇しました。ちょっと用を足すのが楽しかったです。

Soccer_urinal

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。