世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡日産 夜型営業へ

自動車ディーラーの静岡日産自動車(静岡市、加藤和彦社長)は、3年内をメドに県内全31店舗で営業時間を3―4時間延長、午後10時までの夜間営業を始める。従来の訪問販売主体の営業手法から店頭販売重視へと方針を転換。全国的に新車販売が低迷するなか、仕事帰りのサラリーマンなどの需要を取り込むことで、販売強化を狙う。

 手始めに29日に開店する千代田店(静岡市、店舗面積約870平方メートル)の営業終了時間を午後10時に設定。来年3月までに静岡中部地区で4店舗(うち2店舗は静岡市内で検討)、東部地区で2店舗程度の営業時間を延長する方針だ。夜間営業に踏み切った店舗から営業手法を切り替え、店頭重視の戦略を採る。

*****

夜働く代わりに、日本もラテンの国みたいに、お昼休み3時間くらい取ればいいのに。

スポンサーサイト
取説の印刷ミス

ホンダは、米国で販売した自動車と二輪車のマニュアルで連邦安全当局への連絡方法に関する情報に印刷ミスがあったとして、2006、07年型乗用車とトラック、二輪車合わせて119万台の所有者に訂正情報を掲載したはがきを来月初めから送付する。   

米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)がウェブサイトに28日掲載した資料によれば、ホンダからNHTSAに対してマニュアルに間違いが見つかったと申告があった。印刷ミスがあったマニュアルは、06年型の「アコード」や「シビック」、07年型の「フィット」のなどのもの。   

ホンダの広報担当(デトロイト在勤)、デービッド・イイダ氏は、印刷ミスは「意図的なものではなく、われわれはできるだけ早急に訂正する」と述べた。同氏は、安全上の問題を当局に報告するための電話番号の地域コードに誤りがあったとしている。

*****

間違いを正すのはもちろん良いことですが、訂正規模がどんどん大きくなりすぎているような気がして、ちょっと怖い気がします。

HONDA PSi 125

ホンダの欧州向け新しい125ccスクーターです。 ピアジオのデザインの流れをうまくホンダ流に処理して、一般のイタリア人にとっても受けそうな外観に仕上がってるような気がします。価格も3050ユーロでお手軽価格。前後13インチホイールでもちろんFIです。リヤがドラムブレーキなのがややネガティブな印象ですが、全体の品質感は3000ユーロには見えない感じ。。。売れそうです。

1319_1

鈴鹿8耐 2006

20年前に鈴鹿の8耐を初めて見て、10年前に初めてチームの端っこに加えていただき、芳賀・コーリン組の優勝を見届け、そして今年は、上海でインターネットで8耐観戦。。。まぁ、技術ってすごいなぁ。。。勝てるとよかったんだけど。なかなか思い通りには行かないですね。

8h

DeLonghi Gina Collection

イタリアのおしゃれ家電メーカーのデロンギから、優しいニューコレクションが発表されています。ジーナコレクションと名づけられたそれは、クリーム色で素敵な仕上がりです。1950年代のイタリア女優から名前を取ったそうですが、日本でジーナと言えば、「紅の豚」に出演されていた、ホテル・アドリアーナのジーナでしょ。

De

新バッテリーの製品化

東芝は07年夏にも急速充電が可能なリチウムイオン電池を商品化する。同電池は充放電を1000回以上繰り返しても容量を99%近く維持するなどのサイクル特性や、低温下でも機能低下しない温度特性に優れているのが特徴。05年3月に試作品を完成し、自動車メーカーなどにサンプル出荷していた。このほど実用化に目途がついたと判断し、07年夏は一般産業用向けに出荷することを決めた。

 商品化するリチウムイオン電池は05年に試作品を発表。当初「06年中の製品化を目指す」としていた。現在、社内カンパニーの産業システム社や研究開発部門などが実用化に向け、重電機器や自動車関連メーカーなどと商品化に向けた仕様などの詳細を詰めている。07年に出荷することで、このほど一部ユーザーと合意した模様。

 同社によると同リチウムイオン電池は通常の30―40倍の速度で充電が可能。サイクル性は2000回の充放電を行っても97%の容量を維持。

*****

05年の3月に「今朝のニュース」で紹介した東芝の新しいバッテリーがいよいよ商品化されるようです。このところガソリンも高騰を続けているから、追い風商品ですよね。

Bt

カワサキ Versys 650

この秋、欧州でのモーターショーでデビューするようです。ツインエンジンっぽいですね。マフラーの処理とか全体のまとまりとか、最近のカワサキはデザインの方向性を変えてきているのかなぁ。

01

城島

米大リーグ、マリナーズの城島健司捕手の挑戦は、言葉の壁をどう乗り越えるかという面でも注目されているが、24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、城島が果敢なプレーでギャップを埋めていると紹介した。

中継ぎの左腕シェリルは「英語はブロークンだが、肩が早く開いているとか、しっかり指摘してくる。それに(城島の)サインに首を振ったのは2回しかない。これはすごいことだ」と証言。 抑えのプッツは、会話はすしを注文するようなものだという。「たくさん専門用語があって、その中から適切なものを使えばいい」

5月19日のパドレス戦で、城島はイチロー外野手からの送球を受け、走者の体当たりに1回転しながらもボールを離さなかった。ハーグローブ監督は、あのプレーがナインからの信頼を確固たるものにしたと分析した。

味方だけでなく、相手選手に話し掛けることも。ヤンキース戦で、打席に入ったロドリゲス内野手に何事かささやいた。意味が分からなかったロドリゲスは球審の方を見ると「ズボンの前のチャックが開いていると言ってるよ」と教えてくれたという。 この話を城島に確認すると「それも打撃スタイルの一つなのか、とロドリゲスに聞いたら、2人で大笑いになったよ」。

*****

こんな風に外国語を話せるといいなぁ。。。。最近ホテル暮らしが長くなり、部屋にいるときはNHK BSばかり見ているので、メジャーリーグを見る機会が増えました。

タイの市場状況

APホンダがまとめた上半期のタイ国内自動二輪車販売台数は前年同期比9%増の112万7125台だった。オートマチック(AT)車が急増し、全体の33%を占めた。  

メーカー別ではホンダが1%減の71万2523台、AT車が好調なヤマハが72%増の25万5987台、スズキが17%増の13万422台。地場系タイガーは69%減の1万1347台、カワサキは47%減の6883台、マレーシア系JRDは23%減の3571台と不調だった。

*****

モデル別台数を見ると、ヌーボよりMioがヤマハの主流になっていることが分かりますね。あれ?T135がランクインしていないのは、なぜだろう?ホンダがまとめている資料だから?排気量クラスが違うから? いずれにしてもアジアのAT車はどんどん主流になっていくことは間違いなさそう。 ネタ元はここ

At

上海映画事情

Eiga1 トム・クルーズを最初に映画館で見たのは、「トップ・ガン」だったか「ハスラー2」だったか忘れてしまいましたが、ま、ビリヤードは練習したし、フライトジャケットも買いました。さて、今回は「ミッション・インポシブル3」です。上海で映画を見るのは初めてなので、まずはチケット買うところからチャレンジです。大きなショッピングビルの中に映画館も入っていて、「スーパーマン」と「M・I・3」と他にもなんかやってましたが、電光掲示板を見ると一番都合の良い時間だったので、「M・I・3」にしました(ちなみに英語音声・中国語字幕)。他の中国人の後ろに並んでチケットを買う順番を待ち、窓口の方になんとか英語も通じました。全席指定で、その場で画面を見て空席をチェックし、好きな席を選べます。80元でした。(昼より夜のほうが安い価格設定になっていました)この映画を見た方はご存知かも知れませんが、映画の後半は上海でのロケシーンが多く登場します。しかもロケ地は見ていた映画館のすぐそばなので、そのシーンになったときの観客のざわめきがなんか面白かったです。(きっと、「あ!あそこだ!」とか言ってるのでしょうね)館内の席も綺麗で、日本と全く変わりません。ま、問題は英語のセリフが聞き取れるほど私の英語力がないことだけです。

上海ロケのシーンはトム・クルーズが高層ビルの屋上から別のビルにワイヤを使って振り子のように飛び移るのですが、着地したビルの屋根が傾斜していて、滑り落ちていき、あわやというぎりぎりで止まるという設定です。・・・もしかして「カリオストロの城」見たのかなぁ、、トム・クルーズも。。。

Eiga2

雪でも砂でも泥でも

2006年のミシュランデザインコンテストに応募された作品で、ドイツ人がデザインしたそうです。ラバーコーティングされた樹脂のジョイントを77個並べてスノーモービルのトラックのようにつなげてあります。自動車の金属製CVTをちょっとイメージさせますよね。スペックによると、60馬力の水冷500ccの短気筒エンジンを搭載し、二人乗りで、この特殊なトラックのおかげで雪でも砂の上でも泥の中でも走破できるそうです。一番興味のある曲がり方ですが、ハンドルを操作すると、トラックラインが曲げられて曲がれるようです。どんな感じなのかとっても乗ってみたい。

詳しくはこちら

Hyanide_main_485

MC用のGPS

ハンディタイプのGPSでは定評のあるGarminからオートバイに装着するタイプのGPSが出てくるようです。目新しいのは、3.5インチの大型液晶スクリーンでタッチパネル採用、グローブをした左手でも操作可能になっています。全米の地図がプリインストールされ、GPS機能はもちろん、Bluetooth通信を使った電話機能、MP3プレイヤー、オプションでリアルタイム渋滞情報も入手できます。詳しくはこちらのサイトで。

あ、試作品が取り付けてあるオートバイは、もしかして、ウォリアーじゃないですか?

今週末に行われるUSラブナセカでのMOTO GPでGarminもブースを出して試作の展示を行うようです。ターン2とターン3の間、#77番ブースですので、ラグナセカに行かれる方はチェックしてみてください。

Zumo1 Zumo2 Zumo3 Zumo4

ホンダのフィリピン政策

 二輪車の組み立て・販売を手掛けるホンダ・フィリピンは19日、既に稼動しているバタンガス州の新工場の開所式を行い、2010年までに国内市場のみで100万台の販売目標を達成することに、あらためて自信を示した。

 式典には、池添和彦社長をはじめとする同社関係者のほか、ホンダ本社の福井威夫社長とアジア・大洋州本部長を務める大山龍寛常務取締役。フィリピン政府からはアロヨ大統領とフィリピン経済区庁(PEZA)のデリマ長官が出席した。
 
 池添社長は演説で、前任の大山康弘社長のころから続いて、業務用のトライシクルから個人向けソロモデルに商品展開が進んだことで、国内の二輪車販売が順調に拡大している状況を説明。今年度の目標である40万台、さらには2010年の100万台達成は可能と自信を述べた。その上で、販売台数だけではなく、品質と顧客満足度の引き上げも同時に図っていく考えを強調した。
 
 同社長がこの日、NNAに明らかにしたところでは、顧客満足度を引き上げるための具体策として、新たに同社独自の評価基準を設け、全国にある販売店を査定していくという。こうした手法は既に日本やタイで実践済みで、成果を挙げている。販売店の数も、現在の430店舗から2010年には730店舗に増やす計画だ。
 
 また同社が目標に掲げる販売台数100万台は、あくまで国内市場に限定したもので、今後期待される輸出向けは含まれていないという。池添社長は、「生産台数を上げ価格競争力がついてから輸出に乗り出したい」と述べている。

マンホール鉄ふた用滑り止め

友鉄ランド(広島市安佐北区)は、「マンホール鉄蓋(ふた)用滑り止めシート ホットシール工法」を開発した。マンホールなど道路上の鉄蓋を滑りにくくするもの。25日から大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる「下水道展06大阪」に出展する。

 ホットシール工法はロジングリップ(天然の松ヤニ)を鉄蓋に溶着し、スリップや転倒を防止する仕組み。車両通過時の音も軽減できるという。

*****

この季節特にオートバイで濡れたマンホールの上で「ひゃり」とした人も多いはず。今までなかったのが不思議なくらい、朗報ですね。

製品紹介 自走します

中国の沿海部では人口がどんどん増えて、交通事情も世界のほかの国々の例に漏れず大渋滞を引き起こしています。オートバイもたくさん走っていたのですが、あまりに増えすぎたために、新規のナンバーを交付しない都市も増えています。オートバイを買いにくくなった人々のための新しい脚が、電動自転車です。PASのようにアシスト機能がついてるのもありますが、ハンドルにアクセルがついており、自走します。速度は20km/h~30km/h程度で、街中でたくさん見かけかなり快適そうです。が、モーターで動いているので、無音で背後から迫ってこられると、やや不気味です。ヤマハの新型はスリムでおしゃれなタイプです。

Sany0103 Sany0104

私はまだ会ってません

Shima そーか、ついに島耕作は常務にまでなっていたのですね。コクヨのプロモーションに登場するとはね。

セントレアでの食事

自宅から近い以上に空港全体がコンパクトでお店が充実しているセントレア空港がかなり気に入っているのですが、いつも出国手続き前に軽く食事をとります。スターバックスでスコーンを食べることが多かったのですが、この前は、栗原はるみプロデュースのお店に入ってモーニングセットを頼んでみました。ま、モーニングセットはどこで頼んでも一緒だな、と(900円は少し高かった)。そして今回は「Soup Stock Tokyo」というスープ専門店でクラムチャウダとパンのセットを頼んでみました。(760円) なかなかおいしかったです。成田空港(第1ターミナル)にもあるようなので、出発前の軽い食事に是非利用してみてください。

Soup

上海にもあります

世界中に展開している北欧の家具チェーン店「IKEA」は日本にも最近出店していますが、上海にもあります。世界中でまったく同じコンセプトで店舗設計と品揃えを行っているところはなかなかすごいです。ほとんど一歩通行の店内、部屋ごとに「IKEA」の商品を使ってディスプレイし、お客がリビング、寝室、キッチン、子供部屋と、家中を巡って自分の家の改装イメージを沸かせるようになっています。値段は欧州よりちょっと安いかな程度ですので、中国の人々にはかなり高いのでは? でも他国の客層と上海も全く同じで、子供やおばぁちゃん達もいっしょの家族連れか、若いカップルが目立ちます。(店内レストランのメニューも同じでしたよ。IKEAのミートボール食べたことある人いるでしょ?)

家具って、その国の趣味や傾向がかなり反映される商材だと思っていたのですが、世界的なヴィジュアルアイデンティ戦略で成功している「IKEA」はなかなか面白いビジネスを展開していますね。同じように世界中に展開している大型スーパーマーケットの「カルフール」はもちろん上海にもあります。日本では失敗したようですが、上海ではどうなのか、今度実際に訪問して調べてみたいと思います。

そうそう、上海のIKEAがほかと異なっているのは、店内にディスプレイされているいすだのソファだのベットに、お客さんがめちゃめちゃ座ってくつろいでいることです。

Ikea1 Ikea2 Ilkea3

GPマシンがオークションに

2005年ロリス・カピロッシが乗ってマレーシアGPで優勝したドカティGP5をなんとオークションに出品するそうです! 7月21-23日に行われるラグナセカのUSGPにあわせてホテルでオークションが行われます。昨年モデルとはいえ、MOTO GPマシンをオークションに出すなんて、、、すごいなぁ。いったいいくらで落札されるのやら。

くわしくはこちら

Do

シュレッダーはさみ

ホームセンターで300円くらいで手回し式手動のシュレッダーを買ったら、3回目くらいで壊れてしまいました。こんな原始的なシュレッダーの方がかえって実用的かもね。カード会社からの利用明細とかアマゾンに届けてもらった時の伝票とか、一般家庭でも結構シュレッダーって欲しいときがありますよね。 ご購入はこちら
11 12

お勉強 ボッシュとアスクル

教育というと、なんとなく堅苦しい感じがしますが、コンサルタントというと、なんか言葉の響きも変わってきますよね。部品メーカー大手のボッシュは、自動車ディーラー系でない整備工場への検査・整備機器販売だけでなく・ノウハウを指導するコンサルタントを始めたようです。電子化が進んでいる自動車業界では、故障診断用の分析機器がないと、どこが故障しているかも分かりませんし、そういった機器を導入しても使い方が分からなければ、やはり宝の持ち腐れになってしまいます。メーカー系列の販路ではメーカーから設備機器導入の指導なり、教育がされるのでしょうが、ボッシュのような部品メーカーが取り組み始めたところに脅威すら感じます。私見ですが、将来の自動車完成車メーカーはそのうち、DENSOやボッシュに追い越されて、開発を行わない単なるアセンブリー工場になってしまうのではないかと危惧しています。オートバイメーカーもヒトゴトではありませんね。

さて、アスクルですが、このビジネスモデルを考えた人は相当頭がいいですね。ま、詳細は添付のテキストを読んでもらうと良いのですが、私が面白いと感じるのは、先日会社でアスクルから文房具をまとめ買いして、支払いを個人が立て替えているという話を聞き、どうして会社で取引契約を結ばないのか?と聞いたところ、うちの会社にはすでに文房具の業者さんが入っているので、安いからといって簡単には新規取引契約できないのだそうです。・・・この話が本当だとすると、ま、そんなことを言っている会社のコストはいつまでたっても下がらずに、新規ビジネスモデルを考え出した会社にやられてしまうような気がします。

ま、堅い話はおいておいたとしても、アスクルのカタログは一見の価値十分にアリです。めちゃめちゃ面白いです。会社で文房具を選定し発注するのは、女性が多いと思うのですが、アスクルのカタログを作っている人はその男女比を確実に意識した作りにしていますね。

長文ですが、たまにはマーケティングの勉強もいいかも。

「bosh_askul.txt」をダウンロード

補修部品供給

アルプス電気は車載電装事業部において、映像を活用した技能伝承に取り組む。生産が終了した自動車のサービスパーツの供給量は年に数回の発注しかなく、1回の発注量も数十個にとどまることが多い。過去のサービスパーツを製造するために作業手順書を毎回読み解くには時間がかかる。そこで作業工程を映像に収め、テロップ文字を入れることで作業手順を容易に理解できるようにする。すでに一部のサービスパーツで映像化を始めており、現在扱っている1000強のアイテムすべてに広げていく考えだ。

 自動車部品メーカーは、自動車の販売から15―20年の長期間にわたってサービスパーツを供給する契約を自動車メーカーと結んでいる。生産を終了した車種のサービスパーツは生産量が少なくなり、サービスパーツによっては年に1回程度しか生産しない部品もある。そのため同社では長期にわたって部品の製造方法をどう伝承していくかが課題となっていた。

*****

生産の終了した製品の補修部品供給はどこの会社も頭を痛めている問題ですね。

宝探し

ジョニーデップの最新映画「パイレーツオブザカリビアン」にボルボが協賛していて、本物の宝探しゲームをプロモーションに取り入れています。サイトの情報によると、世界のどこかにボルボXC90が隠してあり、それを見つけ出した人にプレゼント(というか、お宝車を獲得できる)というものです。まずはボルボのショールームへ行き、宝の地図とパスワードをもらって、サイトからアクセスすると、ヒントがもらえるというもの。すごい手が凝ってます。

映画とのタイアップでかなり面白いつくりのサイトですので、一見の価値ありです。

世界のどこかに隠されているXC90はV8エンジンとのことですので、そうです、ヤマハエンジン搭載車ですね。これは。

Black Black2

Black3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。