世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顧客サービスということ

 下の写真は名古屋のセントレア空港チェックインカウンターです。どこの空港でもチェックインは時間が掛かるので、出来るならあまり並びたくない列の一つです。最近は複数のカウンターに対してフォーク型に並ぶので、「あ、隣の窓口のほうが早かった!」と悔しい思いをすることはかなり減りましたが、この写真は、なぜか全てのカウンターの業務が一時中断され、係員からなんの説明もないままに20分が過ぎようかとしている時間帯に撮影したものです。

 いくら長い行列に並んでいても、少しづつでも進んでいれば、顧客側の不満はそう積もるものではありませんが、それまで順調だった作業が急にストップし、窓口の女性はキーを叩くのをやめ、所在なさそうに目の前の顧客と話したり、一部の係員は何処かに電話を掛けてややあせっている様子。その状況を少しはなれた場所で待たされながら眺めていた我々は、10分を過ぎた頃からイライラの伝染が急速に広がっていきました。

 状況の説明もなしに何もしないままで待たされるのは、10分くらいが顧客の限界だな、と客観的に見ていた私は、航空会社のスタッフに興味を持って観察していました。

 1) リーダーの不在: 誰がその場の責任者なのか顧客に分からない状態で、これでは顧客側も誰に状況を聞いてよいのか分からない。
 2) スタッフの連携不足: 窓口のスタッフはそれぞれあまり中断を気にする様子もなく、目の前の顧客と会話したりしている。その様子を見ているしかないこちら側の感情など少しも気にしていない様子。
 3)アナウンス不足: 「OOOの理由でチェックインが中断しております。申し訳ありませんが、あと10分ほどお待ち下さい。」という一言で我々は救われるのに、それが出来ずただ待たされるだけ。たとえ10分で解決できなくとも、言い切ることが必要でしょう。

 中断が10分以上にも及び、情報も無いままにフォークの柄の部分で待たされている大多数の顧客にイライラが伝染している雰囲気を感じ取るアンテナも失くしてしまっているのでしょうか。中断の途中で、あるスタッフが気を利かせて「お待たせして申し訳ありません、もう少々お待ちください、お客様の中でお荷物にネームタグをまだつけておられない方はいらっしゃいませんか?」と航空会社のネームタグを配って回りはじめました。これはイライラを少し解消する意味でもなかなか良い対応でしたが、どんな理由であとどのくらい、という具体的な説明はありませんでした。ただ「申し訳ありません、少々お待ち下さい。」の繰り返しでは、ちっとも顧客のイライラは解消されないことをなかなか分かってもらえないようです。航空会社の地上係員はまさしく顧客サービスが仕事なのに、顧客がどうして欲しいかちょっと勘違いしているようです。

 トラブルを早く解消するのは、もちろんですが、その前にトラブルの説明をして顧客に現状を理解してもらい、対応までの時間を知らせることで顧客の不安を取り除く、このことが一番大切だと思うのですが。。。と偉そうに書いてはみたものの、自分の仕事にも大きく言えることだなぁ、となんだか打った球がUターンしてこちらに向かってきたような心境になりました。



スポンサーサイト
車にも絵文字でコミュニケーション

 ウィンカー操作で後続車に「ありがとう」を伝えるのは、日本での運転マナーになっていますが、ウィンカーのような1Bitの情報ではなく、いっそのこと絵文字で表現できるようにしたのが、この商品です。吸盤でリアガラスに貼り付け、ワイヤレスのリモコンで色々な表情の絵文字が表現できます。お値段は3000円程度です。

 買ってみようと思った方はこちらまで



ロッシのブーツ

 ロッシは長年ダイネーゼのツナギやブーツを愛用していますが、セパンでのテストでは写真のようなブーツを使ってます。(・・・毛皮かよ)



ホイールチェアもバックフリップ
 すごいなぁ、なんでもバックフリップしちゃうんですね。

Moto GPテスト 動画ニュース
 MotoGPテストの様子が放映されたテレビニュースです。800ccの排気音を初めて聞きましたが、ちょっと甲高い感じがしますね。

1000馬力のオートバイ
 ロンドンのモーターショーでお披露目される写真のオートバイは1000馬力だそうです。ここまでくると二輪である必要もなさそうですが、まぁ、すごい迫力ですね。ラジエターの大きさが目を引きますね。

bike.jpgbike2.jpg

スカイプ・アウトが新料金になりました

 インターネットを使った通信で有名なSkype(スカイプ)は、スカイプ同士ならば世界中誰とでも無料で電話やチャットが可能です。同じようなサービスは他にもありますが、スカイプはなかなか使い勝手が良いです。使い始めてかなり経ちますが、日本以外の回線速度の遅い地域でも結構安定した会話ができます。(台湾の地震の影響で、中国はまだインターネット回線が込み合っている状態が続いていますが、<下り実行300kbs前後>音声通話も、ウェッブカムを使ったテレビ電話もあまりストレスなく使えています。)

 スカイプのサービスの中で、スカイプアウトというのは、パソコンから世界中の一般電話に電話が出来るサービスです。さすがにこれは有料ですが、最近発表された新しい料金体系では、月定額2ユーロ(最近のレートだと300円強)で、あとは通話1回ごとの接続料が約5円払うだけで世界中どこへ掛けようとも同じ料金になるようです。

 海外に住んでいる方で、日本への電話代が気になる方は、一度試してみてはどうでしょう?海外出張時にも結構便利に使えますよ。

 テレビ会議に経費投入するのもいいですが、何気ない日ごろのコミュニケーションにスカイプでテレビ電話というのはいかがでしょう?

 新しいスカイプ・アウトのお知らせはこちら

skype.jpg

Moto GPテスト始まる

 マレーシアのセパンでMotoGPのテストが始まりました。ヤマハのマシンには未だにメインスポンサーカラーなしです。ロッシは黒地に黄色の音叉マーク、コーリンは赤いカラーリングで登場です。(コーリンのヘルメットのカラーリングなんか妙だよ)

 どうやら主要なチームでメインスポンサーが決まっていないのは、ヤマハだけのようです。
交渉が難航しているのか、それともタイミングを計っているのか、どうなんでしょうね。


5.jpg

テレフォニカがヤマハのスポンサーに?

 釣り記事のようなタイトルで申し訳ありません。19日付のCrash.netでそんな記事を見つけたので、少し紹介。。。F1もMotoGPもタバコスポンサーがなくなっていくことで、スポンサーの大変革が起きているわけですが、その中でスペインの巨大通信会社テレフォニカ・モビスターの動向が注目されています。F1でルノー+フェルナンド・アロンソをスポンサーし続けていたテレフォニカは、アロンソがマクラーレン・メルセデスに移籍したことで、ルノーをスポンサーする意味が希薄になってきています。アロンソ個人を応援しようにもマクラーレンは今シーズ、ライバル通信会社のボーダフォンと手を組んでいますから、それもできません。ルノーの方はドライバーが刷新され、チャンピオン争いをするほどのチームではなさそうな雰囲気。

 F1での露出が期待できないのであれば、もう一方のMotoGPはどうか? これまでテレフォニカ・モビスターが長年面倒を見てきたスペイン人ライダー ダニー・ペドロサは、すっかり成長して、いまや若手有望ワークス・ホンダライダーです。さらにワークスホンダを長年サポートしているのは、やはりスペインの巨大石油企業レプソルで、ペドロサの車体にテレフォニカのロゴを貼る面積は非常に小さいと思われます。

 そこで、ヤマハ説浮上ってストーリーのようです。ヤマハは昨年タバコスポンサーと組みましたが、チャンピオンは獲れず、バレンティーノも今年はその雪辱に燃えているし、チームとしてもチャンピオンに返り咲く可能性は高いです。テレフォニカにとっても媒体への露出は満足できるものでしょう。

 と、まぁ、消去法でヤマハしか残ってないような記事の書き方ですが、ヤマハもそろそろ長く付き合える、しっかりしたスポンサーを見つける時期じゃないでしょうか。

 Crash.netの元記事はこちら

 crash.jpg

インドでもスクーター

 日刊工業新聞の記事で、ホンダがインドの女性客をターゲットにしたスクーター導入に言及しています。これまでインドでは小型MCがほとんどだという認識でしたが、経済成長に伴って、働く女性が増え、移動手段としてスクーター需要が増えるだろうとのことです。

ホンダはインドでスクーターの販売を強化する。狙うのは女性層。インドでは経済発展に伴って女性の社会進出が進んでおり、通勤で使うスクーター需要が今後、急成長するとみられる。そこで同社は、女性を意識した軽量で扱いやすく、デザイン性を高めたスクーターを順次投入。現地販売店では女性が2輪車を買いやすい環境づくりに努め、市場の取り込みを図る。

 元記事はこちら

DUCATI GP7 プレス発表

 毎年恒例になりつつある、DUCATIのプレス向けスキーミーティングですが、今年もイタリアのスキーリゾートで開かれ、07年シーズンのMOTO GPで戦うGP7がプレス発表されています。エースのロリス・カピロッシは健在、今年は期待の若手ケーシー・ストーナーが新加入です。

 さて、ヤマハのチーム発表は今年はどこでやるのかな?


20070118132521.jpg

ブレンボのリヤ・ブレーキ・マスター

 ワールドスーパーバイクのテストがオーストラリアのフィリップ・アイランドで行われていました。どこかのチームで使われていた見慣れないリヤブレーキマスターの写真を見つけました。

 それにしても、ブレンボはスペシャルパーツを作らせたら、いつもかっこ良いの作りますね。品質保証的にみると、むき出しスプリングにモノが挟まったら、リヤブレーキ効かないよ! で終わってしまうところですが、マスターとリザーバタンクの一体型でいい感じです。



未来のワークショップ
 F1の各チームでは、07モデルのお披露目が始まっています。トヨタはインターネット中継で、マクラーレンは夜のバレンシアの一般道を走らせて、そしてフェラーリはいつものようにマラネロで。

 新車ニュースは他の専門サイトの方がたくさん露出しているので、ここではフェラーリの写真に注目してみたいと思います。車ではなくて、ワークショップについて。

 下の写真を見ても分かるように、フェラーリの新車は本社近くのミュージアム特別展示室でも、テストコースでもなく、ワークショップに置かれています。車を取り囲むように並べられた低いツールボックス、奥側は作業台になっていてここには滑り止めのマット。エアツールと電源?もあり、排気ダクトは天井からぶら下がっています。汚れをふき取るペーパータオルも見えますね。スポンサーカラーに左右させることなく、清潔感のある白、グレーのメイン配色で、企業イメージの赤は控えめに、でもしっかりアクセントになっています。壁にホワイトボードが掛かっているあたりが、実務で使っているスペースだなと思わせます。

 オートバイのワークショップもレースとか販売店とか関わらず、こうありたいですね。やはり目指すなら一番上を目標に。。。参考までにトヨタF1のワークショップ写真も載せておきます。

132821.jpg132822.jpgl_7009633.jpg


上海の地下鉄

 これまでにも何度か取り上げた上海の地下鉄ですが、よく乗る人には交通カードというプリペイド式のカードがあります。30元でカードを買って、あとは窓口やコンビニでお金をカードにデポジットできる仕組みで、駅の自動改札もカードをかざすだけで通れます。タクシーでも使えるので非常に便利です。

 さて、写真は地下鉄内で、PSP(プレイ・ステーション・ポータブル)を熱心に操っているローカルの方ですが、ちょっと気になって、何をしているのかな?と画面をそっとのぞいたら、なんと「太鼓の達人」をやってらっしゃいました。。。。



A4の紙で簡単にCDケースを作る方法

 透明なCDケースって結構邪魔なので、スピンドルパックという10枚20枚まとめたケースなしのCDーRやDVD-Rを買う人も多いのではないでしょうか? でも焼いてあげたCDを友達にちょっと贈るときなど、ケースが欲しくなるときがありますよね。A4の紙一枚で簡単にケースを作る方法が紹介されていました。これならCD記録面の傷を心配しないで友達に渡せそうです。

 作り方のサイトはこちら

 余談:作り方サイトは英語です。英語で折り紙のステップを説明するのって難しいですね。文章読んでもさっぱり分かりませんでした。ま、写真つきなのでそれを見れば簡単に作れます。是非試してみてください。



スクーター アート

 モンスターズインクやカーズなどのアニメーションで知られるPIXAR社のタイトルアニメーションは机で使うライトを擬人化し、親子で登場させていますが、スクーターを擬人化させるとこんな感じになるのでしょうか。スクーターは樹脂カウルで覆われているぶん、擬人化しやすいかもしれないですね。 そっか、ヤマハのスクーターばかりが登場するアニメーション映画を製作したら、ブランドイメージアップになるかも。

 007の映画に出てくる小道具はほとんど全てが企業とのタイアップで、ソニーエリクソンの携帯で電話し、パソコンはバイオだったりするのですが、(ウィル・スミス主演のアイロボットという映画ではアウディが全面的にタイアップしてましたね) 小道具ばかりじゃちょっとあざといので、いっそのこと・・・・悪者のホルヘ・ラシェラスにだまされたマジェスティ父さんを助けるために、幼いビーノが世界中を旅して、働き者のYBRに助けられたり、陽気なベガRと友達になったり、マッチョなMT-01に守られたり、の冒険活劇を繰り広げるっていうアニメはどうよ?チョイ役の声優はロッシにお願いしてさ。。。。 やばいな、将来は映画プロデューサーになるか??




 

ヘルメットアート

 オートバイ用のヘルメットだって立派なアートになる?

helmet.jpghelmet2.jpg

カセットの音源をデジタルに
 カセットテープの音源をデジタルにできたらなぁ、と以前から考えていたのですが、タワー型PCに組み込めるデバイスが売ってるんですね。これを使えばカセットテープの音をPCから流せるようにしたり、MP3に変換もできるようです。

 引き出しのどっかにある、「中島みゆきのオールナイトニッポン最終回」なんていうかなりマニアックな音源もMP3に変換できちゃったりするんですね。。。この機械欲しいな。

 今は品切れのようですが、欲しい方はこちら

deck_1.jpgdeck_3.jpg

アップルの新製品 iPhone

 プレゼンテーションという言葉の意味は「それを聞いている観衆へのプレゼントの意味である。」と何かの本に書いてありましたが、アップルのCEO スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションほど、この言葉が似合うものもないと思います。

 すでにニュースやネットなどでご存知の方も多いと思いますが、「アップル・コンピューター」は会社名を「アップル」に変更し、iPhoneというとても魅力的な新製品を発表しています。一度はライブで聞いてみたいスティーブ・ジョブズのプレゼ概要はここサイトで。自社の新商品を魅力的に語る方法や、その資料の見せ方など、参考にできるポイントはいくつもありそうです。

apple.jpg apple2.jpg

F1の新車発表会
 トヨタが来年F1で使用する新車TF107の発表会をインターネットで生中継するようです。

トヨタのF1サイトはこちら

top_newcar_jp.jpg
中国的人事 (その3)
 ネットで応募したので、もちろんネットでエントリーシートが送られてくる。何通か返信があり、現地スタッフが事前に会ってセレクトした人を何人かを面接することになった。第二次面接というわけでもないが、わざわざ2時間掛けて上海まで出てくるという。一通り質問した後、聞いてみた。
けびん:「もし採用になったら、住まいはどうするの?」
女性A:「上海で住むところを探します。それまでは友達の部屋に泊めてもらいます。」
それほどまでして、上海で仕事をしたいのか、、、、結局その女性を採用した。
年末に数日出社してもらって、その間に歓迎会も開いたりした。
中国は旧正月を祝うので、1月1日はそれほど重要ではない。会社は土日を入れて計5日間ほど休みがあった。1月最初の仕事の日、現地スタッフが報告に来た。
「彼女、辞めました。」。。。。
うーん、中国で最初に採用した人は3日しか持ちませんでした。
さて、この先どうなるやら。 <とりあえず、おわり>
中国的人事 (その2)
 世界的に見てどうやら女性の方がしっかり丁寧な仕事をする傾向が強いようです。イタリアでは女性が製造ラインでエンジンを組み立てていますし、アメリカの秘書の女性は呼ばれると必ずメモとペンを持って颯爽と現れます。日本でも女性スタッフがいないと、紙一枚、お金10円、海外へ送ったり受取ったりできないのですから。
中国も例外ではないようで、スタッフ募集の際には、「女性の方がよく働くから」と女性中心に募集を掛けました。「できれば可愛い子がいいな」というあたりも、世界共通でしょうか。さて、どんな方が面接にくることやら。<つづく>
サイクルサウンズ休刊

 オートバイ雑誌として24年余りの歴史を持つサイクルサウンズが休刊を発表しています。レースを中心にした紙面作りだったので速報性が重要なところですが、インターネットの即時性には打ち勝てなかったのでしょうか。しっかり取材した雑誌記事が読めなくなるのは残念です。

cs.jpg

中国的人事 (その1)
 ある男性スタッフが退職した。退職理由は「自分の性格はきついので、販売店との電話対応は性格に合わない」だそうだ。彼はこの会社に来る前は人民解放軍で工作員をやってたとか。。(おいおい。)
 早速、補充人員を募集することになった。うちのスタッフは中国版Yahooの掲示板に給料など条件を入力し募集を開始した。。。(そんな簡単な方法なんだ。
 さて、どんな人が来るやら。<つづく>
ホーバーバイク
 エンジンでファンを回して車体を浮き上がらせ、水上でも陸上でも自由自在に走れるのがホーバークラフトですが、なんだかとってもお手軽に操縦できそうなホーバーバイクを作った人がいます。水上走行ができるかどうか不明ですが、陸上での操縦は面白そうです。遊園地で見かけるどっちに進むか検討のつかないゴーカートに似てません?

うなずける写真

 自分で撮影した写真ではありませんが、ここに住んでいるとこんな感じの写真を見つけても、「あー、あるかも」って妙に納得してしまいます。

carcarcar.jpg
 

プジョーデザインコンテスト

 4回目を迎えたプジョー・デザイン・コンテストに応募された作品です。どれもゆっくり見てみたい楽しそうな乗り物ばかりです。

デザインコンテストのサイトはこちら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。