世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マットデーモン、ヤマハ車に乗る
 先にポストしたマットデーモンの新作映画関連を調べていたら、思わぬところでYAMAHA車を見つけました。マットデーモンが跨っているのは、ヤマハのスペイン工場で製造されているCS50 JOGです。おそらく映画のロケ地モロッコで撮影されたと思うのですが、映画のシーンに登場するのか、ロケ地の移動車なのかは分かりません。もう一枚の写真を良く見ると、手前のオフ車もヤマハ(空冷DT125??)、奥のスクーターはMBKで製造しているBWSだと思われます。(モロッコってヤマハシェア高いの?)

 映画に登場したらいいのになぁ、、、ちなみにこのJOGという50ccスクーターはエンジンが空冷と水冷の2種類あり、イタリアに次ぐスクーターの大市場スペインでのTOPセールスモデルです。

4127_still_21_f.jpg4127_still_24_f.jpg

スポンサーサイト
Bourne Ultimatum この夏公開

 マットデーモン主演のアクション映画「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」は私の大好きな映画作品の一つですが、2007年夏に公開される新作の予告編動画を見つけました。2部、3部と制作されるシリーズ映画はだんだん面白くなくなることがよくありますが、このシリーズは期待できます。




「航空券の名前は確認しょう」運動 その2

 飛行機に乗る直前、搭乗口でパスポートとボーディングパスと乗客の顔が一致しているかチェックしています。


シャルル・ド・ゴール空港 エアフランス
係員 「??あなたの名前はTOSHIOなの?」
けびん「いいえ、違います」
係員 「TOSHIOって誰?」
けびん「さぁ、知りません」


シャルル・ド・ゴール空港 エアフランス(別の便)
係員 「あなた名前が違うわよ」
けびん「ええ、旅行会社が発券するときに間違ってね。。」
係員 「航空会社の係員に問い合わせて」
けびん「え?」
係員 「このままでは飛行機に乗れないわ」
(わざわざボーディングゲートまで戻る)
けびん「名前が違うとだめなの?(しらじらしい)」
係員 「旅行会社が間違ったんだろ?」
けびん「そう」
係員 「んじゃ、名前変更しておくよ」
けびん「ありがと」


スペインのチェックインカウンターでも。。。
係員 「このチケットでは発券できません」
けびん「ここまでこのチケットで欧州回ってきたからいいでしょ」
係員 「そうねぇ、あとは上海に帰るだけね」
けびん「そう」(ここで別のスタッフに相談)
係員 「チケットの名前がパスポートと違うのよ」(スペイン語)
係員B「だめね、発券できないわね、規則だもの」(スペイン語)
係員 「ヨーロッパから出るだけだけど」(スペイン語)
係員B「だめでしょ」
(私はNOと言ったわよ、あとはあなたの判断ね、といった雰囲気を残して何処かへ消えた)


・・・こうしてなんとか飛行機に乗せてもらえて、無事に帰ってきました。
みなさん、航空券予約はパスポート表記で、発券後はちゃんと名前を確認しましょう。

b.jpeg

東京モーターサイクルショーの試乗

 東京ビックサイトで30日に開幕した東京モーターサイクルショーでは試乗コーナーが設けられていて、中でも一番人気はピアジオの3輪車MP3だそうです。

 確かに乗ってみたくなる構造をしていますよね、パリのシャンゼリゼ大通りで2、3台走っているのを見かけました。信号待ちで足を出さなくてもよいので楽そうでした。

東京モーターサイクルショーの記事はこちら



「航空券の名前は確認しょう」運動 その1

 仕事柄、他人の海外出張アレンジをすることが多かったのですが、いつも最初にお願いしていたことは、「必ずパスポートと同じ表記で航空券を申し込むこと」でした。たとえば太田さんや伊藤さんという名前はローマ字で書くと時々パスポートと違う表記になってしまって、そのまま航空券が発券されると、他人名義の航空券とみなされ、最悪搭乗できないケースがあるからです。

 よもや自分のチケットの名前が間違って発券されるとは。。。。(いまどき赤カーボン紙の航空券かよっという突っ込みはスルー方向で) 上海のチェックインでボーディングパスを受取った瞬間に気付きました。「あ、チケットの名前が違う。。。」 すでに時遅しです。今回の出張は4カ国訪問8回も飛行機に乗らなければなりません。名字は正しいのですが、名前は 「TOSHIO」 誰やねん!って言うくらい親から授かった名前と違います。まぁ、この先、航空会社と揉めること必至。

 さて、その結果は?  次号を待て!



こんなに小さいプロジェクター

 TI(テキサス・インストルメンツ)が開発した携帯電話にも組み込めるプロジェクター。文字通り「手のひらサイズ」です。携帯に組み込むより、ノートPCに組み込んで「どこでもプレゼ」できるようになるといいのになぁ。消費電力が気になりますね。

 3Dのレイア姫を映し出して、「オビワンケノービ、あなただけが頼りです」とスターウォーズごっこできそう。。。

元記事はこちら(英語)


projector.jpgprojector2.jpg



Peugeot 207 CC
 フランス車のTVCMを取り上げることが多いような気がする。

エラーへの対応方法

 本書で取り上げている事例は原発事故やビル倒壊などの大惨事の発生原因とその対応方法などを取り上げていますが、下のリンクにある書評にもあるようにもっと身近なエラーなどにもそのまま当てはまります。

 海外に住んでいるために面白そうな本がすぐに買えなくて歯がゆい思いをしていますが、この本はなんとか手元に取り寄せたい一冊です。(アマゾンの買い物カゴにはすでに入ってますけど)リンクを読んでいただけると、日ごろの仕事と重なる部分が多いと思います。まとめだけを孫引きすると、


  • 原則1 : 情報を集める場所と、判断する場所を、物理的に分ける

  • 原則2 : 重大な問題が発生したとき、メンバーをどのタイミングで休ませるか? を最初に考える

  • 原則3 : トラブルの原因を探す/被害を最小限する/プロジェクト目標へ軌道を戻す目的を分ける

  • 原則4 : 「外の目」を取り入れる

  • 原則5 : 現場を責めるな!

  • 書評のリンクはこちら




    コンコルドを見た

     フランスのシャルル・ド・ゴール空港に引退したコンコルドの実機が展示されていました。この空港はターミナルと滑走路間の移動距離が長く構造も複雑で、そばに一般の道路も通っていたりしているので、飾られたコンコルドもふと見ると離陸寸前のように見えます。(わざとそういう風に展示しているんでしょうけど)

     動いているコンコルドはちらっとしか見たことがありませんが、こうして展示されたのを見ると、予想していたよりかなり機体が小さいです。


    concorde.jpg

    エアーフランスのサービスが心配

     今に始まったことではありませんが、エアーフランスのサービスが悪くなる一方のような気がします。

    これまでならいつでも複数のチェックインカウンターが対応していたところが、シャルル・ド・ゴールでもバルセロナでも一箇所のカウンターしか対応してなく、いつもに増してチェックイン待ちの長蛇の列ができていました。

    その唯一の窓口スタッフも自分のシフト時間が終わると、後に何人待っていようが交代要員を待つことなく、上着を手にどこかへ颯爽と消えていきます。


    最近はどの航空会社もeチケットと呼ばれる電子チケットによる自動チェックインの機械をチェックインカウンター付近に何台も設置し、一見、カスタマーの利便性を上げているように見えますが、その実は地上係員の人員削減目的ではないかと、疑ってしまいます。


    ご自慢の自動チェックイン機械は顧客が自分ひとりで簡単に扱えるものではなく、専属のスタッフが機械に張り付いて顧客に入力方法の指示をしている光景をみると、顧客サービスを考えているのかコスト削減を狙っているのか分からなくなります。


    cdg.jpg

    ヤマハ、キロロから撤退
     ヤマハが運営してきたリゾート施設の一部を三井不動産に売却するようです。キロロのスキー場好きだったのにな、残念。


    三井不動産は23日、ヤマハ子会社4社が保有・運営しているキロロ(北海道)、鳥羽国際ホテル(三重県)、合歓の郷(同)、はいむるぶし(沖縄県)のリゾートホテル4施設を約40億円で買収すると発表した。引き渡しは7月。三井不は4月1日付でリゾート事業推進部を新設するなど事業強化に乗り出す方針で、その一環。ヤマハはホテル事業を残る2施設に特化する。


    シェルのコマーシャル
     シェルのコマーシャル。世界中の道路をフェラーリF1が駆け抜けます。めちゃめちゃかっこいい。最後にガソリンスタンドの親父がストップウォッチを持ってつぶやいているのは「No Male(ま、悪くないね)」

    落し物届いていませんか?

     SANYOのデジカメMZ3を長年愛用してきました。もう4、5年前に購入したモデルですが、今でも熱心なユーザが多く、とてもバランスの取れた良いモデルです。

     ・・・・・どうやらハンガリーの空港ゲート付近のカフェに置き忘れました。。。。泣泣泣
    ビールグラスを受取るために、手に持ったカメラをカウンターに置いたのが・・・ああ、最後でした。

     スペインでは移動遊園地のゴーカートに乗った後、座席にかばんを置き忘れたことに気付いて30秒後に戻りましたが、すでにかばんは消え、(半分無駄だと分かってながら)係員に落し物が届いてないか説明しても、「こいつ、何言ってんの」扱いされ、かと思うと日本では電車の中に携帯を忘れ、あきらめつつも駅で問い合わせたら、「あ、落し物届いてますよ」と言われ、世の中捨てたもんじゃないと考え直し、さて、今回はデジカメに残った写真を頼りに、無事に手元に戻ってくる、、、、、んな訳ねーよな。。。。

     オランダのデザインに最近注目していて、スキポール空港など、行き先サインやお店の作りなんかとても華やかで、楽しいデザイン満載なのですが、、、あああ、デジカメ無しでは、それもお伝えできない。。。。



    アウディはこんなところも走れます
     エッシャーのだまし絵のような風景の中を走るアウディA6

    これであなたもルパン三世になれるかも

     往年のFIATの名車、FIAT500が今年中に発売されることは、たびたびお伝えしてきましたが、ようやく実車写真が公表されています。フロントデザインは昔のイメージを上手にアレンジしていて好感が持てます。リヤはちょっと違和感あるかも。

     友達のFIAT500を借りて彼女とドライブに出かけたら、ケーブル式のクラッチワイヤーが伸びたのか外れたのか、で、運転中にクラッチが切れなくなったという、けっこうスリリングな経験をしていますが、その彼女と今も一緒にいるので、新車が出たら、買おうかなぁ。。。


    fiat1.jpg

    分析を視覚化する。時系列も加える。

     「Googleが統計視覚化ソフトを買収」という記事を見つけました。元記事はこちら(日本語) 記事によれば、Googleは、「データを収集して有用な統計資料を作成する作業は大変だが、認められないことも多い」 としています。世界中のデータを集めたい、というのがGoogleの目的ですので、集めたデータをどう見せるのかについても色々アイデアを練っているようです。

     「分析結果を流れる時間に載せて分かりやすく見せられたら、」「ユーザーが簡単に扱えるような仕組みはないものか、」などなど、Googleほどの規模ではありませんが、日々考えている側にとっては、参考になるニュースです。

     すでに公開されているサンプルがあるので、少しいじってみたら、結構楽しく分析できました。女性が子供を産む率を時系列で国毎に表示させたのが、添付のグラフです。

     *中国は一人っ子政策がどんどん浸透
     *アメリカも減少傾向に歯止めが掛かっていない
     *結婚していなくても子供を産み育てやすい環境のフランスはちょっと上向き?
     *1966年日本の出生率が急激に落ち込んでいるのは「ひのえうま」だから(私です)

     などなど、色々分かってきますね。 こんなの作りたいなぁ。

    サンプルグラフはこちら



    V-Max Concept: Star Motorcycles Going Forward With Production?

     2008年中には市場にリリースされるのではないか、と記事には書かれています。面白いのは記事中の表記を全て Star Motorcycles と表現しているところ。 なかなかブランドポリシーを貫いていますね。YAMAHAって出てこないよ。添付写真はUSでのモーターショーに展示されたV-Maxコンセプト(東京モーターショーに出たものですね)

    元記事はこちら(英語)


    031807top.jpg

    ハンガリーのガソリン事情

     ハンガリーでもディーゼル車の人気は高く、その理由は軽油の燃料代がガソリンに比べて安いので、長距離走行の多いユーザーには経済的、というのがその理由でした。しかし近年ガソリンとの価格差がどんどん縮まってきて、現在は日本円でリットルあたり10円ほどの差しかなくなっています。現地の人の話では、スイスあたりでは価格が逆転して軽油の方が高くなっているとか。(環境負荷は軽油の方が高いからという理由らしい) それにしても燃料代は高いですね。



    ハンガリーの首都 ブタペスト

     ハンガリーの首都ブタペストは市内の中心にドナウ川が流れる古い街です。ちょっと歩いただけでも、今まで見たこともない古い車がしっかり現役で使われています。(トラバント(左上)って初めて見た) 


    hungary.jpg

    パリ・シャルル・ド・ゴール空港の朝

     朝の5時半にパリ・シャルル・ド・ゴール空港に到着、乗換え便を待つ間、朝の6時から開いているカフェでコーヒーをいただきました。エスプレッソ2.4ユーロ(空港だから?かなり高い)。旅行者の家族連れは兄弟揃ってニンテンドーDSに夢中です。このゲーム機は恐ろしい程の普及率ですね。



    ジェットボートとマリンジェットがドッキング

     本格的なゴムボートにマリンジェットをドッキングさせて、なんだか使い方が広がってます。もちろん、ボートからマリンジェットを切り離しての使用も可能で、楽しそうです。こんな使い方もあるのですね。

    こちらのサイトを参考に


    ski1.jpg

    外したボルトをなくさないように

     整備中に外したボルトやナットはうっかりするとつい床に落としてしまったり、なくしたりした経験は誰にでもあるものです。そこでリストバンドタイプのマグネットはいかがでしょう?外したボルトやナットを手首につけておけば紛失の心配も防げます。もしかすると磁石のおかげで肩こりも治るかも? まてよ、ボクシングが異様に強くなるかも。。。(「リングにかけろ」)

    通販はこちら



    がんばりつづける家

     上海ではなく重慶でのお話。都市開発著しい重慶でショッピングセンターを作るらしく、周辺の住宅を地上げ買収していたのですが、どうやら首を縦に振らなかった人がいたようで、とうとう一軒の家だけを残して基礎工事が始まってしまいました。法外な地上げ買収価格を要求しているようですが、さてこの先どうなるのでしょう?

     ほんとものすごい勢いで街の様子が変わっていく中国ですが、内陸の重慶も例外ではありません。新しい空港、でかい橋、モノレール、10年前に訪れたときとは何もかもが変わってしまった印象です。写真はネットで見つけたニュースですが、本当にあるのかな。

     上海では通勤に会社のバスを使っています。30人乗りくらいの大きいバスなのですが、この運転手がかなりの飛ばし屋で、毎日スリリングな車線変更を繰り返しています。数日前の帰り道、タクシーが進路をふさいだのが気に入らなかったらしく、散々後ろから煽った挙句、タクシーを抜き返し、タクシーの鼻先に割り込んでわざとのブレーキング。これにはタクシーの運転手も怒って、バスを抜き返すと前に割り込んで道路の真ん中で急ブレーキ!車を停めて運転手が出てきました。もちろんバスの運転手も降りて、あわや一瞬即発・・・。ま、文句の言い合いで収まりましたけど、会社の従業員たくさん乗ったままなんだど。。。中国にはなかなか熱いドライバーさんが多いです。。



    初めてのお使い
     ごめんね、日産。

    データ分析を楽しむ

     データを分析する作業は経験とスキルの要る作業で、膨大な量の情報をどういった切り口で分析していくのか、というのはなかなか難しい作業です。どうにか分析が楽しくなるしくみはないものか、と探していたら楽しそうなサイトを見つけました。iDashboardsという企業はデータ分析の切り口とユーザーへの見せ方を売っている会社です。アナログ的なメーターをシンボル的に使用し、ユーザーに使ってみようかな、と思わせるしくみを色々取り入れています。複雑なグラフや図表だけが良い分析ではない、と常々思っているので、この見せ方は大いに参考になります。

    サンプル画面が沢山用意されているので、ぜひ自分で触ってみてください。分析が楽しくなるっていいと思うんだけどな。

    サイトはこちら


    qc.jpg

    任天堂 WiiのTVCM
    家のゲーム機で遊ぶことはほとんどありませんが、傍目に見ていてもPS3よりWiiの方が普及するだろうなと思いますね。

    磁気式メモボードが二色で使える

     正式な名称を知らなかったのですが、磁気式メモボードって言うんですね。子供のおもちゃでよく売ってますよね。筆記具が減ったり、字を消した際のカスが出ないので、病院などで重宝されているようです。

     パイロットが今度売り出すメモボードは、なんと二色の色が使えます。おおっ、ちょっと欲しいかも。

    詳細記事はこちら


    st_pl02.jpg

    カーボンファイバー製のトイレ

     何が何んでもカーボン製でなきゃ、という方のためにカーボンファイバー製のトイレはいかがでしょう?従来の陶器製に比べて約四分の一という軽量化を実現し、約5kgの重量に仕上がっています。

     本体全ての軽量化までコストが掛けられないとお嘆きのあなたには、便座だけでも充分軽量化が可能ですよ。もちろん座り心地もばっちりです。

    ご購入を検討される方はこちら


    Photo182s.jpg

    YAMAHAプロモーション用TVCM
     ヤマハイタリアのプロモーション用TVCM。トロイの木馬をモチーフにして街に飛び出していくMCを表現しています。

    2007年モデルR1のTVCM
     カナダで流れている07R1のテレビCM

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。