世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国製が見当たらない

 スウェーデンの大手カジュアル衣料チェーン、ヘネス・アンド・モーリッツは売上げ一兆円を越える大企業で、欧米で「H&M」といえば、「デザインはそれほど安く見えないのに、価格は安い」と評判です。少し前はプロモーションにマドンナを起用し、最近はカイリーミノーグを使っています。
 
 そのH&Mが中国に進出、上海にも2店舗オープンしました。ユニクロ、ZARAよりも安い秘密はどの変にあるのだろうと、飾られている服のタグを見て回りましたが、Tシャツはインド、綿パンはパキスタン、ポロシャツはバングラデシュ、ジーンズはトルコ製・・・・・・もう中国製じゃないんだ。。。上海では大勢の中国人がH&Mで外国製の安い洋服を買い、同じショッピングセンターに入っているユニクロ(生産は中国)は相対的にコンサバでちょっと高いブランドになってしまい、客足が伸びていません。アパレルの流れって、驚くほど早くて大胆に変化しますね。

 H&Mは2008年、東京の原宿に出店予定、その後多店舗展開の計画だそうです。


hm.jpg

スポンサーサイト
ZX9Rが車に変身

 カワサキのオートバイが大好きなんだけど、車も好きなJamie Chalkerさんが作っちゃいました。 うーん、なかなかのアイデアだな。



動画共有のちから

 下のほうのエントリーで、ローラーブレードの進化したモデルを紹介しましたが、その動画も世界一有名な動画共有サイトに自分でアップして「今朝ニュー」で紹介しました。するとすぐにその動画共有サイト経由でローラーブレードの製作者からメールがあり、「あなたがアップした動画は古く、すでに進化したものがあるから、直ちにアップした動画を削除してください」と言われました。

 すでに動画は削除していますが、動画共有サイトの影響力ってすごいものですね。

 ということで、進化したローラーブレードが見れるのは、こちらです。

BMWから本格的オフロードモデル

 BMW G450 BMWから本格的なオフロードモデルが発表されています。おお、チェンドライブだ。フレームは独特なパイプ構成です。FIか。


042407bottom.jpg

ワークショップに冷蔵庫

 自分専用のワークショップが持てたら、こんな冷蔵庫を置いてみたいですよね。ツールボックスを模した冷蔵庫は、US$350で買えます。

お申し込みはこちら(英語)



インラインスケートをパワーアップ
 インラインスケートなんですが、自転車をこぐような仕組みにもなっているそうです。写真をみるとちょっと複雑機構すぎかなって感じですが、動画を見ると面白そうです。booster-blades-04-450.jpg
ホンダ・グリフォン市販化の動き?

 2003年東京モーターショーで発表されたホンダのコンセプトスクーターGriffon(グリフォン)が、市販化に向けて動き出している?との情報が複数のサイトで広がっています。すでにグリフォンに関する各種特許が申請されているとかで、水平対向4気等750ccオートマチック車は2008年モデルとして世に出るのか?AKIRA型でもガンダム型でもない先進的なデザインのまま市販化されるといいなぁ。

 このデザインの方向性はMBKのAEROXが進むべき道のように思えてならないのですが、いかがでしょう?イタリアのH倉さん。

関連サイトはこちら(英語)


2007_YQ50.jpg

一輪車

 ぱっと見ると、このまま走り出せそうな作りですよね。



スロットマシーンがついた腕時計

 スロットマシーン内蔵の機械時計。絵柄が3つ揃ってもコインは出てきませんが、レバーがついたメカ部分は精密でかなり素敵です。高級機械時計にはつきもののトゥールビヨン機構(詳しくは自分でWiki検索してください)も装備されています。

紹介サイトはこちら(英語)


watch2.jpg

USBメモリ+USBハブ

 なるほど、これは便利そうだ。USBメモリなんだけどハブにもなるので、USBソケットが少ないPCで重宝しそうですね。



ハーレーでモタード仕様

 スーパーモタード仕様というとシングルエンジンが主流でしたが、最近はVツインエンジンなどでもモタードにするケースが増えてきました。となれば、Vツインの雄、ハーレーダービッドソンのエンジンでモタード仕様を作る人がいても不思議はないですね。

参考サイトはこちら(フランス語)なので、読めない・・・・。


hdsupermoto4.jpg

NEW FIAT500デザインコンペ

 今年販売が予定されているNEW FIAT500は、あちこちでプロモーション用にデザインコンペが行われていますが、これはその中のひとつで、FIAT500のF1バージョンです。なかなか凝っててかわいいですね。


500f1a.jpg

ミルククラウンのカップ

 液面に滴を落としたときにできる様子をミルククラウンって言いますが、(高速度撮影なんかでよく出てきますよね)そのミルククラウンをデザインしたカップです。素敵でしょ。


milk_moments1.jpgmilk_moments2.jpgmilk_moments3.jpg




空飛ぶモーターサイクル
 手軽に空を飛べるジャイロコプターというと、映画マッドマックス2やカリオストロ伯爵のオートジャイロを思い浮かべますが、もっとモーターサイクルに近い形でのジャイロを開発し、なんとナンバープレートまで取得しています。この手の乗り物で問題になるのは地上移動時の駆動力とでかいローターの取扱いですが、地上走行は別ペラで進み、でかいローターは簡単に折りたためるようになっています。なかなかのアイデア乗り物に仕上がっています。個人的には着陸時のリヤサスペンションのしなやかな動きが気に入りました。$37000で販売中。

公式サイトはこちら

携帯電話から部品注文

 修理の際の部品注文は結構手間な作業の一つだと思うのですが、パーツカタログにQRコードでも印刷しておいて携帯電話から注文できるようにするっていうアイデアはいかがでしょう?

 中国などの国では、固定電話が整備される前に携帯電話の方が急速に普及しているという事情もあるくらいですから、販売店と代理店を電話回線の専用システムで繋いで、、、という大工事をするより、お安くお手軽にできると思うのだけれども。。。



KRV5 Boardtracker

 MotoGPに参戦しているKingケニーロバーツチームのレースエンジンを使って何か面白い乗り物がデザインできないか、という発想で生まれたKRV5 Boardtrackerです。フレームワークがとっても素敵でかっこよいですね。

詳しいスペックなどはこちら(英語)

フレームを担当したのはRoland Sands

彼のサイトはこちら(英語)

個人的にクルーザーカスタムってそれほど好きになれないのですが、こういったトラッカーのカスタムでは、やはりアメリカ人のセンスは抜群ですね。かっこいい。


krv5036clfj2.jpg

二輪にもバイオエタノール

 バイオエタノール燃料先進国のブラジルで、燃料中のエタノール濃度を測定してどんな濃度でも最適な燃焼を実現するシステムの実用化に向けて試験が行われているようです。FI化に伴って、こういうことも出来るようになってくるのですね。

 

【サンパウロ=岩城聡】米自動車部品大手デルファイは、エタノール燃料とガソリンをどんな比率で混合しても走る「フレックスバイク」向けの新技術をブラジルで公開した。同国の二輪車市場をほぼ独占するホンダ、ヤマハ発動機などと実用化テストを完了した。2009年にもエタノール独特の甘い香りを振りまくバイクが街を疾走することになりそうだ。

 開発したのは燃料タンク内のエタノールとガソリンの比率を瞬時に測定し、エンジン内での燃料の燃焼をより効率的にするシステム。既に四輪車に採用されている技術をバイク向けに応用するため、05年から小型化などを進めてきた。



元記事はこちら
Buellのカスタム

 Buellのカスタムが紹介されていたので、取り上げてみました。かっこいいなぁ。。。ちょっと「人造人間キカイダー」のマシンに似てる気もする。

くわしくはこちら(英語)



バー・スツール・レーサー販売中

 ホンダの600cc4気筒エンジンを積んだバー・スツール(カウンター席の丸イス)・レーサーがeBayで売りに出されています。写真を見る限りなかなか凝った作りで、本気で走れそうな予感。オークションなのでいつまでリンクが有効なのか保証はできませんが、現在US$13900です。欲しいっと思った方はこちらまで。


1612127_15.jpg

実物大のプラモデル

 このくらいの大きさのプラモデルを作ってみたい。


bob4a.jpg

スコルパが考える4輪トライアル車

 フランスのトライアルメーカー、スコルパが4輪のトライアル・モデルを提案しています。超軽量ATVといった感じのデザインで、生産展開も考えているとか。MCNのニュースによれば、もしこのまま生産されたら、4輪トライアルという新しい道が拓けるかも、と載せています。

スコルパのサイト(フランス語)
スコルパのサイト(イタリア語)


sc2.jpg

Audi R10 TDI ディーゼルエンジン
 ちょっと古い話題ですが、アウディはディーゼルエンジンでレースに参戦してたりします。そのプロモーションビデオがやたらとかっこ良いです。3分ほどあってやや長いのですが、メカ好きの方にはお勧めです。やっぱり、ラチェットのノッチ音っていいよね。

ハムスターは自分でベットを作る

 あまり説明の必要もなさそうですが、シュレッダー内蔵ハムスターゲージです。ハムスターがクルクル運動すれば、綺麗な寝床が出来上がるって仕組みです。



上海でも新幹線が走っています

 日本の技術協力により、上海でも新幹線が最近走り始めました。上海と南京を結ぶ路線で使われています。仕事で無錫まで行くことがあるので、時々この路線を利用しているのですが、今日乗ったら新幹線とほぼ同じ車両だったのでちょっとびっくりしました。ちなみに速度はまだ従来と同じで160km/h程度だそうで、そのうち200km/h越えるスピードも出すそうです。


DSCF0017.jpg

電動バイクでドラッグレース

 375ボルトで1575アンペアを発生させるリチウムイオンバッテリーをモーターに繋いでドラッグレースに出場しているチームが1/4マイル8.186秒、時速250km/hを記録しました。動画を見るとかなり違和感ありますが、ドラッグレース特有のスタート前のバーンアウトでは実物大電動ラジコンがうなっているような音をたてています。スタート直前も通常であれば耳栓なしでは耐えられないほどの音でレーシングしているはずが、電動なので無音です。スタート合図と同時にやはりラジコンのようなうなり音で飛び出していきます。これまでオートバイが持ってた「トルク」「パワー」「加速」などの要素は排気音に寄るところが大きかったのかもしれません。動画を見ているとどうも健全な感じがしてなりません。10年後にはタミヤとマブチモーターがドラッグレース界を牛耳っているかもしれませんね。

電動バイクレースチームのサイトはこちら(英語)






ブラジルのヤマハのTVCM
 ブラジルのTVCMって初めて見たなぁ、YBR125は世界戦略車なので、いろいろな国のYBR125のTVCMを集めると面白そう。

XV1700PCのTVCM
USヤマハのCMですね。XV1700PCというクルーザーのタンクとシート形状がとっても好きです。綺麗なクルーザーですよね。

中国でも果物の王様なのか?

 果物の王様といえば、「ドリアン」と相場が決まっていますが、主に東南アジア方面での話しだとばかり思っていました。でも上海のどのスーパーへ行ってもたいてい見かけることができます。それも店頭でご丁寧に割って、中の果肉を取り出したりしているので、周囲はとってもドリアンな雰囲気に包まれていることしばしばです。ようやく慣れてきたとはいえ独特の香りはできれば避けたいなぁ。



カスタマーサポートということ

 オートバイ雑誌などによく読者からの投稿が掲載されていますが、最近はネットの発達でオンラインで質問を受け付けている雑誌も多いようです。MCNはイギリスの有名なオートバイ雑誌ですが、ヤマハXV1100のユーザーからこの雑誌のサイトにアップされた質問に対して、4分後にはもうヤマハUKの担当者が丁寧な回答を返しています。

 カスタマーサポートはやはりたいへんな仕事です。私達にサポートできることってなんでしょうね?やっぱりスピードかな?  ニック、がんばれ。

詳しくはこちら(英語)


mcn.jpg

シャルル・ド・ゴール空港内に無人電車

 空港のターミナル間移動は結構面倒なもので、どのバスに乗ったらよいものやら迷うことが多いです。アメリカのシカゴ・オヘア空港やサンフランシスコの空港では空港内を電車が走っています。フランスのシャルル・ド・ゴール空港でも構内移動に無人電車が活躍することになりました。ターミナル1とターミナル2を主に結ぶことになるようです。CDGVALという名称ですので、出張の際など、利用してみてください。

Special thanks : U-tan


6331-cdgval-station.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。