世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サービスという言葉の翻訳を試みる
 この世に数ある職種の中で、サービスほどその仕事内容を説明するのが難しい職業はないのではないか。そんなことを考えていると、代表的な職種はそのほとんどが簡単な動詞であらわせるなぁ、と思い浮かびました。

 営業    売る    Sale
 商品企画 企てる   Plan
 開発    創る    Develop
 実験    試す    Test
 製造    造る    Produce/Assemble
 購買    買う    Purchase
 品質保証 保証する  Assure
 
 さて、サービスという職種は何をするところ(どんな動詞で表せる?)で、適切な日本語って何なのでしょう?

来年もみなさんにとって良い年でありますように。。。

上海より、

けびん
スポンサーサイト
カワサキ Ninja250RのCM

 この時代に250ccのスポーツバイクに金を掛けて開発できるカワサキがうらやましいですが、いったいどこがメインマーケットなんだろう?とずっと不思議に思ってます。CMも出来上がっているようで、YouTubeにアップした人のコメントでは、アメリカ向けのCMって書いてあったけど、、、アメリカで250cc??確かにCMのつくりはアメリカっぽいです。

サーキットの狼を実車で再現

 この漫画で初めてロータスヨーロッパっていう車種があることを知ったものなぁ。。見たい。


ロードレースでこんなに飛んじゃ危ないって

イギリスにあるCadwellMountainっていうサーキットの有名なコーナーらしいです。BSB(ブリティッシュ・スーパーバイク)も開催されるサーキットで、レースのない日は一般走行もできるので市販車でもちょっと気合入れれば浮くそうです。こわいなぁ。。。



CGの賞を取ったコンセプトバイク
 インド系イギリス人がデザインしたコンセプトバイクです。CG作品にしてはなかなか実用的にデザインされています。こんなバイクが出てきたら楽しいかもね。

公式サイトはこちら
banner02.jpgcontrols.jpg

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

ルノークリオのCM、モペットだってもてる、、よね
飛行機が収まる風洞実験設備
 アメリカのNASAが開発している火星探査装置には惑星への降下用にでかいパラシュートが装備されています。直径17mもあるパラシュートがちゃんと機能するかどうかを調べるために風洞実験設備を使っているそうです。

 風洞設備はF1開発などでもたいへん重要な設備になっていますが、実車サイズのモデルをそのまま風洞に入れられるくらいの大きい設備は大変高価ななので限られたチームしか持っていなようです。しかし写真の風洞はなんとボーイングB737の旅客機がそのまま入れられるほどの大きさだそうです。人間なんか簡単に吹き飛ばせそうですね。

200712271541.jpg
裏漏れしない液体容器

 粘度の高い液体を容器から別のものに注ぎ終わるときに、容器の口元に裏漏れしてしまうことがありますが、粘度が高く揮発性の低い液体だと付着したままになって見苦しいものです。最近の液体洗剤などは口元を二重にして裏漏れしない容器を使っていますが、オリーブオイルやワインなどを注ぐ容器にもそんな考え方を取り入れた容器があるようです。

 粘度が高く、揮発性の低い液体、、オートバイのエンジンオイル容器などにも応用できそうですね。早速身近になったエンジンオイルの1L容器を見てみましたが、容器の一部が半透明になっていて、残量がすぐにわかるような仕組みにはなっていましたが、さすがに口元までは対応していませんでした。ぜひ、採用すべきだな。

bottle.jpg

2008年MotoGP暫定カレンダー
●第1戦 3月9日
   カタールGP(ロサイル)
●第2戦 3月30日
   スペインGP(ヘレス)
●第3戦 4月13日
   ポルトガルGP(エストリル)
●第4戦 5月4日
   中国GP(上海)
●第5戦 5月18日
   フランスGP(ル・マン)
●第6戦 6月1日
   イタリアGP(ムジェロ)
●第7戦 6月8日
   カタルーニャGP(カタルーニャ)
●第8戦 6月22日
   イギリスGP(ドニントンパーク)
●第9戦 6月28日  ※決勝は土曜日開催
   オランダGP(アッセン)
●第10戦 7月13日
   ドイツGP(ザクセンリンク)
●第11戦 7月20日  ※MotoGPクラスのみ開催
   アメリカGP(ラグナセカ)
●第12戦 8月17日
   チェコGP(ブルノ)
●第13戦 8月31日
   サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP(ミサノ)
●第14戦 9月14日
   インディアナポリスGP(インディアナポリス)
●第15戦 9月28日
   日本GP(ツインリンクもてぎ)
●第16戦 10月5日
   オーストラリアGP(フィリップアイランド)
●第17戦 10月19日
   マレーシアGP(セパン)
●第18戦 10月26日
   バレンシアGP(リカルド・トルモ・バレンシア)

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

MT-R6?フォトショップ仕事だよね、きっと

 ヤマハMT-01の車体にYZF-R6の外装を取り付けたような不思議な写真です。おそらくフォトショップ仕事じゃないかと思うのだけど、もしかして誰かこんな改造したのかなぁ。。。



BMW K1200Rのビデオ

 ちょっとBMWらしくらいワイルドな仕上がりのプロモーションビデオです。ドラッグレース用のトラックを走っているのと、途中の説明がマイル表示なので、おそらくアメリカ用でしょう。ロケットスタートやマックスターン(映画マッドマックスは偉大だ)はアメリカで今でも充分通用するアクションシーンなのですね。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

オーリンスがヤマハから経営マジョリティを取り戻す

 スウェーデンのサスペンションメーカーオーリンスは、1987年以降ヤマハが資本比率でマジョリティを持って運営されていましたが、創業者のケント・オーリン(Kenth Öhlin)が今月末にヤマハから経営のマジョリティ(95%)を取り戻した、という記事をMotorcycle Dailyのサイトで見つけました。オーリンスからはニュースリリースも出ているようです。

 オートバイ用はもちろん、自動車、ATV、スノーモービルなど幅広い分野でレース用などスペシャルサスペンションを作らせたら、超一流のオーリンスに何が起こったのでしょうね?

Motorcycle Dailyのサイト記事はこちら

オーリンスの公式サイトはこちら

スーツケースがゴーカートに変身
 写真の他に詳しい説明がないので、本当に動き出すのか分からないのですが、アイデアはなかなか楽しいですね。

case car
アプリリア FV2 1200
 アプリリアのFV2 1200です。ミラノショーに出品されていたようですが、またえらいことになってますね。
big_p03313_0207.jpg
ジェットエンジン風トースター

 別にトースターフリークというわけではないのですが、なぜか時々このブログにはトースターの話題が登場しますね。前後のファンから強制的に空気を吸い込んで一気にトーストを作ってしまうこのマシン。50秒で出来上がるそうです。実際の性能はまぁ置いといて、形が気に入ってしまいました。



ホンダ 年末社長会見
 ホンダは例年年末に社長会見を開くようですね。二輪関連を抜粋します。

【二輪】
<アジア・大洋州 二輪> ・ 2007年販売見通し 950万台(前年比:103%)
・ 二輪車の生産累計台数は、インドで2,000万台(2007年1月)、タイで1,500万台(2007年9月)、インドネシアで2,000万台(2007年11月)を達成した。
・ インド:2008年4月、年産能力50万台のヒーローホンダ第3工場が稼働開始する。
・ ベトナム:2008年後半、年産能力50万台の第2工場が稼働開始する。
・ フューエル・インジェクション(FI)の採用と低フリクション化により、従来エンジンに比べ、最大約15%の燃費向上や、出力向上、低コストを実現した100ccクラスのエンジンを開発。このエンジンを搭載した新モデルを、2008年以降、アジア各国へ順次、投入する予定。

<南米 二輪> ・ 2007年販売見通し 153万台(前年比:125%)
・ ペルー:2007年10月、年産2.5万台の新工場が稼働開始した。
・ ブラジル:2007年12月、年産135万台から150万台へと能力拡大が完了。さらに、2009年初めに、年産能力を200万台へと拡大する計画。



くわしくはこちら
排ガス浄化用新型触媒材料の開発
 排ガス浄化用の触媒は貴金属が使われており、地球に優しいエンジンを作るにはこの触媒を大きくするのが手っ取り早いのですが、白金などの貴金属は地球には優しいですが、コストには優しくないので、開発者の悩みでした。

 新日鉄マテリアルズという会社のニュースリリースによれば、貴金属を大きく減らした触媒を開発したそうです。はやく小型エンジンメーカーに広がってくるといいですね。

ニュースリリースはこちら

 開発した触媒では、プラチナを使用することなく、条件によってはロジウムさえも使用しないで、十分な触媒活性が得られるものです。この結果、貴金属の使用量を従来に比べて、約7割削減することが可能となりました。(中略)新日鉄マテリアルズ株式会社は、今回開発した触媒材料で、既に二輪車向け排ガス浄化触媒としてサンプル評価を開始しており、ディーゼルエンジン触媒等の四輪車向けへの適用も視野に入れております。今後は、すでに製造販売している金属ハニカム基材と新型触媒材料を軸にして、環境部材分野への事業展開を強化して行きたいと考えております。

トランスフォーマー自転車

 チョッパーにもママチャリにも変化する自転車。商品化先を探しているようですが、うーん。。実用化率は低そうですが、たとえば運転中は非常に背高になって見晴らしよく運転できるけど、降りたらコンパクトに収納できるとか。。。長距離はチョッパーで楽々、ご近所はママチャリでお手軽に。。。(見たままか)

タイ・カワサキのCM

 タイ・カワサキのCMっていう触れ込みの動画。スタントアクションはかなり作りこまれて楽しい仕上がりですが、本当にメーカーのCMなのか?ってやや疑問も残ります。でもかっこいいね。

右側通行か左側通行か?
 自動車は道路のどちら側を走るか、を地図上に色で示されています。日本と同じように左側を走る国は圧倒的に少ないのですね(青と水色が左側通行、そのほかの色は右側通行)。インドが左側通行って初めて知った。。そっかイギリスの影響か。

 外国に住んでいたり海外出張が多かったりすると、日本とは違うルールで自動車を運転することもあるのですが、ウィンカーを出そうとしてワイパーが動いたり、右左折にやたら気を使って時々対向車線に進入するのはまだご愛嬌なのですが、最もびっくりするのは自分が運転をせずに助手席に乗っているときです。
 
 自分でハンドルを握っているときは、どちらを走ろうが間違ったら自分で修正できるのでいいのですが、右側通行にすっかり慣れた頃にふと左側通行の国で助手席に乗ったりすると、自分の頭で意識しているのとは全く逆の方向に車が動いたりするので(しかも他人が運転しているので自分では修正できない)、これはかなりびっくりしますよ。

ヤマハ発、二輪車生産能力をブラジルで3倍に

 ヤマハ発動機は新興国で二輪車の生産・販売を強化する。ブラジルで2010年までに100億円を投じて生産能力を3倍の60万―70万台に拡大。インドでは08年夏以降、新モデルを年間2、3車種のペースで投入する。二輪車首位のホンダや現地メーカーに比べ出遅れている販売網整備も急ぎ、急成長する両市場で販売拡大を狙う。



詳細記事はこちら

2008MotoGPのハイテク技術
 12月12日発売のイギリスのオートバイ雑誌MCNでは、2008年MotoGPマシンのハイテク技術について特集記事を組んでいます。ネットではその一部しか読めませんでしたが、ヤマハについての記事では車体はヘッドパイプ周辺の剛性を変えた数種類のフレーム、チャタリングをコントロールするためのF1で使われたようなマスダンパーなどの採用(どんなものなのか想像できない)。エンジンについては以前から言われているニューマチックバルブの熟成、トラクションコントール技術(ヘレスでのテストではジャイロスコープをマシンに積んでトラクションコントロールの状況をモニターしていたようです)、さらには燃費改善のためにシリンダーへのダイレクトフューエルインジェクションもトライ中とか、、、。記事ではヤマハのMotoGP責任者古沢氏のインタビューも掲載され、上記の記述について言及しているので本当なのでしょう。ちなみに別の記事ではロッシが古沢氏の現場復帰を強く要望した、という話もありました。)

 あーMCN読みたい。

2008 moto gp mcnm1 yamaha mcn

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

ベトナムでヘルメット規制
 今年の12月15日にベトナムでオートバイのヘルメット規制が始まったという記事を目にしました(実際のところは現地に住んでいる人に聞かないと分かりませんけど)。オートバイ需要の増加に伴って、年間13000人とも言われているベトナムでの二輪死亡事故を下げるために法規制されたようです。現地で「炊飯器」とも揶揄されているヘルメットは多くのライダーにとってあまり歓迎できるものではないかもしれませんが、135ccのオートバイでスピード出して走るんなら、ヘルメットはかぶらないと危なくてしょうがないと思いますけどね。

 夏場でも蒸れないオートバイ用ヘルメットを開発したらアジアで一儲けできると思うのだけど。。

bike met
ヤマハグラディエーターとスパイダーマン3

 ヤマハグラディエーターって、インドで販売されているモデルだったかなぁ、、なぜかスパイダーマン3と競演しています。映画の公開に合わせてタイアップしたものかもしれませんね。

インドネシア人初のGPフル参戦ライダー

 ヤマハ・プルタミナ・インドネシアレーシングチームに所属するドニ・タタ選手が来期の250ccクラスでGPフル参戦することが発表されています。これまでインドネシア国内でのレース活動や日本で全日本参戦などの修行を積み、いよいよ世界に挑戦するようです。

 オートバイ需要が大変好調なインドネシアからこうしてレースの世界にもライダーが出てくると、ますます面白くなりそうですね。暫定参戦リストによるとゼッケンは45のようです。是非来年応援しなくては。

ネタ元の記事はこちら

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

中国でのアディダスの広告
 北京オリンピックを来年に控えて中国は盛り上がりを見せています。って言っても上海はそれほどまだ感じませんけど。

 アディダスが中国で展開している広告です。「Impossible is nothing」は「没有不可能」かなるほどね。

スピードレーサー(マッハGOGOGO)のトレーラー映像

 マッハGOGOGOの実写版がハリウッドで製作されていることは以前にもお伝えしましたが、予告編があちらこちらで流れています。マトリックスを撮った監督がこの映画の監督もやっているので、期待して予告編を見てみたのですが、、、うーんん、どうだろう、ちょっとマンガ風に仕上げすぎているような、、お約束的なチェッカー模様も効果的に使われています。

ヤマハロゴの入ったガムボールマシン
 自動車やオートバイメーカーのアクセサリーには時々不思議なものを見かけます。KTMのトースターとか以前に紹介しましたね。今回はガムボールマシンです。コインを入れてガチャガチャっとハンドルを回すとガムが出てくるあれです。ヤマハのロゴもちゃんと入ってます。

 USヤマハのサイトから購入できるようです。こちら。US$99.95です。

お歳暮にはやっぱり山吹色の御菓子でしょ

 山吹色の小判に見立てたお菓子です。

 「お代官様のお口に合いますかどうか・・・」「ん?どれ?・・・越後屋、おぬしも悪よのう・・・」、あー一度でいいからやってみたい。時代劇ごっこ!これがなんと3000円でできちゃうんですから、もうお歳暮にはぴったりですよね。うなぎパイしか思いつかない海外出張のお土産にもいいかもです。

 こちらから購入できます。

折りたたみ電動バイクを公共交通機関として使う
 以前にも折りたたみ式電気自動車を街のパーキングスタンドにおいてみんなで使えば、渋滞も公害も減らせると提言していたMIT(マサチューセッツ工科大学)のスマートシティグループですが、今度は二輪車で提案してきました。電気で動く折りたたみ式のバイクを街のあちらこちらに配置してみんなで使おうというものです。

 アイデアはよいのですが、車と違ってバイクはヤマハが東京モーターショーで提案した電動バイクのほうが、シンプルでかっこいい感じがしますね。

 街のパーキングスタンドイメージはおそらくミラノの大聖堂付近の写真を合成して作られていますが、日本ならコンビニの駐車スペースを少し借りて置くようにすればいいかもね。

 元記事はこちら

2007121115112.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。