世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moto Guzzi V7 クラッシック

 クラッシックな雰囲気がかっこいいですね。フロントフォークに石打防止用のプロテクターが装備されていたりして品質意識も高いんですね。



スポンサーサイト
スクーターの形をしたクッキーの抜き型

 クッキー型というとまさに甘い形が多いのですが、こんなスクーターの形もあるんですね。

こちらから購入できます。ここ。



上海自転車ショー2008、太陽電池で走る

 太陽電池パネルが可動式になっており、お日様に向きを合わせられるようになっています。シートフレーム後ろの電池に電気をためて、後輪モーターで駆動します。フロントフォークはちょっと懲りすぎかな。

sample 074

上海自転車ショー2008、ヘルメット
二輪車のタイヤを並列に並べた楽しそうな乗り物

 2007年8月にカナダの高校生がヤマハのR6を使ってタイヤを並列に並べた乗り物をインテルのコンテストに応募した記事を載せました(ここ参照)。 そのときはまだプロトタイプ的な外観でしたが、さらに開発が進んで製品っぽい姿まで進化してきました。今度はR1のフレームを使用しているそうです。

 セグウェイのように車体を前に倒せば前進、後ろに体重を掛けるとバックする電動バイクです。すごく楽しそうな乗り物に見えますね。

 元記事はこちら

uno r1 frame

上海自転車ショー2008 気になった乗り物

 今年も上海自転車ショーに行ってきました。下の写真が特に気になった乗り物です。

 ・メインフレームにリチウムイオン電池を装備
 ・モーターはフロントフォーク左についており、
  前輪リム内側に切ってあるギアとモーターのピニオンが
  かみ合って駆動する(写真左下)
 ・アクセルはなく、ハンドル右側に磁石で樹脂のタブをくっつけ、
  タブをハンドルに接触させるとモーターが回転する
 ・タブは取り外し自由で、これがKEYになってる(写真右下)

 写真のほか、自転車のようにペダル駆動も装備されたタイプもありましたが、写真のモデルは潔いほどシンプルで、乗り心地も悪くありません。これで値段が2684RMB(約40000円)とはかなり驚き。話を聞いたら輸出用だと言ってました。

 今年の上海自転車ショーは、中国国内向けのコテコテの商品や大音量演出が影を潜め、いたって静かでした。昨年より西洋人の姿が多いように感じられ、国内需要よりも輸出に主眼を置いているのかもしれません。

shanghai bc show 1

F1、ニック・ハイドフェルドBMW工場でデモラン

 最近は一般道を封鎖してF1のデモランを行うことがたびたびありますが、BMWザウバーF1チームのニック・ハイドフェルドはミュンヘンのBMW工場内で5000人の従業員の目前でデモランを行いました。

 最初の見せ場で華麗なアクセルターンを決め、もう一度同じ場所で数回ターンを決めた後、、、ああああ、よりによってBMWの工場でこんなことが、、、1分20秒あたりから注目です。

自転車のテールライトをU字ロック化し、収納もスマートにする

 Adrian Weidmannがデザインした自転車用のテールライトとU字ロックです。スポーツタイプの自転車にとってU字ロックの収納場所は悩みの種ですが、テールライトと一体化することで、美しくまとまっています。

 駐車するときは、ヘッドライトを外してU字を繋ぐ部分にするので、ヘッドライトの盗難抑止にもなっています。

デザイナーのサイトはこちら(ちょっと変わってますが、ポートフォリオのPDFファイルで他の作品が見れます。)

loc bc

フォルクスワーゲン用エンジン修理部品

 どこに使う部品なのだろう?パーツカタログにも載ってるのかな?



F1スペインGP、フォースインディアのパドックがすごいことになってます

 パドックエリアに林立するホスピタル設備は年々派手になる一方ですが、各チームに割り当てられるスペースは決まっています(確かトレーラー3台分だったような)。豪華にしようと思うと、上へ延ばすしかないのですが、今年のフォースインディアはすごいことになってます。これだけの設備をどうやってトレーラーの中から出して組立たのかと思うと、もうトランスフォーマーですよね。



大径ホイールの中に入って一輪車をこぐ

 大径ホイールにエンジンを取り付けて走る乗り物を以前紹介したことがありますが、今度は自分でこぎます。写真のような体勢で真っ直ぐ進めるのかな、曲がるときはどうする?

 構造がシンプルで面白そうなので、乗ってみたいな。



自動車のエンブレムに子供用があってもいいじゃない
つまづく
ヤマハが2サイクルV4を復活?

 「釣りタイトル」で申し訳ない、もちろんCGです。RZV500(海外名RD500)を現代風に復活させるとこんな感じですかね。



Googleのデザイン10原則

 1.人々に焦点を当てろ――彼らの生活、彼らの仕事、彼らの夢に
 2.すべてはミリセカンド単位で数えろ
 3.シンプルにすると強力になる
 4.初心者ユーザーを引き込み、上級者ユーザーを魅了しろ
 5.革新に挑め
 6.世界に通用するデザインを
 7.今日と明日のビジネスのために計画せよ
 8.気を散らさず、目を楽しませるようにしなさい
 9.人々の信頼にふさわしいようにしなさい
 10.人間味を加えなさい

 

Googleだけにとどまらず、色々なことに応用できそうな10原則ですね。個人的に気に入ったのは4番かな。
お手軽GPSを持って出かける

 最近はデジカメに位置情報を添付したり、ハンディタイプのGPSなんかも色々製品があってツーリングや海外出張なんかに重宝しそうです。この商品も持っているだけでGPSレシーバーとして移動中のログを記録してくれます。デジカメで撮影した写真にパソコン上で位置情報などを添付もできます。

 見た目通りの至ってシンプルな作りで価格も12000円前後ですし、Google Earthとの親和性も良さそうで、パソコンが必要とはいえ、結構使えるGPSかもね。

 メーカーのサイトはこちら

bike gps


クロアチア警察の白バイはスーパースポーツモデル

 クロアチアで使用されている白バイです。これは逃げ切れないでしょう。

croatia police bike

ヤマハ、今年もMotoGPドルナにパドックバイクを提供

 MotoGPのパドック内移動用に使われるバイクをヤマハが今年も主催者のドルナに提供しています。ヤマハスペインの工場で作られている50ccスクーターJOG50は空冷と水冷の二つのエンジンバリエーションがあります。



上手な子供の世話についてのケーススタディ

 慣れない子育てに戸惑いを覚えることは誰しもあることです。イラストを見て大いに参考にしてください。

baby care

自分で撮影した写真じゃないけど

 中国ならきっとありそうでこわい。



MotoGP、TECH3のサイトが新しくなりました

 長い間更新されていなかったTECH3のサイトがいつの間にかリニューアルされています。以前はフランス語がメインだったのが、英語メインに変わっているし、内容も訪問した人に優しい設定になっています。

 フランスっぽいのは、サイトでチームのアンブレラガールを募集しているところでしょうか。20-30歳の長身でスリムな方で自分の希望の国でアンブレラガールに応募できるようです。われこそは、と思われる方は応募してみるのもいいかもしれません。

新しくなったTECH3のサイトはこちら



テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

芝刈り機です

 爆弾処理機械でもなく、マサルの新しい移動用マシンでもありません。芝刈り機です。これさえ持っていればもう隣の芝生は青く見えないでしょう、お値段はUS$11000ほどです。

メーカーのサイトはこちら



イベント案内 F1疾走するデザイン

 行きたいなぁ、、公式サイトはこちら

tenrankai F1

とある中国の自転車工場にて

 あまり見慣れない自転車だったので聞いてみたら、オランダへ輸出する商品のサンプルだそうです。見た通りの頑丈そうなフレームに昔風のハンドルにベル。前ブレーキはついてなくて、後ろブレーキはペダルを逆回転させて掛けるコースターブレーキです。ここまでシンプルだとなんだかかっこいいですね。

 オランダってまだこんな自転車が走っているんだ。。。あ、当然のようにサドルはものすごく高くて、私を含め周囲にいた中国人はみんな足が届きそうにありませんでした。さすがオランダ人、標準サイズがでかい。

sample 050

BMW S1000RR プレス発表動画

 プレス発表会場で撮影された動画です。登場シーンでは数秒ですが音も聞けます。

BMW S1000RR これで09年スーパーバイクに参戦します

 ついに正式に姿を現したBMWのワールドスーパーバイク参戦マシンS1000RRです。ホモロゲーション取得のために市販モデルも製造販売されるはずです。見れば見るほど日本製スーパーバイク手法に沿った作りに見えます。気になるのは少ないながらも車体に貼られているステッカーにデロルトがあることです。イタリアのキャブレターメーカーで最近は燃料噴射装置も作っているようです。そっかBMWはデロルトと組むのか、ちょっと意外。



自分のハーレーでアメリカ大陸をツーリング
 近畿日本ツーリストが売り出したツアーです。自分のハーレーをコンテナ船でアメリカ西海岸まで送ってもらい、ロサンゼルスからシカゴまで15日間掛けてツーリングするそうです。

 ツアー料金は198万円!ミルウォーキーではハーレーの105周年記念イベントも見学できるようです。ホテルはラマダインクラスかモーテルだそうなので、それほど高級でもないですね。とすると、16泊18日のこのツアー料金のかなりの部分がオートバイの往復代とその諸費用のような気がします。

8人限定のツアーなので、興味のある方はお早めに。こちらです
ソニーブラビアの新しいCM 「泡」

 ソニーの新しいCMです。泡だらけで楽しそうです。CMは毎回面白いぞ、商売もがんばれソニー!

ソニーUKのサイトはこちら

アクションの分解写真

 オートバイのアクションジャンプは動画で見ることが多いですが、こんな感じの分解写真で見ても面白いですね。ワザの詳細が分かりますし。。ま、見たからといってすぐにできるわけはありませんが。



キース・リチャーズとルイ・ヴィトン

 えー、お化けじゃないです。ルイ・ヴィトンの広告です。それにしてもキース、かっこよすぎ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。