FC2ブログ
世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマハ、RD350とTDR350

 イタリアのブログで見つけたヤマハRD350とTDR350のデザインです。もちろんイタリア語は読めないので、何が書いてあるのかさっぱり分かりませんが、2サイクル2気筒を復活させて今風のフレームに載せるのはなかなか良いアイデアですね。

イタリアのサイトはこちら。 

YAMAHA RD Official 96 dpi OBI
Black OBI


C.ロナウドはカーボン製のサッカーシューズを履く

 今最も注目を集めているサッカー選手といえば、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドでしょう。開幕したEURO2008でも活躍が期待されています。そんなC・ロナウドが履いているのはぜーんぶカーボンで作られたサッカーシューズです。もう見ただけで軽そうですよね。US$400で購入可能です。

ご購入はこちら

 C・ロナウドをご存知ない方のために、数年前に日本で放映されていたTV CMも載せておきます。私の友人もこれくらい身のこなしがうまければ、あのとき闘牛場で牛に激突されずに済んだのに、、、、あ、ごめんよジョニーO。




これであなたも変化球投手になれる

 変化球を投げられるっていうのは、十分周囲に自慢してよい技の一つだと思います。プラスティックのボールですが周囲に穴が開けられていて回転するベルトでその穴を開閉することにより、カーブ、シンカー、ナックル、などが投げられるようになるそうです。

 プロフェッショナルの真似が500円でかなうなんて、なんかいいアイデアだ。

 関連記事はこちら



ホンダ、スーパースポーツ用電子制御式コンバインドABSブレーキ開発

 Hondaは、二輪車のスーパースポーツモデルに適した先進のブレーキシステムである電子制御式「コンバインドABS」を世界で初めて開発した。

 この電子制御式「コンバインドABS」は、コンバインドブレーキシステム(前・後輪連動ブレーキシステム)とABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の双方を、電子制御化することで、従来のシステムに比べより緻密なコントロールを可能としたシステムである。


 CBR600RRに前後連動ブレーキとABSシステムを搭載、数年後には市販化されるようです。MCNの記事ではこの試作車に乗ったとか書いてありました。

ホンダのプレスリリースはこちら

Honda20CBR600RR20ABS.jpg
Honda-cbr600rr-abs-diagram.jpg

カワサキ、2300cc V12エンジン

 カワサキには昔Z1300っていう水冷6気筒FIエンジンのオートバイがありました。学生の頃の友人がこれに乗っていて、めちゃめちゃかっこよかったのを思い出しました。

 6気筒なので、もうワンセットくっつければ12気筒です。すげ。後ろバンク側の排気取り回しはどうなってるんだろう?それにしてもマフラーが小さすぎない?元記事には後ろバンクをくっつける苦労が切々と語られています。

こっちに詳しい記事があります。


122View.jpg

MZ、今年一杯で業務停止

 旧東ドイツの老舗オートバイメーカーのMZは今年一杯で業務を停止するようです。ヤマハも一時期エンジンアッセンブリーを供給していたよね。写真はハンガリーの街角で見かけたMZ、空冷2ストシングルエンジン。

元記事はこちら
MZに関するWikiはこちら

sample 302

インドのM&M、イタリアのE&Eを買収
 インドの多角経営企業マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)がイタリアのオートバイ設計会社エンジンズエンジニアリング(E&E)を買収したというニュースを見つけました。E&Eはイタリアのボローニャにあって、オートバイメーカーから設計業務を請け負っている会社です。E&Eのサイトをみると、どんなメーカーのどんなモデルを担当してきたかが出ています。出てくるモデルの全てを設計しているわけではなく、一部だけのケースも多いと思いますが・・・ヤマハの660テネレなどは、クレイモデルらしきものまで公開されていますが、いいのかね?
 
 インドの会社が買収したということで今後のインド製オートバイのデザインや設計にある程度影響が出てきそうです。イタリアの有名デザイン会社ピニンファリーナも確かインドのタタ自動車が資本を入れてますし、他社の安い真似モデルからなかなか脱却できない中国メーカーよりも今後は自動車もオートバイもインドが他国への輸出などその勢力を拡大していくような予感がします。

 余談ですが、F1モナコGPでインドの鉄鋼会社ミタルの社長が日産・ルノーのカルロス・ゴーン社長と一緒に写真に写っているのを見かけました。「社長、鉄板安くしてよ」とか言ってたり、、、しないか。。

元記事はこちら

E&Eのサイトはこちら(WORKSって項目に注目)
素手では回せないネジは手軽な工具を使う

 ネジでもボルトでも素手で回そうと思うとなかなか簡単には回らないものです。ドライバーやスパナが身近にあればよいのですが工具の収納場所はどうしても大げさになってしまって、すぐに取り出せるところにはない場合が多いです。そこで、こんなお手軽な工具というより道具はいかがでしょう。指でつまむだけで結構力が掛けられそうなデザインになってますよね。いいな、これ。Sharkっていうネーミングもいいね。

 元記事はこちら

shark tool

バレンティーノ、イタリアカラーで登場

 スペイン・カタルーニャGPでヤマハのバレンティーノ・ロッシはスペシャルカラーリングのマシンで登場しました。もうすぐ始まるサッカーのEURO2008にちなんでイタリアのユニフォームカラーのマシンと、ツナギもまるでサッカーウェアのようなカラーリングで登場です。よーく見るとテールカウルに描かれているブルドックもサッカーボールを持っています。
 
 EURO2008は欧州の国別で争われます。イタリアはもちろんいつものように有力候補ですが、今年はポルトガルのC・ロナウドの大会になるような気がします。



中国のレジ袋が一斉に消えました
 6月1日から中国ではスーパー、コンビニなどで無料レジ袋が廃止されました。有料で提供する場合もいろいろ制限があるようで、近所のスーパーやコンビニではレジ袋が完全に撤去されていました。ので、買い物をした場合、エコバックなどを持参するか商品をそのまま手で持って帰るかしなければなりません。

 環境に配慮しての活動はとても良い事だとは思いますが、今までレジ袋などどれだけでもくれたお店が一斉になくしてしまうところは、いかにも中国らしいです。功罪併せ持っていると感じますけどね。
ヤマハ新型Vmax、欧州では飛行場でプレス発表

 アメリカでは空母の甲板上で発表されたVmax、欧州ではスペインマドリッド郊外の飛行場でプレスにお披露目されたようです。イベントにはスペイン空軍のアクロバットチームが呼ばれたようで、編隊飛行で登場してます。まぁ、世界のあちこちで派手にやってます。Xmaxですしね、あれだけ長い間イメージサイトだのモーターショーでのプロトだので引っ張ったんだから、いいか。写真を色々見ましたが、ライダーが乗っている姿はほんとさまになってますね。やや不満なのは、でかいリヤタイヤが最近のロープロファイル化で横からみるとタイヤ高さが薄く、リヤフェンダーとの間にすき間が見えて個人的にはちょっとかっこよくないなぁ。

新型Vmaxはサンディエゴの空母上でお披露目

 アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴには空母ミッドウェイが係留されたまま博物館になっています。そこでヤマハの新型Vmaxがプレス発表されたって書いてありますが、、、すごい、かっこよすぎ。

Vmax is Back!!

 1679cc 200馬力。

サイトはこちら。 



駐車違反切符を切られない方法かな
ホンダ、2010年までに電動バイクを国内投入

 ホンダは27日、ガソリンを使わない電動小型スクーターを2010年までに国内で販売する方針を明らかにした。大山龍寛常務二輪事業本部長が西日本新聞のインタビューに答えた。09年中に国内唯一の二輪車生産拠点となる熊本製作所(熊本県大津町)で生産する見込み。価格は10万円台後半から20万円程度に抑え、二輪車でも環境志向をアピールする。



 環境への配慮もさることながら、ガソリン価格の高騰はこのまま高止まりの気配さえありますものね。

元記事はこちら
MotoGPドカティの二人乗り仕様

 MotoGPのイベントで有名人などがランディ・マモラの運転するドカティの二人乗り仕様に乗せてもらえます。おっと今年もマモラが運転しているのか未確認ですが。。。ドカティワークス仕様は最高速330km/hくらい出ますが、このマシンはどのくらい出るのでしょう?しかもライダーはマモラですしね、乗ってみたいなぁ。。。

 誰か乗る機会があったら、コーナリング中のマモラの外足がステップから外れてるか確認してね、、、って無理だし。



ティファニーの作った自転車がオークションに出品

 1890年頃にティファニーで仕立てられた珍しい女性用自転車です。象牙のハンドルグリップ、フレーム各部の銀装飾はティファニーらしいといえるかもしれませんね。各部をよく見てみると、ブレーキは前だけ、しかもレバーを握ると、タイヤを直接上から押すようになっています。チェーンにすそが絡まないように一応カバーされているところを見ると、装飾目的ではなく実際に使われたような気もします。

 ニューヨークのBonhamsというオークションサイトで$50000-$70000落札が予測されています。興味のある方はこちらから

ti bc

ドカティは調子を取り戻したか?

 イタリアのムジェロはボローニャから近いそうで、ボローニャに会社のあるドカティにとってはホームレースです。昨年のチャンピオン、ストーナーも調子を取り戻したようで、表彰台を獲得しました。ストーナーのチームメイトのマルコ・メランドリはいまだに泥沼状態のようで、マシンをいじればいじるほど悪くなるという負のスパイラルにはまっているようです。メランドリはヤマハでも走っていて下位に低迷するようなライダーではないのですが、なんとか浮上のきっかけを掴んで欲しいものです。トニー・エリアスもね。

 えっと、写真はなんか面白かったので、、、ストーナー人形と、後ろに立ってるのは、ロッシがヤマハに来るまでヤマハファクトリーチームでメカニックやってた人です。



モンキーレンチです

 まじめに使えるとはあまり思えませんが、ま、ネタです。

hand wrench

USヤマハの広告

 ムジェロで独走優勝した夜に前のレースの話題を載せるのはいささか気が引けますが、サイクルニュース誌に載せたUSヤマハの広告です。中国のときと違って今回のコピーは素人にも(表彰台独占で)分かりやすいと思ったのですが、トリプルクラウンって単純に調べると、「三冠王」だって。。。アメリカだけに野球に引っ掛けたの?考えすぎ?英語って難しいよ。次の広告はどんなだろう?ムジェロで7連勝だしな。

triple yamaha

MotoGPムジェロ、ロッシは今年もスペシャルヘルメット

 イタリア・ムジェロではいつもスペシャルカラーリングのヘルメットで登場するバレンティーノ・ロッシですが、今年は自分の顔をヘルメットに描いています。ちょっと見ると後からコラージュしたんじゃないかって疑ってしまいそうなデザインですね。

20080530 rossi

ホンダモンキーに125cc4気筒エンジンを搭載

 ホンダのモンキーといえば改造を楽しむ人も多いモデルですが、写真は並列4気筒化してます(排気量は125cc)。自作っぽいシリンダーヘッドがかなりかっこいい。公式サイトがあるのですが、ドイツ語らしく詳細はよく分かりません。こちら

 実際に走っている動画もあります。音はさすがにマルチエンジンないい音してます。こちら

monky 50 4cylinder

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。