世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の大晦日
 昨年は上海でしたが、今年は京都で大晦日です。たまには市内観光でもしてみるかということで、駆け足で回ってきました。来年の大河ドラマで話題になっているのでまずは坂本竜馬が暗殺された場所に行きました。河原町通りのコンビニ脇にひっそり立ってます。そういえば池田屋跡は居酒屋さんになっていました。

清水寺 004

 そのあとは、祇園の辰巳神社や一力のあたりをぶらつき、大晦日ならやはり知恩院の大鐘楼を見学しておこうと、歩いていってみました。さすがにお昼過ぎだとまだ参拝客も少なくて鐘のそばにも簡単に行けました。下の写真が大晦日の知恩院の鐘です。行く年来る年の出演回数率かなり高いです。

清水寺 017

 今年も今朝のニュースをご覧いただきましてありがとうございました。来年も世界のニュースをできるだけ素早く簡潔にお伝えして皆さんのアイデアの素になればと思います。良いお年を。
スポンサーサイト
ヤマハ、X-CITYの広告
 イタリアの古い町並みを動物が走るシリーズ。ローマを狼が、ナポリをロバが走っています。そして象はカターニャをヤマハのスクーターで駆け抜けます。なんで象なのかは知りません。象が踏んでも壊れないって、、、さすがにイタリア人は知らんだろうし。。。


モリワキ、MOTO2マシンを欧州に出荷
 600ccで行われるMoto2レースのためにモリワキはマシンを複数のチームに供給しています。欧州のチームに送付されるマシンの写真がMotoGPのサイトに掲載されていました。ホイールもフロントフォークも各チームが準備するので装備されないまま出荷されるようですね。(マフラーがそのままなのがちょっと不思議)ホイールもフロントフォークもないので、鉄枠の中で車両を固定するのがちょっとたいへんそうですね。

 MotoGPのサイトはこちら。

n505762.jpg
ホンダ、GT500にプロトタイプを投入
 NSXが開発中止になったのでどうなることかと思ってましたが、こんな隠し球を開発していたとは。さすがホンダ。

 ホンダサイトはこちら。


MotoGPドカティGP10、ニッキーが写真をリーク
 シーズンオフのプロモーション活動をこなしているドカティのニッキー・ヘイデンは、ドカティファクトリーを訪問した際に来年用マシンの写真を撮影し自分の公式サイトに掲載しています。GP10と呼ばれる来年用のマシンはまだどこにも公表していないはずなのですが、ライダー自らが写真を載せてしまっていいのだろうか?ニッキー本人のコメントはいたってのんきで来年用の新しいウエポン見たぜ!的なのですが、別のサイトの記事では、カウル形状を変更し来シーズンのエンジン使用規制に合わせて冷却性能を向上させてエンジンライフを延ばす考えのようだとコメントしています。

 ニッキーの公式サイトはこちら。


竹を使った三輪自転車
 デザイン学校の生徒さんが考えたパーソナルモビリティ。フレームは竹でできています。ちょっとレーシングカーっぽくてカッコいいですね。

 元記事はこちら。Yanko Design


Cycle Mode 2009 続きの続き
 サイクルモードの会場外でも自転車を展示していました。Vanmoofっていう会社名だったのでなんだかオランダっぽい名前とデザインだぁと思っていたら、本当にオランダの自転車でした。値段も6万円後半からのようなので、もしかすると人気でるかも。

 Vanmoofのサイトはこちら。


薪割りマシン
 暖炉やキャンプに使う薪ってこうやって作るんだ。すげ。

バイクと一緒、こんなマンションはいかがでしょう
 埼玉県にあるマンションはオートバイ所有者をターゲットにした物件を用意しています。部屋までオートバイを持ち込めるように大型のエレベーターが装備され(前乗り、前降りなので移動もスムーズ)部屋にオートバイ用スペースがあります。1階の共同スペースには整備室も用意されており至れり尽くせりです。

 ジュイール狭山バイカーズハウスのサイトはこちら。

life style
Cycle Mode 2009 続き
 ロードレースの自転車は重量が軽いほど偉い!という判定基準があって(ま、そればっかりでもないですが)デジカメの画素数やPCのクロック数のごとく分かりやすい数字としてユーザーの心をくすぐり続けています。自転車部品のカタログにはほぼ例外なく部品単品の重量が表記されていることからもどれほど感心を集めているかが分かります。

 さて幕張で飾ってあったスペシャライズドの自転車はこうしてはかりに掛けられて展示されているので誰の目にも重量が明らかです。6kgを下回っているというのはかなりすごいです。


シトロエンC3のCM
RACERSの第2号が待ち遠しい
 創刊号でNS500を特集した雑誌RACERS、次号はYZR500の特集が予定されており、12月24日の発売日が楽しみでたまりません。公式ブログもあってこの写真はそこから借りたもの。しっかしかっこいいなぁ。。。。

 RACERSのブログはこちらから。

photo kr
ハーレーダービッドソンの広告
 広告タイトルはエスケープ。


ヨーロッパも雪模様のようです
 ここ数日、日本もかなりの雪が降った地域があるようです。欧州でもめずらしく雪が積もっています。イタリアのミラノも積雪があったようですし、写真のようにパリのコンコルド広場も雪が積もっています。

 パリではバイクタクシーが導入され、ひどい渋滞の救世主として期待されていますが、これまでの自動車タクシーが抗議のデモを行ったりしていました。が、さすがのバイクタクシーも雪には勝てないようです。


アストンマーチンが作ったトヨタiQ
 やっぱりグリルはこうでなくっちゃですよね、アストンマーチンなんだから。かっこいいな。


一瞬で脱ぎ着できるスニーカー
 素早い着替えが求められるトライアスロン用なんだそうです。かかと部分を可動式にすることでちょっと面白いスニーカーに仕上がっています。

 お買い求めはこちら。Scott Sport

scott shoes1
scott shoes 2

毎年恒例ヤマハMotoGP開発者インタビュー
 シーズンオフに行われる恒例のヤマハMotoGP開発者インタビュー、今年は例年以上に内容濃くシーズンを振り返っています。面白い。

 ヤマハの公式サイトはこちら


ホンダ、インドで110ccの新しいオートバイを発表
 ホンダインドは来年2月からインドで発売するCB110Twisterの発表会を先週行ったようです。インドの110ccクラスは現在最も台数の出るセグメントでヒーローホンダとバジャージがマーケットを引っ張っている感じです。そこへ新たに登場したホンダのCB110は9馬力、リッターあたりの燃費は70km!!とか。。。お値段は42000ルピー(US$902)。

 ホンダインドの公式サイトはこちら。


Cycle Mode 2009に行ってきました
 このところ自転車欲しい症候群を患っているので、幕張メッセで開催されたCycle Mode 2009に行ってきました。早朝の高速バスに乗り、皇居のお堀のそばを通って東京駅に到着、JRで海浜幕張に向かうという正しい上京方法で幕張メッセに無事に着きました。(今年は東京モーターショーでしたがそちらには行かず、自転車ショーに行くっていうのも職業上ちょっと問題ありかも)

 昨年は上海の自転車ショーにも行きましたが、中国ではちょっと展示車のハンドルを触っただけで「高価な商品だから触らないでね、シッシっ」っとまるでお客扱いされませんでしたが、幕張では試乗を中心にたくさんの展示車両に触れることができます。その試乗も入場の際に簡単な誓約書を書くだけで各社が用意している試乗車に何度でも乗ることができますし試乗コースもかなり長くてロードバイクでもかなり楽しめます。せっかくだからフルカーボンバイクに乗ろうとトレック・マドン6.9プロ+シマノデュラエースっという完成車で購入したら100万円を軽く超える自転車に乗ってみました。。。。びっくり!私が今まで乗っていたものとは次元が違いすぎるというか全く別の乗り物でした。素人なのでフレーム剛性がどうのとか振動吸収性がどうのなどという感想は全く出てきませんが、軽さがこれほど違いを生むとは、、、あとはギアチェンジもいまどき恐竜のようなWレバーを使っている私にはびっくりの感覚でした。ああますます自転車が欲しい。。。。

 あ、そうそうヤマハのパスも試乗をしており、かなりの人が試乗をされていました。乗り物のショーなんだから見て触って乗れてなんぼやん。と改めて強く感じたのでした。。。オートバイももっと気軽に試乗できるようになるといいのに。

cycle mode 2009
MotoGP、2012年から4気筒1000ccへ
 MotoGPは2012年から排気量を1000ccにすることを正式に決定しています。ピストンの数は最大4つ、ホンダは新しいエンジンが必要になるということ。ワールドスーパーバイクとの兼ね合いがますます気になりますね。でも参加チームが増えて面白いレースが見れるなら大歓迎です。

 MotoGPの公式サイトはこちら。
ルパンからの予告状
 あなたの盗んでほしいものを依頼するとルパン三世が予告状を出してくれます。これはいい。サイトに飛ぶとちょっと変わったイラストが出てきますが、さて、いつの予告状に使われていたでしょう?

 ルパンスティールジャパン公式サイトはこちら。聞き慣れた音が出るので注意です

lupin the 3
カッティングシートで車の色を変える
 最近のカッティングシートは伸縮性があって曲面でもかなりきれいに貼れるんですね。真っ赤なフェラーリを黒に変えるデモンストレーションをやっています。連絡先を見るとイギリスの会社のようです。オートバイもあらかじめ印刷されたカッティングシートを売り出せば手軽にMotoGPレプリカとか自分でできそうだなぁ。

 イギリスの会社はここ。Creative FX

ヤマハ、スーパーテネレ2010
 東京モーターショーでコンセプトモデルが登場していましたが、いよいよスーパーテネレが復活するようです。これはそのティーザー広告。

 詳しくはこちら。YAMAHA MOTOR EUROPE

ヤマハ、モペット型でもオートマチック
 スクーターと呼ばれるタイプの乗り物の他にはVベルトを使って変速させる乗り物はあまりないのですが、ヤマハは写真のようなモペットタイプに特殊なVベルトを採用しスクーターのような変速機能を持たせた新型車をまずはベトナムで、そしてタイ、インドネシアで次々に発売するようです。従来のようなVベルトではなく、コマを並べてゴムでつないだような新しいVベルトを採用しています。Vベルトは曲げ延ばしにどうしても弱いので軸間を短くすると寿命も短くなりがちですが、ヤマハは新機構のベルトとベルト室の熱対応などで乗り切るようです。またアセアンで売れそうなスタイリングですね。

 元記事はこちら。Tech-On !


1208YAMAHA3.jpg

PDFファイルをエクセルに無料で変換
 電子メールなどでもらったPDF資料が編集可能なデータになったら、、そんな経験がありませんか?このサイトなら無料でエクセルやワードに変換してくれるようです。これは使えそう。

 試してみたい人はこちら。PDF TO EXCEL

pdf to excel
ヘルメットを安全に脱がす方法
 ヘルメットを被る乗り物で不幸にも事故に遭遇した場合、ヘルメットをどうやって安全に脱がすかはかなり重要です。首にダメージを受けている場合はなおさらで、素早く安全に脱がすことがどれだけ難しいかはちょっと想像すれば容易に想像がつきます。

 アメリカのサイトで見つけたこのシステムはあらかじめヘルメットに仕込まれた小さなエアバックに空気を送り込むことでゆっくり安全にヘルメットを脱がすことができるようです。現役のフリースタイルモトクロスライダーなんかが登場してこういうシステムの重要性を説明するあたりが、とってもアメリカ的でいいなぁ、と思う部分ですね。

 詳しい説明はこのへんから。Shock Doctor

eject helmet
キャリーバッグ+キックボード
 良いアイデアだ。キャリーバッグにキックボードをつけるなんて。飛行場でこれに乗ってたらかなり注目浴びそう。欲しい。普通にキャリーバックとして使える点もいいよね。

 ドイツの会社みたいなんだけど、リンク先にもこの商品は見つけられなかった。参考までmicro mobility 


ハンドメイドの三輪車
 クロモリフレームにステンのフォーク、ヘッドセットはカンパニョーロとなかなか凝った作りの三輪車。てっきりイギリスの工房かと思いきや、アメリカのオレゴンだって。。。まだまだアメリカでもこんな良い仕事する工房が残っているんですね。お値段はかなり高くて10000$。

 お買い求めはこちら。Vanilla Bicycles


バレンティーノ・ロッシ仕様の子供部屋
 イタリアの家具メーカーが提案しているバレンティーノ・ロッシ仕様の子供部屋です。イメージカラーのブルーとイエローでセンスよくまとめられています。個人的には床に敷いてあるマットがコース図になっているのがいい感じ。

 子供のうちからイメトレさせたい人はこちら


ソニープレイステーション15周年
 相変わらずソニーの広告は素敵です。プレイステーションの15周年記念の広告です。歴代のプレイステーションをピクトグラムにして年代別に見せています。年表のように製品を見せるって言うのは良いアイデアだな。

 ソニーのサイトはこちら。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。