世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の朝練は京都
 昔オートバイでよく走りに行った周山の笠トンネルまで朝練に出かけました。昔はなかった長いトンネルがあって、自転車でトンネルは危ないし、空気悪いし、結構自動車の通行量が多いのであまり走りやすくはなかったです。(自宅にサイコン忘れて距離測れず)

 帰りに清滝方面に寄り道して、大昔ブリヂストンのロードマンで登ってた道を走ってきました。写真はよく観光パンフレットに出てくる鳥居で、道を左に行くと保津峡へ抜ける六丁峠(中学生のころロードマンでこの峠を登って帰り道調子に乗ってスピード出したらヘアピンを曲がりきれない速度になっていて思いっきりブレーキかけたら自転車ごと前転した経験あり)右の道を行くと清滝です。鳥居に後ろにあるお店は天然鮎で有名な平野屋さん。

DSCF4669.jpg

 そうそう、嵐山で発売したばかりのホンダのPCXを発見。売れてるみたいです。

DSCF4670.jpg
スポンサーサイト
休日は京都でのんびり
 書院造りで有名な銀閣寺に行ってきました。まぁ、名前のようなシルバー感はまったく無いわけですが。桜が終わり、新緑がまぶしい京都です。


iPhoneアプリで自転車の適正サイズを計測する
 ロードバイクのサイズってかなり重要で選ぶのが難しいです。本当はプロショップで色々計測してもらってサイズを出してもらうのが良いのでしょうが、どうも自転車屋さんとかオートバイ屋さんっていうのは気軽には店に入れない雰囲気がありますよね。

 最近の自転車産業は手作業を減らしてマスプロ化が進んでいるので、多くの自転車メーカーがS・M・Lとなんだか洋服のサイズのようなバリエーションを準備しているところが多いのですが、洋服を選ぶようにはなかなかいかないですよね。

 そこでこのiPhoneアプリです。自分の身体の何カ所かの数字を入力すると、最適な自転車サイズを割り出してくれます。なかなかマニアックなアプリだなぁ。

 iPhoneをお持ちの方はこちらから。

Nonephone.jpg

ヨシムラ、WSBアッセンはやむなく欠場、モンツァに出場へ
 火山噴火の影響を受けて機材が送れず、スポット参戦を予定していたアッセンのWSBに出場できなかったヨシムラ。次のモンツァには出場できるようで、準備も進んでいます。

 「ヨシムラ」と大きくカタカナで書かれたグラフィックがかっこいいな。

yoshimura_suzukicr.jpg
サウスウエスト航空の飛行機を2分半で作る
 ずいぶん昔にエアバスA380を組み立てる様子を記事にしたことがありますが、今回はサウスウエスト航空のボーイングが組み立てられる様子を2分半に縮めた映像です。編集がうまいので非常に楽しく見ることができます。機体の塗装では塗り分けするためのマスキングが機体全体を覆ってあれを貼るだけでも結構たいへんそう。

Cレコードのボトムブラケットを購入
 20年ぶりに分解されたCレコードのボトムブラケットは想像以上にダメージがひどく、とくにチェーンリンク側のボールとレースはどう見ても交換が必要でした。あ、シャフトも。

 そこで部品を探していましたが、オークションでちょうど程度の良さそうなセットが出品されていたので11,000円で無事に獲得。これでようやく修理ができそう。ゴールデンウィーク中には完成できるかなぁ。


MTBで山登り
 今日はロードの練習を休んでMTBで山登りです。MTBは持っていないけど、近くでお手軽に(4時間1,000円)貸してくれてコースも紹介してくれるところがあったので、さっそくMTBで20kmのトレールコースを走ってきました。

 最初は太いタイヤとサスペンションに違和感がありましたが、林道を登っていよいよ山道。借りた自転車はフロント3段なので一番低いギアにするとペダルが相当軽くなって良いのですが、ガレ場の急坂では座りながらのペダリングはだんだんきつくなるし、かといって立ってこぐとすぐにリアがホイールスピンしてしまってちっとも前に進みません。MTBでの登りって結構難しいものですね。600m程度の山でしたが、登りきれず最後は押して上がりました。写真はついに停まってしまってばてたので倒れた図です。

 あんまり乗るとMTBが欲しくなるので、やはりロードに専念しようと思います。


3Dテレビのプロモーション
 パナソニックから発売された3Dテレビ、眼鏡をかけると飛び出す様子がよく見えます。最近の3D眼鏡は昔のような片方が赤でもう片方が青くて掛けるとちょっとかっこわるいものとは違ってちょっとしたサングラスっぽくなっているんですね。

 電気店のコーナーに設置された3D眼鏡はスタンドに装着されており、子供から大人までその高さを自由に調節できるようになっています。なかなか良く出来たスタンドです。

 肝心の3D映像は、、、遠近感が出過ぎると映像に酔わないですか?私は結構苦手です。


シェルのCM、エンジンオイルはこう流れている
 透明なフェアレディZを作ってそこにエンジンオイルを流し込んでオイルがどのようにエンジン内部を流れて潤滑しているか見事に表現しているシェルのCMです。

 クランクシャフトの部分にオイルが流れている様子はかなり興味深いです。これまではエンジン内部を見せるのにカットエンジンが主流でしたが、今後はこんな透明モデルが流行るかもね。でもどうやって作るんだろう?3Dプリンター?

ポルシェパナメーラのタクシー仕様
 欧州なんかだとメルセデスをタクシーに使用していることは良く見かけます。走行距離が半端ではないので耐久性を考えるとかえって安いという話をタクシーの運転手から聞いたことがあります。

 さすがに今までポルシェのタクシーは見たことがありません。まぁ、4ドアのポルシェはほとんどなかったからですけど(カイエンくらいか?)、パナメーラはポルシェ注目の4ドア車で、タクシー仕様も登場しています。

 ドイツに行ったら乗ってみたいなぁ。

アルミ削りだしのヘルメット
 5軸CNCマシンが120kgもあるアルミの塊から原寸大のヘルメットを削りだしています。すげ。

ダクトテープの使い道
 日本だとガムテープでどうにかしてしまうっていう伝統?がありますが、外国では銀色や灰色のダクトテープでなんとかしてしまうというケースが多いようです。強盗なんかが人質の口を塞ぐのに銀色のテープを貼るのを映画なんかで見たことがあると思いますが、あれです。

 カッコいい腕時計をしたメカニックが今まさにダクトテープをはさみで切っている様子が下の写真です。



 何を修理しているのかというと、

f1-2010-chi-xp-0361.jpg

 F1上海GPの予選でシューマッハのマシンを修理しているのでした。。。おお、F1の修理にも使えるなんて凄いテープだ。
MotoGPモテギ、火山の影響でキャンセル!
 アイスランドの火山の影響で欧州の航空状況は空港閉鎖など混乱が続いていますが、来週に予定されているMotoGPモテギはなんとキャンセル。10月3日に延期されるようです。どうやら悪い予感が的中したようです。

 なんてこったせっかく今年もモテギに行こうと思っていたのに。。。

 ニュースの元はこちら。そのうち正式リリースが出るでしょう。

 F1の方も上海の後はカタルーニャが予定されていますが、機材はもちろん人の移動にも支障が出ているようです。ネタ元はこちら。
朝練は土砂崩れでたいへん
 先週の朝練コースを再度挑戦。今朝は朝食をしっかり食べて出かけたら案外走れた。やっぱり朝食は大事やね。山を一つ越えて気持ちよく下ってきたら突然道路が通行止めになっていて天竜方面には抜けられない。写真奥の斜面が崩れて土砂が道路を塞いでいる。近くにいたおじさんに聞いたら、「ちょっと坂がきついけど」迂回路があるというからそっちに回ってみたら、とても自転車で上がれない坂だった。無理して落車しても痛いので、降りて押して登った。

 今日は寄り道をしなっかたので60km走行、平均時速26.1km。練習にはちょうど良い距離だ。


Cレコードのボトムブラケットは予想以上にひどい状態だった
 工具さえあればなんとかなるよ、とクランクを外し、ボトムブラケットの左ワンを外してベアリングとシャフトを抜いたら、、、ぎゃーすごい状態に。よくこんなので今まで回ってたな。グリスが劣化して泥も堆積して、左側のベアリングは比較的大丈夫ですけど、右側はボールの転走面が荒れてて、いわゆるちょっと虫食ってる状態です。とほほ。

 Cレコードのボトムブラケットをこれから入手するには予算がなぁ。。。せめてボールベアリングだけでも交換するか。。。また悩む日々。来週に続く。


ロッシ、モトクロス練習中に転倒で怪我
 モテギGPを来週に控えたこの時期にバレンティーノロッシがモトクロスで練習中に転倒、右肩を怪我をしたっていう情報があちこちで流れています。フィアットヤマハのマネージャー、ダビデブリビオのTwitterでも英語、イタリア語でつぶやいています。「ばれんてぃーの なう」とは書いてませんけど。ダビデのTwitterはこちら。

 痛みだけでモテギはOKだとダビデは書いていますけど、ちょっと心配ですね。

 アイスランド火山の影響でそもそも欧州の方々が日本まで飛んで来れるのか?っていのも心配の一つです。去年は大雨で予選はなくなるし、今年は火山噴火でマシンやライダーが到着できない、なんてことにならねば良いのですが。

 あ、私は今年も土曜日からモテギへ行く予定です。
F1上海GP、ブレーキングでフロントホイール破損
 F1上海GPの練習走行中、トロ・ロッソのマシンがブレーキングした途端、フロントタイヤが左右ともにサスペンションアーム付近から吹き飛び、片方のタイヤはカメラに当たるという事故が発生しています。

 誰にも怪我がなかったようなのでよかったですけど、ブレーキングで吹き飛んだらいくらなんでもだめですよね。

カンパの工具ついに入手
 カンパのコルサ・レコード(Cレコ)っていうグレードはたいへんかっこ良いのですが整備するのはたいへんです。ネットで調べて、入手がほぼ不可能かなと思っていた逆ネジのクランク抜きが見つかりました。写真右下すみのがそれです。シクロタカハシさんありがとう!こちら。


ミック・ジャガー、ホンダに乗る
 ミックジャガーがホンダに乗ってる珍しい写真です。有名人がオートバイに乗っているところを集めたサイトってのもあるんですね。こちら。トライアンフ率高いです。

mick 081
オートバイ型の気球
 BSBブリティッシュスーパーバイクの宣伝告知のために作られたオートバイ型の気球です。車体下部付近に人が乗るかごが小さく映っているので気球の大きさが想像できると思います。

 こんなのでみんなに告知したらもっと集客増えそうだなぁ。日本でもやらないかな。


渋滞によって無駄に浪費される時間
 交通渋滞による浪費時間をアメリカの都市ごとにまとめたグラフです。赤い線が1997年当時の浪費時間、グレーのエリアが2007年の分を表しています。ほとんどの都市で2007年の方が状況が悪くなっているのが見えますし、やっぱりロスアンゼルスが渋滞ひどそうとか、ニューヨークはそれほどでもないんだとか、都市の特徴も簡単に把握できます。

 こうしたシンプルで分かりやすいグラフ化って非常に参考になりますね。複雑な事象をどうやって単純な図案で説明できるか、もっと勉強しないとな。

 元記事はこちら。Jalopnik


ロッシ、久しぶりにホンダのマシンに乗る
 MotoGPの初戦を優勝で飾ったバレンティーノ・ロッシ。チェッカー後のクールダウンラップでM1がガス欠になったようでコースマーシャルの移動用バイクでパドックに戻ってきたのでした。おっと、このスクーターはホンダじゃないか。


ロシア版エンジンそり
 雪上を軽やかに走ろうと思うと、乗り物の重量を軽くするとか駆動系を軽くするとかありますが、ロシアで製作されたソリ型雪上車。後部の駆動輪がとても軽くできているようなので案外軽やかに雪上を走れそうです。

 元ネタはこちら。


3S6Z3336.jpg
ホンダの電動バイクは東芝製の電池を使用
 ホンダが発表した電動バイクは東芝製のリチウムイオン電池を採用しています。古い読者はご存知かもしれませんが、東芝の新しいリチウムイオン電池は「今朝ニュー」で2005年から追いかけてきた電池です。

 2005年3月 試作品の発表 リンクはこちら。
 2006年7月 実用化にめど リンクはこちら。
 2008年4月 製品化 リンクはこちら。
 
 そしてホンダへの採用につながっています。電池って商品化までにもっと時間が掛かるのかなぁと思っていたんですけど、こうして時系列で記事だけを追いかけても東芝の商品開発の早さが実感できてすごいですね。
 
ホンダ、電動バイクを発表
 ホンダが日本市場向けの電動バイクを発表しています。まずは業務用として今年の12月に販売するようです。詳しいニュースリリースはこちらを。

 テレビのニュースにもなっていますが、その中でちらっと映った充電器の大きさが気になります。充電器の機能だけで言えばもっと小さくできるはずですが、よほど安全に気を配っているのか、小さすぎて粗雑に扱われるのを嫌ったのか、その理由に興味があります。


201004131535285ba.jpg


電動トライアルマシン OSET
 バッテリーで動くトライアルマシン。アメリカのモトクロ雑誌で見つけました。これは子供用にしておくにはもったいないくらいかっこいい。ちょっといくらなのか分からなかったけど、お買い求めはこちらで。

 OSET Electric Mini Bikes


IMG_2294.jpg
今でも購入できるペニーファージングタイプの自転車
 乗ってみたいなぁ。でもフロント32インチ、リヤ12インチだって。パンクとかしてもチューブもタイヤも簡単には売ってそうにないな。お値段は500ポンド(約72,000円)お、現実的お値段。

 お買い求めはこちら。

 なんでペニーファージングっていうかは、Wikiに載ってた。こちら。


CASATIを分解 その2
 ボトムブラケット周辺を残してバラバラ状態のCASATIです。コルサ・レコードっていうグレードのボトムブラケットとクランクがついているのですが、このクランクを取付けているボルトが非常に特殊でかなり苦労しました。まずヘキサゴンが7mmです。普通のヘキサゴンって4、5、6、8mmって続くのですが、こいつは7mmです、ホームセンターでなんとか見つけました。が、このボルトは周囲にもう一つネジがついていて対角に開けられた二つの穴にピンを差し込んで回すようになっています。しかもここは逆ネジです。嫌がらせかよ。外し方は7mmボルトを少し緩めて、次に周囲のネジを通常締める方向(時計方向ね)に少し回し、また7mmをちょいと緩めて、再び特殊ネジを回すという作業を繰り返します。直径2mm程度のピン穴に差し込めるような工具は持っていないので、細いL型ヘキサゴン工具を目測でコの字に折り曲げて即席の工具を作り、潤滑スプレーを掛けながらなんとか緩めました。取り外したボルトが下の写真です。ネットで下調べしていなかったら今頃壊してたな。。。

 最近はクランク本体にシャフトがついていて左右をつないでいますが、ついこの前までの自転車はボトムブラケットにシャフトが通っていてそのシャフトにクランクを取付けていたのです。もちろん私のカンパも後者です。四角断面のシャフトにクランクがはまっているだけですが、これを外すにはコッタレス抜きというオートバイのロータープーラーと同じような工具が必要です。自転車工具はオートバイに比べると安いので助かりますが、互換性という観点でモノを作っていないことが多く、シマノ製の工具であれば1000円程度の工具なのに、カンパのこのコルサレコードは前述の特殊ネジを外したあとにコッタレス工具を取付けるので、、、あー逆ネジです。

 今まで自分でなんとかしてきましたが、ついに自転車屋さんにヘルプを求めるしかなさそうです。悪あがきで木っ端でくさびを自作し、シャフトとクランクの間に打ち込んでみましたが、外れませんでした。。。自転車屋さんなら逆ネジのコッタレス抜き持ってるかなぁ。。。いつになったら修理できるのだろう。また来週。


DSCF4625.jpg
土曜日は朝練の日
 土曜日は朝練の日ということで、また山へ行ってきました。まぁ山というほど険しくはないのですが。平地を巡航するのと違って登りは汗をかくし、下りは一転してめちゃめちゃ寒くなるし、やっぱり自転車のウェアって難しいな。二時間半ほどの練習でした。

走行距離 63.2km  平均速度 25.9km/h

route 2010 04 10
MotoGP2010カタールから開幕
 さぁ次の日曜日はカタールでMotoGP開幕戦です。ロッシ、ロレンソ、ストーナー、ペドロサの4強は今年も強そうですがホンダの調子が今ひとつのようなので、スピーズあたりがここに食い込んできそうな予感です。

 MotoGPクラスに出場するライダーのヘルメット写真です。アライを使っている人は少ないなぁ。

 MotoGPの公式サイトはこちら

motogp helmet 2010
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。