世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CASATI  久しぶりに部品交換
 通勤用に使用しているCASATI、クランク、前後ディレイラー、ヘッドパーツはカンパのコルサレコード、ブレーキはコバルト、シートポストはグレード不明だけどCレコード期の刻印版、ハンドルはチネリのジロデイタリア、ステムもチネリ。で、ペダルもCレコードのエアロだったのですが、トゥークリップだとどうもペダルが回しにくく(まぁ、ストラップをしっかり締めずに走っているので当然ですが)、やっぱりビィンディングにしようと思ってネットで探していたらLOOK OEMのカンパペダルでお手頃なのがあったので早速購入、同時にサドルもセライタリアのSLKっていうまったく形状だけで選んでしまったサドルを購入。大昔はサンマルコのコンコール(復刻じゃないよ)の形状が非常に気に入って使っていたのですが、さすがに経年劣化でぼろぼろになったので、数年前からフライトのすごく安いやつを使っていて、最近はフィジークアリオネだったので、今回は見た重視で薄い形状のサドルを選んでみました。

 ホリゾンタルの細身クロモリフレームはやっぱりかっこいいなぁ。ホイールだけは質実剛健ジテツウにはもってこいのシマノR500なのでちょっと浮いてますね。カンパハブのチューブラーホイール欲しいなぁ。

DSCF5304.jpg

 外したペダル。アルミキャップがついていたんだけど片方脱落して行方不明になってしまったので代用品を装着。ベルトは20年使い続けてるけどまだ元気。トゥークリップは最初はアルミだったけどさすがに使っているうちに割れたので今は鉄。Cレコードのエアロペダルは今でも人気があるのでもしかするとこのコンディションでも売れるかもな。
DSCF5306.jpg
スポンサーサイト
粟ヶ岳 ヒルクライム 24回目
 先週は天気やなんやでほとんど自転車に乗れず。久しぶりの感じで自宅をスタート。やはり最初は全然足が動かない、やっぱり練習は大切だね、本気でローラー購入を検討しないとな。掛川の道の駅周辺まで来てようやく調子も上がってきた。麓について、少し休憩してスタート、出発前にディレイラーの調整をしたもののやっぱりリア21周辺の調子が悪く、すぐに他のギアに飛んでしまう(再調整だな)。今日は最初から飛ばし気味で行ったので貯水コーナーで15秒貯金、森のヘアピンでも10秒貯金、山火事コーナーでついにお札タイムに追いつかれるが、最後の踏ん張りでなんとかなるかなと思ったけど、最後の坂で転倒の記憶がよみがえってあまり踏ん張れず(もう余力が残ってなかったともいう)、19分8秒 やっぱりリヤ27欲しいなぁ。

 下山して最近はいつもしばちゃんコースで練習。今日はいちごソフト。

 走行距離 70km
The Art of FLIGHT
 Red Bull(企画)、Quick silver(出演)、Brain Farm(撮影)。凄い映像作るなぁ。是非フルスクリーンで見てください。

HONDA MotoGP、新しいトランスミッションを 使用か
 セパンの合同テストでやたら調子の良かったホンダ勢、HRCの副社長が記者会見で「違反なことはしていないが、変速速度を上げるために新しい部品を試していることは事実です。でもDCT(デュアルクラッチトランスミッション)ではありません。」とコメントしています。

 どんな部品なのか気になりますね。


ジュネーブショーに出品されるMINIコンセプトモデル
 こんなコンセプトモデルは楽しそうだな。

mini-rocketman-7.jpg
カレンダーに映ってしまったいけないこと
 いつも更新を楽しみにしているブログの一つにAkiさんの「桃李不言下自成蹊」があります。勝手にリンクも貼らせてもらったりしてます。人様のブログネタをあからさまに引用することはできるだけ控えているのですが、今回Akiさんのブログで見つけた記事はあまりにも「そこに気づくかぁ」って感心してしまったのであえて引用させてもらいます。

 問題:下の写真での重大問題を指摘せよ。

 答えはAkiさんのブログを読んでください。こちら。

 最近、オートバイのスタイリングに関する長編記事を連載中で、どれも非常に興味深く面白いので是非他の記事も読んでください。(そうです、3MAの後方排気は問題が多く、たくさん、たくさん修理させていただきました。Byけびん)

MM_Calender_110222_01.jpg
DUCATI 848 EVO CM
 やっぱりCMもかっこいいなぁ。

ヤマハMotoGP、2011年カラーリングはコーポレートイメージ
 FIATに代わるメインスポンサーはどうやら見つからなかったようで、ヤマハの2011年カラーはコーポレートレーシングイメージのブルーになったようです。

粟ヶ岳 ヒルクライム 23回目
 曇り空だったけど気温も低くないし風もないし絶好の自転車日和。今日は月例の走行会だったのに朝から歯医者だったので参加できず、歯医者のあとに一人で出発。先週は天気や用事であまり自転車に乗れていないので足があんまり動かない。まぁ麓に到着するまでには少しはいい感じに。少し休んでアタック開始。麗水前で15秒ほど貯金できたが早くも口が締まりにくくなって、その後もなんとか順調に進む。所々杉の枯れ葉が道を覆っていてかなり走りにくかったが森のヘアピンでも10秒貯金、その後ペースが落ちて山火事コーナーでは貯金を使い果たしたけど、ラストスパートを掛ける。ずっと21で登ってきたけどここで25だ、と変速したものの踏み込むと21に落ちてしまう。走りにくいまま21でゴール。 19分15秒。いい感じだ。19分を楽に切るにはもう少し練習が必要な感じ。

 走行距離 70km
今朝の散歩 春の気配
 今朝自宅近くでキジを見かけた。ちょうど犬の散歩をしていた時だったのでこれで猿でも出てくれば危うく桃太郎になるところだった。。。あぶないあぶない。

DSCF5290.jpg
YAMAHA WSB R1とDMG R1
 今シーズンのワールドスーパバイクとアメリカのデイトナモータースポーツグループ(DMG)カテゴリーを走るヤマハのR1を重ねて見えるようにした写真です。

 完全に同縮尺ではないようなので細部は異なっていますが、リアアームは形状がかなり違い、その影響かホイールベースもWSBの方がちょっと長いようです。DMGはかなり短いサイレンサーを使っており、ちょっとうるさそうですね。

 元記事はこちら。Soup

2011-wsc-ama-yam.jpg
お手軽な一輪車 SoloWheel
 会社に車で通っているけど駐車場から遠かったり、自宅→バス→電車→徒歩→会社だったりする人って結構多いのでこんな一輪車はどうでしょう?車体重量も11kgと持ち運べなくもない重さですし、なによりシンプルなので手軽に使えそう。

 こういう乗り物がブレークするにはバッテリーの劇的な軽量化と、乗っているときの安心感をどうやって出すか、だろうなぁ。乗りこなすのを目的にするような人は姿勢制御のジャイロにすぐに慣れるのだろうけど、安心して乗り降りや走行ができないと普及までは難しそうだな。

ヤマハワールドスーパーバイク2011
 ヤマハのスーパーバイクマシンが公開されています。マルコメには是非がんばってほしい。あれ?スポンサーカラーになってないけど、まさかスーパーバイクもメインスポンサーが決まっていないのかなぁ?あ、サイレンサーはアクラボビッチなんですね、MotoGPもアクラポビッチになったからもうテルミは使わないんですね。

1wsb 2011 yamaha
3wsb 2011
ヤマハ、Moto3クラスマシンを開発中か
 2012年から現在の125ccに代わって導入される4ストローク250cc単気筒のMoto3クラスにホンダやKTMが参加の名乗りを上げていますが、ヤマハもどうやらマシンの開発を行っているようです。YZ250Fのエンジンをベースに車体開発も行ってるとか。古沢親分によるとサーキットでの実走テストはまだだがシュミレーションはやっているとのこと。これは楽しみですね。

 元記事はこちら。MCN
ヤマハMotoGP、古沢氏インタビュー
 クラッシュネットによるヤマハMotoGPの親分、古沢さんへのロングインタビューです。2003年にMotoGPの責任者に就任、バレンティーノの獲得とその後の活躍は今更言うまでもないですが、今回のインタビューは古沢さん本人についてのインタビューで、人となりが垣間見えて非常に興味深いインタビューになっています。

 古沢さんは今年現場を引退されること、引退しても車や(マツダのミアータを所有)絵画、彫刻などやることが多すぎるということ、ドカティへの移籍を誘われたこと、勝つための色々なアドバイスを送ったこと、ホンダは技術優先でライダーがホンダに乗りさえすれば勝てると思い込んでいるところ、(それがバレンティーノの移籍につながった)ご自身がいわゆるレースバカになりきれていないのでその面が良かったということ、などなど、古沢さんは英語に堪能なのでおそらく本人のコメントがそのまま掲載されており、非常にスマートなエンジニアな面がよく分かります。

 長い英語のインタビューですが、これは一読の価値ありです。

 クラッシュネットのインタビューはこちら。

AU710975.jpg
粟ヶ岳を休んで浜名湖周回
 天気予報は快晴を告げていたので、今日は長距離練習することにした。東へ行くか西に行くか迷ったけど、西風が強そうだったので、行きに向かい風の方が帰りにめげなくて済むだろうと西に行くことにした。これがかなり正解で、浜名湖までの道中はめちゃめちゃの向かい風強風。浜名湖周回始めても常に向かい風でなんか嫌がらせのような気がしてかなりつらい。道中、なかなか良いペースのLOOKさんがいたのでしばらくローテーションしてみる。まぁこっちはローテーションの素人なので、どうも先頭に出ると「がんばらなきゃ」モードで普段ペース以上に上げてしまい、こっちは息が上がるし、相手は離れてしまった、、、ちょっと申し訳ないことをしてしまったなぁ。

 後半は極端な向かい風にもならず、新居の関所跡くらいから完全に追い風方向になり、単独走でも100回転 35-40km/h出るので楽しい。

 走行距離 125.2km 平均速度 26.8km/h
粟ヶ岳 ヒルクライム 22回目
 天気予報ではあまり良くない予報でしたが、午後から天候回復。早速準備してスタート、最近途中でよく立ち寄るサークルKサンクスでつい甘いものを買ってしまう癖がついてしまった。。。まずいかなぁ。道路は日陰はまだ濡れている部分があるものの無事に麓まで到着。ちょっと休憩してスタート。地蔵コーナーでは10秒ほど貯金できたものの、麗水前でオンタイムで通過、その後もなんとかオンタイムペース。森のヘアピンでちょっと遅れだし、山火事コーナーでは20秒遅れ、コーナーの最内側をダンシングで通過しようとしたときに雨で路面が濡れていたのでちょっと後輪が滑った。最後の坂はダンシングで乗り切ろうとするも、やはり路面が濡れているので後輪が2、3回大きく滑る。仕方なく後輪荷重を掛けるために、座ってペダリングを試みる。が、こんな急坂座ったまま乗り切れるわけもなく(ノーマルクランクだし)気合い入れて踏み込んだとき、、、右ふくらはぎがおもいっきりつった。痛て!って叫びそうになるのをこらえて、なんとかゴール。

 19分35秒 3歩進んで2歩下がる、って感じ
 走行距離 70.6km
北海油田の燃え盛るプラットフォームのふちに立つノキア
 ノキアのCEOが社員向けに出したメッセージが話題になっています。自社の状況を北海油田の石油掘削リグの燃え盛るプラットフォームに立っていてじりじりと端に追いやられ、そのまま焼け死ぬか冷たい海に飛び込むか決断を迫られているというたとえで語られています。

 最近日本でも人気のスマートフォンではノキアがいち早く商品展開したものの、アップルのiPhone以降は苦戦続き、お得意の携帯電話も低価格開発競争が激しく、中国の開発スピードに着いて行けない状況のようです。

 We too, are standing on a “burning platform,” and we must decide how we are going to change our behaviour.
 「我々は燃えるプラットフォームの上に立っている。我々は自身の行動をどう変革させて行くか決めなければならない。」社員に向けたメッセージとしてはなかなか厳しい内容になっています。

 スマートフォン市場ではどのOSを搭載するかで勢力図が塗り変わるような状況で、iOS、アンドロイドなどを採用する他社に遅れをとり、低価格モデルではなかなかうまくコストが合わないのと、開発能力でなかなかうまく回転していないのかもしれません。

 なんだか最近のオートバイ市場にも通じる状況のようで、とても他人事とは思えないですね。

 CEOのメッセージはちょっと長いですが、それほど難しい表現を使っている訳ではないので、一読する価値十分ありです。

 メッセージ全文はこちら。

 ノキアはマイクロソフトのOSと組むことを正式に発表しています。
オートバイ用タクシーメーターinタイ
 多くの国で利用されているバイクタクシー、昨今の都市部の渋滞を考えると非常に便利な移動手段になっています。しかし問題点もいくつかあって、自動車タクシーに装備されているようなタクシーメーターがないので、利用するたびに価格交渉したり、固定制の料金体系だったりして必ずしもその利用料金は明朗なものではありませんでした。

 しかしタイのバイクタクシーは高機能のタクシーメーター(ここではMotoMeterと呼ばれているようです)が装備されているようです。このモトメーター、距離や時間経過での料金表示はもちろんのこと、防振、防水、防塵も考慮されていてしかもGPSを装備しているので、あらかじめ登録されたお店などに近づくとメーターにそのお店の広告テキストが表示される機能もついています。GPSで計測しているので取り付けも複雑な配線は不要のようです。しかもお値段約US$180とちょっとびっくり価格。

 バンコクではこんなバイクタクシーを良く見かけるのでしょうか?あ、ちなみに下の写真はヤマハのバイクにモトメーターが取付けられています。

 元記事はこちら。Bikes in the fast lane

Motorcycle-Taxi-Meter.jpg
東京マラソン専用バナナ
 エネルギー補給としてはバナナは最適ですよね。昔からどこのスーパーでも売ってるけど、今更それほどブレークする商材でもなさそうなのに、流行りの東京マラソンと合わせて売り込むなんて、こりゃ考えた人は相当頭がいいなぁ。みごとなマーケティングだ。

 東京マラソン専用バナナ公式サイトはこちら。

minkei-000-view.jpg
イタリア・ミラノ、市内中心部への車両乗り入れ一時禁止
 冬場はよく大気汚染でこんなニュースが流れますね。やっぱり電動バイクの出番かな。

 元記事はこちら。

ミラノで行われております、大気汚染の悪化に伴う市内中心部への車両乗り入れ規制は、現地時間昨日 2011年2月04日(金)時点の汚染濃度が基準値以上であったため、本日以降 2月07日(月)~2月12日(土)までの予定で継続される模様です。

 今後も汚染濃度が一定値以下に下がるまで、月~土曜の07:30~19:30の時間帯は、市内中心部への車両(一部ディーゼル車を除く)の乗り入れは、禁止される予定です。

明日はこんな車かも
ブラジルのバイクタクシー
 世界中の都市で自動車による渋滞が慢性化し、公共交通機関などが見直されていますが、自分で自由に移動するということでは、やはり二輪への重要性が増しています。バイクタクシーなどが広がりを見せているのも渋滞回避を狙ったものだと思われます。ですが二輪はどうしても安全性の面で問題が多く、ヘルメットだけでは足りなくなっているのかもしれません。

 さてブラジルのバイクタクシー。パッセンジャーはライダーの両脇に取付けられた取っ手を持つようになっています。これなら結構安定するので安心して乗れそうですね。


粟ヶ岳 ヒルクライム 21回目
 昨日の転倒の影響はクランクの他にも細かくあって、サイコン固定のタイラップ切れ、シーコンのサドルバック固定部分の爪が折れてサドルバックが取付けられなくなった。(サドル後部に密着して取り外しもひねるだけで見た目は良いんですが、走行中結構がたがた音がするのでイマイチでした)まぁ細かい部分を今朝修理して10時くらいに自宅を出発、今日は珍しく北よりの東風が吹いていて行きは向かい風状態。久しぶりのノーマルクランクなのでちょっと勝手が違ったけど、まぁなんとか麓に到着。リア21でスタート。昨日とほぼ同じペースで麗水前15秒貯金、貯水ヘアピンも約15秒貯金、その後も所々速度が落ちそうなところだけ23に落として(落としたつもりが25になってしまうんだけど)森のヘアピンで10秒貯金で通過。苦手な長い直線もできるだけ先を見ないように(見るとあまりの長さに心が折れる。。。)して山火事コーナーも10秒貯金のまま通過。このままの勢いをなんとか保っていけば、と最後の坂は25に落として、、、、あ、もう25だ、あとがない。。。やっとのことでゴール。

 18分53秒、やったね!19分切れたよ。


VWのCM スーパーボウル用
 スーパーボウル放映時に流すCMには数億円の費用が掛かるので各社気合いを入れてCM製作してきます。今年は自動車会社の景気が多少回復してきたので各社出そろっているようです。それにしてもYouTubeのカウンターが1000万回超っていうものすごい数字になってますね。

 で、これはVWのパサートのCM

ハーレーダービッドソンのCM、HDだけが自由
粟ヶ岳 ヒルクライム 20回目 DNF
 天気予報では気温が上がると言っていたのと風も穏やかだったので、絶好の自転車日和。11時くらいに自宅を出発。麓まで行く途中でもうウィンドブレーカーを脱ぐくらいの陽気で非常に気持ちが良い。(まぁこの後なあんな悲惨な出来事が起こるなんて思いもしていない訳ですが)

 今日はブラケットではなく最初からバー部分を握って少しでも呼吸が楽になるように登ってみることに。暖かくなったせいか割と身体が動いて、麗水前で約10秒速く、これはいけるかもとその後の貯水ヘアピンも10秒貯金。森のヘアピン前あたりでペダルと踏み込むとクランク周辺でなにならパキッと音がするようになった。ちょっと嫌な感じがしたけど、自己ベストペースだったので気にせずそのまま進む。山火事コーナーでも10秒貯金のまま通過。これは19分切れるかもと、リヤ21のままダンシングでがんばり、ついに最後の坂手前で25に落として、必死で登る、手元の時計は18分32秒、残り約10m、やった切れる、そう思った瞬間。。。。

 フロントでチェーンが落ちた。空を切るペダル、駆動を失った自転車、急坂、ペダル固定。。。。必然的に左に転倒。

 あああ、あと10mだったのに。。。幸いに後ろに自動車もいなかったので、自転車を起こして押してゴール。まぁDNFってやつですか。。。アンディシュレックの気持ちが分かるような次元が違いすぎるような。。。

 でも変速操作していないのになんでチェーンが落ちるんだ?とクランクを見てびっくり。。。割れてる。

 2枚のフロントギアを固定しているボルトが2本脱落してその影響でクランクのスパイダー部分(カーボン)が破損していました。おそらくアタック途中で固定ボルトが緩んだか脱落してそのまま走行を続けたため、クランクのスパイダー部分のバランスが崩れて踏み込んだ際に一気に破損したものと思われます。。。

 おいおい、定価約10万円のクランクだよ。(買ったのは3万円だけど)。ブログのネタにはなったけど、被害甚大すぎ。
DSCF5287.jpg

 家の自動車でサルベージしてもらい、早速修理に取りかかる。幸い元々取付けてあったデュラ7800のクランクがあるのでそれと交換する。でもなぁ52-39のノーマルクランクなんだよぁ。このギア比で登れるのかオレ?しかも4月には伊吹山にもエントリーしているのに。。。まずいなぁ。

 クランク交換の際に参考にした雑誌を見ると、フロントギアの固定ボルトは緩みやすいって書いてあった。なんだよ人災かよ。メカニック失格だな。ええっと良い子のみんな定期点検は大切だよ!
F1ルノーエンジンは前方排気
 ロータスルノーの新車発表で本来あるべき位置に排気管出口がないことで周囲を驚かせていましたが、どうやら排気管レイアウトを後ろではなく前に持ってきているようです。今のF1は走行風の量と流れを利用して車体を地面に押し付けているのですが(始まりはサイドスカートを利用したウィングカーあたりからでしょうか、ゴードンマレーの扇風機式もありましたね)ついに走行風だけでは足りずに、排気も利用してしまおうという大胆な発想のようです。エンジン屋さんにすれば排気管レイアウトってエンジン性能を左右する大切なものだと思うのですが、車体上面に持ち上げたり、前に持ってきたり、大変だなぁ。各気筒のエキパイが等長、等容量だったらいいんですかね?この辺はAkiさんに聞かないといけないかもしれない。

 車体屋さんだっていきなり高温の排気管を前にレイアウトされちゃったら、断熱だけで一苦労だろうに。車体トータルで考えたら空力向上が一番ラップタイム向上に寄与するからそのアイデアが採用されてしまうのでしょうね。

 写真はルノーのエンジン、エキパイはいったん上に向けられて集合し、そのあとUターンして下に向かい、そこから写真手前(車体前方)へレイアウトされます。エキパイ曲げたり溶接したりかなりたいへんな工作だろうな。

red-bull-2011-f1-rb7-17.jpg
red-bull-2011-f1-rb7-18.jpg
二輪でもエコタイヤ
 転がり抵抗を低減させて燃費を良くするエコタイヤって自動車だけかと思っていましたが、二輪でもあるんですね。耐久性を重視する人は多いですが、燃費向上を目指したタイヤってちょっといいかも。

  メーカーさんのサイトはこちら。DUNLOP

enasave.jpg
enasave2.jpg
enasave4.jpg
映画CARS2に日本人(車)キャラ
 2011年7月に公開予定のCARS2では世界中を旅する設定で、日本も登場します。そこでこんなキャラが設定されています。トドロキ、なかなかカッコいいじゃない。痛車な設定でなくてよかった。。。

 オフィシャルサイトはこちら。CARS2

todoroki_large.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。