世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産、タイヤ空気圧お知らせ機能
 最近の自動車はタイヤの空気圧をモニターして知らせてくれる機能がついていたりしますが、日産は空気圧低下をドライバーに知らせると共に、空気を入れている際にウィンカーランプとクラクションで状態を知らせてくれる機能を2013年モデルから全車に装備させるようです。

 自動車でもオートバイでも運転者に空気圧管理の意識を持ってもらうことは大きな課題になってますが、これはいいアイデアですね。

スポンサーサイト
テニスラケットにもセンサーを埋め込む
 最近は色々なスポーツにセンサーを使ったモニター装置が開発され、練習や試合の振り返りなんかに使われています。フランスのテニスラケットメーカーのBabolatがテニスラケットのグリップ部分にセンサーを取付け、フォアハンド、バックハンド、スピン、さらにラケットのどの部分でボールを捉えているか、サーブのスピードなどの計測をし、スマートフォンやタブレットに表示させることができるというものを開発し2013年から一般に販売する計画のようです。

 オートバイレースの世界ではセンサーによるモニタリングはほぼ常識になってきていますが、この技術は他にもどんどん広がって行きそうですね。

 Babolatの社長ってムッシュ バボラットだったんだ、知らなかった。

playconnect.jpg

バングラデシュの不思議な運転
 オートバイは堅苦しく考えないで自由に乗るものだと、バングラデシュの方が教えてくれています。その服装でオートバイ乗るのか、って感じのおじさんもなかなか自由人っぽいですが、撮影しているバイクにもノーヘルで3人しれっと乗ってたりして、バングラデシュの街の風景もよくわかる動画です。スピードブレーカーほとんど気にしてない感じで通過してるな。。。

AUDI R18、デジタルリアビューミラー採用
 市販の自動車には装備されていたりするカメラで後方を映して座席で確認できるモニター、AUDIはルマンで走らせるR18にこの装置を搭載しています。車体のルーフトップに取付けられたカメラ映像を運転席のスクリーンに高解像度で映し出しています。

 確かに最近のレーシングマシンはドライバーがどんどん寝そべるような体勢で座るので自ずと後方確認はやりにくいでしょうし、サイドミラーもついていますが300km/hとかいう速度で見たときにブレたりしないで見えるものか、さらに空気の流れを最も重視する傾向にあってサイドミラーの存在は空気の流れを乱すもので結構邪魔者扱いでしょうし、カメラ化の動きはいいですね。

audi-video-rear-view-8.jpg
audi-video-rear-view-11.jpg
ケチャップがくっつかない瓶
 瓶詰めのケチャップなどは内側についたケチャップを取り出すことが出来ずイラッとすることがありますが、特殊なコーティングを施した瓶を使うとこの通り、するっと全部取り出せます。マヨネーズも可。

 元サイトはこちら。liqui-glide

KAWASAKI KX450Fはフロントにエアサス装備
 2013年モデルのKAWSAKI KX450Fはフロントフォークに金属バネスプリングの代わりに空気のみのエアサスを採用しているようです。軽量化が採用の大きな理由だと思いますが、付属のポンプでフロントフォーク内に加圧するようです。モトクロスはフォークの作動が激しいから空気が漏れなきゃいいけどね。いっそのことフォークの上下動で自動的に加圧できればいいのに。

 Thanks Kent!


1_C_forks.jpg
スマートフォンみたいなバックミラー
 そういえばバックミラーの形状や厚みはスマートフォンに似ていますね。イタリアのアクセサリーメーカーRIZOMAから販売されているバックミラーはシンプルでカッコいいです。元にした記事では、そういえばスマートフォンそのものをバックミラーに取付ければ後方確認しながらGPS見れたりして便利で楽しいのに、と書いてました。おおいいアイデアだ。

 RIZOMAのサイトはこちら。

Rizoma-Code-Mirror-1.jpg
シューマッハがR1でバーンアウト
 先日のMotoGPフランスGPはホルヘ・ロレンソの危なげない走りで見事優勝を決めたヤマハ、フランスGPでは毎回色々なイベントを行っていますが、うーん、ゲストのシューマッハ(表彰式のプレゼンターも務めてました)がモンスターカラーリングのR1でバーンアウトしてます。オートバイ壊さないでね。

Schumacher_LeMans_02.jpg
3次元ポインティングデバイス
 空間で手を動かすだけで画面が3次元で操作できてしまうデバイス、LEAP。これはかなりすごい。しかも本体価格たったの70ドルでPCにもMACにも接続可能のようです。すごいなぁこれは欲しい。

KTM Duke200は水の中も平気
 オーストリアのメーカーながら最近はアジア市場にも勢力を伸ばしているKTM。インド市場でもKTM Duke200をリリースしています。インド市場では道路の排水インフラが整っていない地域も多く雨の季節では冠水する道路を走らざるを得ない状況も多いようです。そんな環境を見越してKTMでは40cm以上の深さの水路でいろんなテストをしていますよという紹介ビデオです。マフラーの排気出口よりも深い水深でエンジンも止めても問題ないってほんとかな?


ヤマハの免許取得マンガが楽しい
 ヤマハ発動機が小型二輪免許の取得までの道のりを描いた漫画が楽しくてためになります。小型二輪は扱いやすいわりに速度も出るし普通免許があれば取得しやすいので通勤などにはもってこいです。

 教習所に通うのがちょっとハードル高そうですが、この漫画を読むとちょっと小型二輪免許が欲しくなります。

 サイトはこちら、ヤマハ発動機

road to 125cc
F1シュミレーターが日本で体験できる
 F1におけるドライブシュミレーターはすでに一般的になっておりシュミレーターで練習してからサーキット入りするのが普通になっているようです。最近のシュミレーターはリアルすぎて車酔いに似たような症状になるドライバーもいるとか。

 そんなF1シュミレーターを日本でも体験できる施設があります。体験って言うより本物のドライバーが練習に使ってシュミレーション結果をあとからロガーで確認するくらいのものらしいです。

 体験なら30分で5000円となかなかのお値段ですが、サンプル動画見るとちょっとやってみたくなりますよ。

 元サイトはこちら。Tokyo Virtual Circuit

7674411large.jpg
AUDIの電動アシスト自転車コンセプト
 どうしてどこの自動車会社も自転車のコンセプトを発表したりコンセプトに留まらず販売までするのでしょうか?エコブームだから?自分たちが化石燃料を使いすぎていることへの免罪符?(言い過ぎか)

 AUDIの電動アシスト自転車はかなりかっこいいです。フレーム骨格はほとんどオートバイですね。

 元記事はこちら。

432833.jpg
OVER RACINGからも電動バイクを販売
 オーバーレーシングというとレースのイメージが強いのですが、電動バイクも販売しているのですね。車体の形を見ると、まぁもともとガソリンエンジンスクーターで存在していたモデルのコピーデザインなのでちょっと見ただけでは電動かガソリンエンジンか見分けがつきにくいですね。スペックは鉛バッテリーX4個で48V仕様ですから最初は快適に走れそう。128,000円は安いなぁ、これで「バッテリーだめになったら入れ替えます」補償でもついていればいいかも。

 OVERのサイトはこちら。


これぞトランスフォーマー
 サーボモーター22個で動いてるんだって。

DUCATI GP12のメータパネル
 今年のドカティはメーターパネルにカラー液晶のパネルを使用しています。なかなか見やすそうですね、これは市販モデルにも近い将来採用されていくのでしょうね。


AUDI、ファンからのメッセージをレース中に表示
 AUDIがSNSを使ってファンからのメッセージを24時間レース中に表示させるマーケティングを展開しています。Facebookを通じてファンからメッセージを募集し、それをニュルブルクリンク24時間レースに出場したAUDIにLEDを使って表示、肉眼で見えるとは思いにくいですが、写真に撮るとしっかりメッセージが現れる仕掛けです。その写真もSNSで紹介され共有できるようになっています。

 レースでもSNSマーケティングができる良い例ですね。

MotoGP、ヤマハのブレーキレバーガード
 今年からMotoGPに採用されているフロントブレーキレバーカバー、接近戦で同走者の車体などがフロントブレーキレバーに接触してバランスを崩すことを防止する目的です。ヤマハのM1ではグリップエンドからカーボン製だと思われるレバーカバーが装着されています。

 ちなみにクラッチレバー側には何もついていません。

 ロレンソのマシン。

m1 lever

 こっちはベン・スピースのマシン、同じようなレバーカバーがついています。

ben lever
段ボールで作ったYZF-R1
 オーストラリアのJack Chenさんが段ボールで製作したヤマハYZF-R1。実物の約60%の大きさだそうです。大きくなるほど細部を作り込むのが難しそうですが、いい感じに作ってあります。

 製作者のサイトはこちら。

5dd31b44d.jpg
d62e35ef6641.jpg
転がり抵抗の違いを自転車でテストする
 最近燃費性能向上や運転快適性をうたったタイヤが各社から発売されていますが、ブリヂストンでは転がり抵抗を少なくした新タイヤの性能を体感してもらうために、軽自動車のタイヤを3輪車に取付けて自分でこいでみることで性能差を実感してもらう試みを行っています。

 元記事の動画などを見ると、漕ぎ出しに随分差があるようでさすが自転車も作ってるブリヂストン、PRがうまいですね。

 元記事はこちら。

01L ecopia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。