世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニに電気自動車用急速充電器設備を設置

  三菱自動車工業、三菱商事、GSユアサ、リチウムエナジー ジャパンの4社は、電気自動車(EV)「i-MiEV」搭載のリチウムイオン電池を使用し、リチウムイオン電池2次利用事業開発の実証試験を1月26日より開始する。

 この実証実験では、GSユアサが開発した「PV-EVシステム」を活用。PV-EVシステムは、太陽電池、i-MiEV搭載のリチウムエナジー ジャパン製リチウムイオン電池「LEV50」、GSユアサ製EV用急速充電器「EVC-20KD」で構成されており、太陽電池で得られた電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、その電力を用いてEVに急速充電するというもの。

 受配電設備の追加投資や電力契約を変更することなく急速充電器を設置できるほか、自然エネルギーで発電した電力をEVに充電し、走行することで、発電からEV走行に至るまでのCO2排出量ゼロを実現できる。

 実証実験は、三菱商事の関連会社であるローソンの吉祥院里南店に、i-MiEVで使用したリユース品のLEV50を用いたPV-EVシステムを設置することで行い、1年をめどに実証実験の結果を精査する。



 コンビニの駐車場を利用したビジネスモデルは様々な会社が検討していますし、数年前にとあるコンサルタントの方がアイデアを熱く語っていたのをお聞きしたこともあります。上の記事のようにそれを実現させるというのは(今は実験段階だとしても)すごいことですね。

 キーワードは急速充電器用の電源は太陽電池を利用するので外部から引く必要がなく機器の設置が簡単。交換用電池を準備しバッテリーを共有するので、充電を待つ必要がない。シンプルで明確な目的なので結構実現可能性が高いと思います。

 京都出身者としては、設置されるコンビの住所が京都の吉祥院だったのと、参加企業にGSユアサがあった(本社は京都)ので、なんか関連性がありそうだなぁと思っていたら、GSユアサ本社の向いにこの実験用コンビニがありました。なるほどね。今度実家に帰ったら見に行ってみよう。


PV-EV.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。