世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマハMotoGP、古沢氏インタビュー
 クラッシュネットによるヤマハMotoGPの親分、古沢さんへのロングインタビューです。2003年にMotoGPの責任者に就任、バレンティーノの獲得とその後の活躍は今更言うまでもないですが、今回のインタビューは古沢さん本人についてのインタビューで、人となりが垣間見えて非常に興味深いインタビューになっています。

 古沢さんは今年現場を引退されること、引退しても車や(マツダのミアータを所有)絵画、彫刻などやることが多すぎるということ、ドカティへの移籍を誘われたこと、勝つための色々なアドバイスを送ったこと、ホンダは技術優先でライダーがホンダに乗りさえすれば勝てると思い込んでいるところ、(それがバレンティーノの移籍につながった)ご自身がいわゆるレースバカになりきれていないのでその面が良かったということ、などなど、古沢さんは英語に堪能なのでおそらく本人のコメントがそのまま掲載されており、非常にスマートなエンジニアな面がよく分かります。

 長い英語のインタビューですが、これは一読の価値ありです。

 クラッシュネットのインタビューはこちら。

AU710975.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。