世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mt.富士ヒルクライムはエントリーするだけでたいへん
mt huji2

 今年はちょっとレースに出場してみるかと思って4月の伊吹山にエントリーしてます。さらに富士山にもチャレンジしてみるかと、人気のMt.富士ヒルクライムにエントリーを試みました。
事前に調べるとエントリーする競争率も激しいみたいなので前日にエントリー方法の予習もして、3月3日の正午を待ちました。(それにしても平日のお昼に受付開始っていうのもすごいな)たまたま別の用事で会社を休んでいたので(決してこれが目的で休んだのでは、、、ありません)、自宅で正午を待ってサイトにアクセスしました。

 すると、エントリー画面にたどり着く前に、順番待ち画面になって、そこに掲示されていたのは、

まち2

 おいおい、12時5分時点だよ。順番待ち画面では予測待ち時間も表示されているのですが、画面の情報では待っている間リロードなどよけいなことをすると順番が最後になるよ、と軽く脅されたので30分ほどおとなしく待っていました。待ち時間がゼロになっても画面に変化はなく、文末に唯一ゼロになっても画面が切り替わらない時にここをクリックしろ(押しても順番は最後にならないから)というメッセージがあったので、信じてクリックすると。。。

 「URLが間違っている可能性があるので、トップ画面からやり直せ」のメッセージ。。。

 orz....

 まぁ落ち込んでも仕方がないので、最初からやり直すと、今度出てきた画面は、

mati2.jpg

 確か総エントリー数は5000人位が上限じゃなかったかなぁ、、、だめじゃん。
 それに3000秒っていったい何分よ?

 かなり昔にアカウントを作ったもののほとんど使ったことのないツイッターなんていう今時のサイトを覗いてみると、さっさとエントリーできた人、同じように何千秒も待っている人、くっきり二分されてました。中にはエントリーをあきらめるようなコメントもあり、ほぼあきらめていました。。。。

 しかし、今度は待ち時間がゼロになったらちゃんとエントリー画面に行けて、問題なくエントリーできました。おおよかった。が、サイトを良く読むと最終的なエントリーはお金が振り込まれてから確定するとかなんとか、まぁ強気な主催者さんですなぁ。はたしてけびんはMt.富士ヒルクライムに出場できるのか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。