世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の雨製造ロケットはピックアップトラックから発射
 北京オリンピック前後から有名になった中国でのお天気操作。雲の元になる粒を空に打ち上げて雲を人工的に発生させその地域に雨を降らせる、それ以外の地域は雨を降らせないというお天気操作方法ですが、どうやって粒を打ち上げているのかというと写真のようにピックアップトラックの荷台に簡単な発射台が備え付けてあり、そこからロケットを発射させています。

 国家イベント時に晴天を作り出すのは対外的なイメージ作戦の意味合いも強いですが、本当は農業の生産性を上げるためにお天気操作を行うのが主目的だと思われます。今年の中国内陸部では雨が少なく農作物の生育に影響を与えているようで、5800発ものロケットが打ち上げれて雨や雪を降らせたそうです。

 元記事はこちら。Jalopnik

cloud-seeding-truck.jpg
china weather
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。