世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製品の値下げに踏み切った任天堂
 ニンテンドー3DSの売れ行きが芳しくないため任天堂は25,000円で販売していた3DSを10,000円値下げしての販売に踏み切りました。製造会社はどこも自社製品の価値をどうにかして高く評価してもらい、それ相応の価格で買ってもらおうとするものですが、半額近くまで製品の値引きを公表するというのはなかなかないケースです。

 任天堂はハードを売って利益を出す会社というよりはソフト販売で利益を稼いでいるという証拠なのでしょう。年末に予定されているという大型ソフトもそれを使うハードの普及が今ひとつではソフトの販売数も今から読めてしまいますものね。

 値引きで喜ぶのは今から買う人ですが、逆に不満に思うのはそれまでに買ったお客様であることは明白で、任天堂では最初に購入したお客様を「アンバサダー(大使)」として登録してもらい、これまで出したゲームソフトの無料供給などのプロモーションを展開しています。

 10,000円値引きされて損した感のあるお客様にどの程度のギフトを提供すれば満足してもらえるか、これの想定はかなり難しかったと思います。万が一「しょぼい」とか「満足できない」なんていう意見が大半を占めると、とんでもない逆効果になりますもんね。一方クリスマス商戦を考えるとこれ以上ジリ貧のハード販売を見過ごす訳にはいかなかったのでしょうね。リスクを負ってハード機器の普及作戦に出た任天堂、どうなるか結末を見守りたいですが、何もしないより行動に出たことにすごいと思うのでうまく行ってほしいなぁ。

 任天堂のサイトはこちら。

ninten 2011 8 10
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。