世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウディサービス技能コンテスト世界大会で日本が優勝

アウディジャパンは、2011年10月4日から7日までスペインで開催されたサービス技能コンテスト「第7回アウディ・ツインカップ・ワールドチャンピオンシップ」で、日本代表チームであるAudi高松が初優勝を飾ったと発表した。

「アウディ ツインカップ」は、サービスクオリティの向上を目的としたサービス技能コンテストで、全世界で毎年開催。各国の優勝チームは、その国の代表としてワールド チャンピオンシップに出場し、アウディ世界一の座を競う。今年は35か国から66チームが参加した。

昨年開催された日本大会には、テクノロジー部門80 チーム、サービス部門106 チームが参加。テクノロジー部門ではAudi高松が、サービス部門ではAudi月寒が優勝し、今回のワールドチャンピオンシップに挑戦した。

「アウディ ツインカップ」には、メカニックによる整備技術を競う「テクノロジー」と、点検や整備で車両を預かる際、オーナーとのコミュニケーションスキルを見る「サービス」の2部門があり、 ツインカップという名称もこの2部門に由来する。競技は学科だけでなく、実車を使用した実技もともない、あらかじめ車両に設定された不具合の故障診断や、不具合原因を見つけ出すことなどの課題を制限時間内にこなすことが求められる。評価ポイントは、「態度」「プロセス」「品質」「時間」。テクニックだけでなく作業の確実性と迅速さも重要となる。



 こういったサービスコンテストは各メーカーで行われていますが、さすがアウディの世界大会ともなるとサーキットを借り切ってコンテストを行うようですね、修理や受付だけでなくサーキットの体験走行もあってかなり豪華ですね。いいなぁ。あ、下の映像は去年の2010年大会のものです。ヘレス

サーキットだよ、すげ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。