世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CASATIのギア比を変更してみた
 先週の200kmブルベでギア比変更を心に誓ったのでさっそくオークションで入手。オリジナルはフロント52・42というなかなか平地番長的男気溢れるギアながらもリアは坂道にびびって12-28という前後合わせるとなんとも中途半端な状態だったので見栄に走らずブルベ完走目的でフロントインナーを39Tにすることに。

 Cレコードの交換用ギアは53,52,42あたりはよく見かけるものの39はなかなかなく、ようやく見つけて入手したその品物が手元に届いてよく見てみると、まぁカンパのロゴは書いてあるものの、、なんというかあんまり出来の良くない復刻版って感じ(安いから仕方ないか)ちょっと迷ったけど、交換しないことには坂道の続くブルベで困るなぁとやっぱり交換。クランクを分解してみてギアを比べてみたけどやっぱりオリジナルのギアは磨きが半端なく丁寧で良い仕事してます。さすがオールドカンパ。

 ちなみに写真奥がオリジナルで手前が2800円で買ったもの。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オリジナルの方は刻印も綺麗なRしてますね。
ウチにあるAthenaなんかは刻印でなくプリントなのでもっと寂しいです。

個人的には漢ギヤ(漢と書いてオトコと読むw)で600kmイってほしかったっす★
2012/01/17(火) 20:54:59 | URL | 乙 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ほんと、Cレコの仕上げ品質はきれいです。20年以上の部品とは思えないです。ギアは漢仕様で挑もうかとも思っていたのですが、先日の日本平で終盤女性のサイクリストに軽くちぎられたので、もうあきらめました。。。
2012/01/18(水) 07:08:06 | URL | けびん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。