世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマハ発動機がクラウド名刺管理・営業支援サービス「リンクナレッジ」を導入
 へぇー、いろんなことをやってるんですね。

ヤマハ発動機がリンクナレッジを導入した目的は、主に2つありました。

1. 展示会で交換した名刺の資産化

マウンター営業部では、展示会で交換した名刺をデータ化した後、有効に活用できていないという課題を抱えていました。リンクナレッジ導入前は名刺のデータ化を外部の業者に委託しており、名刺情報を自社のデータベースとして直接は管理しない状態であったため、その後の顧客フォローなどに名刺情報を活用しきれていませんでした。
この課題の解決策として、リンクナレッジが導入されました。

リンクナレッジは名刺をスキャンするだけでデータ化し、組織内で共有・活用するサービスです。
マウンター営業部ではリンクナレッジ導入によって、展示会で交換した名刺データを自社の資産として蓄積していくことが可能になりました。これらの名刺データベースに対しリンクナレッジのメール一括配信機能などを用いてアプローチすることで、顧客のフォロー業務を効率化していきます。

2. クラウド上で名刺情報を一元管理

マウンター営業部では各営業担当者が個別に顧客の名刺を管理していましたが、一人あたりの担当顧客数が多いため管理に手間がかかっていました。外出先で連絡を取るために多くの名刺を持ち歩くこともあり、顧客情報の管理方法に課題を感じていました。
その上、データベース化された名刺はクラウド上で一元管理されるため、社内の人脈情報を共有することが可能です。人脈を共有し、顧客と自分との関係だけでなく同僚や上司などとの関係も可視化することにより営業力の向上が期待できるため、マウンター営業部は名刺情報の一元管理も目的の一つとしてリンクナレッジを導入しました。



 元記事はこちら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。