世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンデム用後付けグリップ
 オートバイでタンデムする時に後ろの人がどこに掴まるかは結構重要な問題で、シートのグラブバーだとちょっと不安定だし、ライダーにつかまるのも結構疲れます。で、タンクキャップと共締めで装着するグリップです。これなら安定感もよくて怖くなさそうです。

 このアイデアってMotoGPのイベントがヒントになっているって思ったりするのですが、、、マルボロがまだヤマハをスポンサードしていた頃に二人乗りに改造したYZR500のライダーをランディマモラが乗り、後ろにゲストを乗せてサーキット走行するイベントが行われていました。初期の頃はたしかランディに掴まっていたと思ったのですが、安全性の問題か、いつも直線路の最後でランディが人を乗せたままジャックナイフを披露するからかタンクの上にグリップが取付けられるようになりました。

Picture2b.jpg
yzr500 grip

 このイベントはマルボロがヤマハからドカティスポンサーになってからも続けられ、タンク上のグリップもしっかり残っています。
motox2.jpg

 MotoGPのものはカーボン製でかなり頑丈そうですが、タンクキャップに共締めだと、取れちゃったりしないよなぁ。。

 お買い求めはこちら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。