世界の気になるニュースは、あなたにも届けたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
段ボールで作ったYZF-R1
 オーストラリアのJack Chenさんが段ボールで製作したヤマハYZF-R1。実物の約60%の大きさだそうです。大きくなるほど細部を作り込むのが難しそうですが、いい感じに作ってあります。

 製作者のサイトはこちら。

5dd31b44d.jpg
d62e35ef6641.jpg
どっちもハブ
 USBコネクターを差し込む方向がいつも逆になってしまい、いらいらしたり、「どうせいつも逆張りな人生だよ」と些細なことからでも暗くなってしまう経験のある人は多いはず(たぶん)。そこで「どっちもハブ」です。これはUSBを裏表どちらの方向からも差し込めます。ああこれでストレスのない人生が送れる。。。おおげさか。

 お買い求めはこちら。

414ZymMYa7L.jpg
オートバイ用加速度計と角度計
 最近のセンサー類の普及はすごくて昔ならとても買えなかった計測器が割と簡単に入手できるようになっています。今回はオートバイに搭載するほどコンパクトな加速度計と角度計です。ハンドル付近に装着してオートバイの傾き具合を計る角度計と加速減速時の加速が計測できます。モードは2つあって最大値を記憶するモードとリアルタイムに表示するモードです。さらに走行時のロギングも5時間ほどできるので後から走行データが分析できます。これだけ小型で見やすいディスプレイが約100ユーロで買えてしまいます。F1やMotoGPの走行風景時によく映し出される加減速Gメーターみたいでカッコいいぁ。

 メーカーさんのサイトはこちら。Leanometer


display_diag.jpg
Doha_1.jpg
おなべを少し開けるための道具
Marshallのアンプと思ったら
 ロックなギター小僧なら一度は憧れるMarshallのアンプ。友人のケン坊は自宅の部屋に真っ白なマーシャルを2段積みしていました。あれはさすがにうるさくて音を出せないだろうなぁ。

 ということで、マーシャルのスピーカーアンプではなく冷蔵庫。これなら自宅に置けるね。

 お買い求めはこちら。

タンデム用後付けグリップ
 オートバイでタンデムする時に後ろの人がどこに掴まるかは結構重要な問題で、シートのグラブバーだとちょっと不安定だし、ライダーにつかまるのも結構疲れます。で、タンクキャップと共締めで装着するグリップです。これなら安定感もよくて怖くなさそうです。

 このアイデアってMotoGPのイベントがヒントになっているって思ったりするのですが、、、マルボロがまだヤマハをスポンサードしていた頃に二人乗りに改造したYZR500のライダーをランディマモラが乗り、後ろにゲストを乗せてサーキット走行するイベントが行われていました。初期の頃はたしかランディに掴まっていたと思ったのですが、安全性の問題か、いつも直線路の最後でランディが人を乗せたままジャックナイフを披露するからかタンクの上にグリップが取付けられるようになりました。

Picture2b.jpg
yzr500 grip

 このイベントはマルボロがヤマハからドカティスポンサーになってからも続けられ、タンク上のグリップもしっかり残っています。
motox2.jpg

 MotoGPのものはカーボン製でかなり頑丈そうですが、タンクキャップに共締めだと、取れちゃったりしないよなぁ。。

 お買い求めはこちら。
モデルカーのほこりをきれいにします
 スキャン技術が進歩したからなのか精密なモデルカーが結構お手軽な価格で入手できたりしますよね。種類が非常に豊富なのでコレクションしている人もいるのではないでしょうか?そこでモデルカーの埃をきれいにするマイクロファイバーです。動画を見ると分かりますが使い方が面白いです。

レッドブルのF1ゲームマシン
 F1のコックピットを模したようなゲーム機はこれまでもいくつもありましたが、今回のはかなり凝っていて最近のF1のようなシートポジション(ほとんど寝そべった格好)で操縦するゲーム機です。ベッテルが結構真剣にゲームしてるのがいい感じ。

 お買い求めはこちら。

フラットになる泡立て器
 泡立て器ってメレンゲを作る時なんかに活躍する器具ですが、収納する際に結構かさばるのが難点です。それが取っ手部分をひねるだけでかさばる泡立て器が平らなフライ返しになるようなアイデアです。これはいい。

 お買い求めはこちら。

 ちなみに泡立て器は英語で Egg Beaterです。

1cf376fb.jpg
Tacx LUMOS
 最近は自転車の安全性が問われる場面が多いですからね。これはいいなぁ。ブルベに良さそう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。